投稿の詳細: 植木等逝く:「無責任」の意味。

2007/03/30

Permalink 10:00:29, カテゴリ: 雑談(Hard)  

植木等逝く:「無責任」の意味。

時代の変わり目を感じさせた、植木等さん逝くの報。

「無責任シリーズ」については、作者が(文面ままでないので、少々意味が変わっているかも知れないけれど)「為政者が責任をとらない姿勢でいるのであれば、庶民は無責任でいる他ない」という制作側の意図があって作成されたシリーズ、というのはあまりにも知られていません。ユーモアというよりウィットに満ちた作品で、小生もそれを理解していました。

そんなことが無ければ、1989年1月7日朝10時に「日本一のホラ吹き男」をビデオ屋で借りて見たりはしませんよね。昨日たまたまテレビ愛知でやっていましたので、ずっと見ておりました。これも実際には彼が単なる「ホラ吹き」を演じていないことは、しっかり見ていれば判ること。機を見るに敏、は普通の人間には無い能力ですから。実際に考えずホラを人は吹く訳ではないですしね。

植木さんは「無責任シリーズ」で知られていますし、そのシリーズが1990年頃リバイバルしたというのが極めて興味深い点でもあります。そのときのリバイバルは、この意図を無視したところで、実際に社会に対する無責任という単にシチュエーションコメディ(sit-com)として、若い層に捉えられたように感じていました。

ある意味、その時代の転機が、今のこの国の問題に直結したんだろうな、と今にして思います。文面のトリッキーさにしか反応できず、流れや背後の意図など、行間を読むことができなくなった、直感的な社会。お笑い自体も、ウィットというよりは直感的なsit-comが多くなって、タッチで笑うことはあっても深さがない。ある意味それをセーフティネットと考えると、時代とも一致する、ある意味より刹那的になった時代。

それが決定的になったときに、逝かれたということ、とても感慨深くあります。
彼の元来の真面目な性格と、彼が演じた背景を今一度考えることが、植木さんのご供養には一番ではないかと思います。

敬礼。

関連 極楽三十路生活賛歌 >3/28 植木さんの思い出

この記事へのトラックバック アドレス

http://wolfys.net/htsrv/Illpay$50forad.php?tb_id=547

コメント, トラックバック:

この投稿への コメント/トラックバック はまだありません...

この投稿へのコメントは締め切られています。

12月 2018
<< <     
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Blog @ Wolfy -Side B-

2008/7/15を以て、wolfy.us -重い話-に移転しました

ここでは2006/5 -2008/7/15のエントリーがご覧いただけます。

携帯からご覧になる方は>こちら<(Side B 用URL - 画像なし)

メールでのお問い合わせ、ご連絡は>ここ<に掲載しております。トラックバック希望、コメント不受理で掲載希望の場合も内容を上記アドレスまでお送りください。このメールアドレスへのメールについては個人情報の保護を行いますが、「非公開」と明示されない限り、当方にハンドル名およびメール内容の取扱等権利を全て委託したものとします。>取扱規程

本BlogではTB・コメントは契約です。著作権の2次利用を除く使用権・編集権の一切をご提供いただき、代償として個人情報の保護を行います。但し広告に類する行為(1/3以上が広告・誘引である)と当方が判断した場合は、広告費用に対する債務、調査権の行使に同意したものと見なします。

サイドバーの月別の過去ログ件数表示に誤りがあります。「続き」をクリックしてください。正しいものが表示されます。

推奨フォントは「メイリオKE Pゴシック」ないし「UIゴシック」です。Googleで探してみてください…

検索

カテゴリ

いろいろ

このブログの配信

XML What is this?

powered by
b2evolution