投稿の詳細: 性善説と性悪説。

2007/09/16

Permalink 09:05:37, カテゴリ: 雑談(Hard)  

性善説と性悪説。

小生はここに書いている通り、経済論理については人間は性善説に立たない、という考え方。でも人間自身がそんなに性悪なのかと言えばそれは違うと思う。

そらぁ、水源に毒を放り込む奴はそんなにいないし、外食産業に紛れ込んで、毒キノコを横ちょから放り込んだりというのもお目にかからないし、プラットフォームの線路際を歩いていても、突き飛ばされる可能性は多分100万分の1以下だろう。

そういう意味では全く人間は性善説的に行動しているし、多くの場合はそうなんだろう。

ただ、性悪説に基づく場合は、単純なケースが多い。それは自らの利益に単純に直結するかどうか。その1点のみのような気がする。その結果行動が複雑になる場合があるけど、実際にもつれた糸であれ1本に通じるし、そうでないケースをお目にかかることはそうないと思う。

どこでボタンを掛け違い、それを直せば済むのか、そうでないのかを冷静に考えて、対策を考えるのが適切なんじゃないかなと思う。

そうでなければ毎日生活を送ることができるのは、ラッキーの数々に恵まれたからとしか言えないし、実際にはそれがラッキーでなかったとしても、種々の恵みのおかげで生活を送ることができているのは事実だろう。

だからこそ多くの宗教で、食事の前に祈りを捧げるのは、人間としての本質が何かということを示しているような気がする。

ただ、日本では多くの人がそれを当たり前と感じているから、しない人が多いだけなのかも知れないけれど。

この記事へのトラックバック アドレス

http://wolfys.net/htsrv/Illpay$50forad.php?tb_id=868

コメント, トラックバック:

コメント: Teru [訪問者] メール
生計を立てる事を「食っていく」と表現する事に一定の普遍性がある事が示すように、世界恐慌から第二次大戦敗北までの絶対的貧困という飢え(共通の、原始的欲求)脱却への全力闘争が、日本国内における行動動機に、今でも、あり続けているように思います。

「飢えているのが当たり前」故、感じる・考えるより体を動かせ、汗を流せという事になるわけですが・・・

かつては絶対的貧困ゆえ選択の余地が無かった「競争結果敗者からの徹底収奪」を、高度経済成長で脱したからこそ、富める者も含め、治安を金で買わなくても済むようになったにもかかわらず、内心風景を政治・学問が率先して変えるコストをも省いてしまった。

これら権力欲の誘惑下に直接曝されている者にとって、内心の飢えに終わりはありませんから。一番ずるいのは、言うまでも無く、競争結果至上主義という、原始的欲求へと敗者を突き落としていくシステムを、自覚的に、自らの権力欲のために用いてきた者達でしょう。

問題は、有権者側から、歪んだ選挙制度で反映される程度に自覚的に、欲のリフォーム詐欺(権力欲という、己が精神的欲求のために、競争敗者から身包み剥いで食欲の次元に貶めようとする)を脱する事が出来るかだと思っています。
永続的リンク 2007/09/16 @ 13:17
コメント: wolfy [メンバー] メール
>Teruさん

競争はあらゆるところであるもので、それぞれに勝者と敗者はあるものです。ただ、それは途中結果の勝敗であるに過ぎないながら、その後の競争を阻害するようなことがあってはならない。

にも関わらず、公教育ですら高価にし、システムを保とうとする。受益者負担と言い、実際の受益者が負担をしない。

短絡的なネット右翼さんにはわからないんでしょうな、一生。
永続的リンク 2007/09/18 @ 21:54

この投稿へのコメントは締め切られています。

12月 2017
<< <     
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Blog @ Wolfy -Side B-

2008/7/15を以て、wolfy.us -重い話-に移転しました

ここでは2006/5 -2008/7/15のエントリーがご覧いただけます。

携帯からご覧になる方は>こちら<(Side B 用URL - 画像なし)

メールでのお問い合わせ、ご連絡は>ここ<に掲載しております。トラックバック希望、コメント不受理で掲載希望の場合も内容を上記アドレスまでお送りください。このメールアドレスへのメールについては個人情報の保護を行いますが、「非公開」と明示されない限り、当方にハンドル名およびメール内容の取扱等権利を全て委託したものとします。>取扱規程

本BlogではTB・コメントは契約です。著作権の2次利用を除く使用権・編集権の一切をご提供いただき、代償として個人情報の保護を行います。但し広告に類する行為(1/3以上が広告・誘引である)と当方が判断した場合は、広告費用に対する債務、調査権の行使に同意したものと見なします。

サイドバーの月別の過去ログ件数表示に誤りがあります。「続き」をクリックしてください。正しいものが表示されます。

推奨フォントは「メイリオKE Pゴシック」ないし「UIゴシック」です。Googleで探してみてください…

検索

カテゴリ

いろいろ

このブログの配信

XML What is this?

powered by
b2evolution