アーカイブ: 7月 2007

2007/07/30

Permalink 01:46:35, カテゴリ: 政治・経済  

参院選:民・国・野党共闘系で過半数確保。

最終的な投票率が59%と伸び悩みそうな状況で、まさか公明がここまで取り崩すとは思わず驚いたというのが正直な印象。自民の負け具合は「現実になってとまどう」程度のものだけど、合わせて45前後というのは驚きました。

一部メディアが年金問題と端的に言うけれど、現実には、民主党が訴えた「国民の生活」…つまり家計における景気の影響がなく、むしろこのところの現実的な増税だけが重なり、その実感どころか、後退感すら感じている現状というものが、年金までそうか、ということで明らかになったに過ぎないと思います。実際、世耕(自民)氏も述べていたということから、あまりにも生活の負担を急激に増やし、そのことに対する説明も、終盤の国会運営で失い、実際には「最低賃金法」だけでも強行に通しておけば申し訳が立ったのかもしれないけれど、それを放棄したことで、与党全体総スカンを食らわされたということなのだろうと感じます。

それに合わせて、民主の選挙巧者ぶりが初めて出た選挙だとも言えます。3人区に顕著に出ていて、神奈川・埼玉・千葉・東京は盤石でした。しかし一時期「昔の自民が空白区にしたこともある」大阪だけが「改選与党過半数」「選出与党過半数」をこの状況で初めて確保したことについては、複雑なものを感じるとともに、民主が対策を必要とする選挙区になるだろうという印象を受けました。

この結果、現在非改選の無所属議員の内、民主・緑風会参加が3、統一野党系が2、郵政民営化で自民離党が1ということなので、

総数(改選・非改選):改選はNHKの当確数による。

民主 112(60・52) (非改選・緑風会3含む)
自民  83(37・46)
公明  20( 9・11)
共産   7( 3・ 4)
社民   5( 2・ 3)
国民   4( 2・ 2)
日本   1( 1・ 0)
他   10( 7・ 3)
ー 郵政造反1( 0・ 1)
ー 自民系 1( 1・ 0)
ー 民主系 3( 3・ 0)
ー 国民系 1( 2・ 0)
ー 統一野党4( 2・ 2)沖縄2・秋田2

(7/30 6:30時点の情報に修正)

ということで、民主・緑風会+国民新党系議員で現時点で120。秋田・沖縄の方式統一野党2を加え、この2党系で124と過半数を確保したことになります。逆に言えば、これで選挙共闘で得た議席で、民主はようやく過半数を得たに過ぎない、という立場でもあるのです。

このことは非常に大きいと感じますね。他の野党と共闘できれば十分に安定多数となるのですが、公明党も初めて感じたであろう、二大政党制による埋没が決定的になった印象すらあります。社民党が事実上存在意義を失う可能性すらあります。

新党日本が1議席を獲得。田中康夫さんが国会へという見通しですが、個人的にはますますこの党が田中さんの個人党になりかねない印象があります。政策自体は彼の出すそれはいいのですが、何分、世間への宣伝手法がどうもキッチュというか、少々なれないと気持ち悪いのです。まあ、それに関連した問題(7/28のエントリーに付いたTeruさんのコメントを本エントリーに移動し付けます)もあるようなのですが、個人的にはそれが理由で有田さんに比例の票を入れたということになりました。

この党は現左派の受け皿になる可能性があるのですが、彼のアピール手法がそれを阻み、結果的にリベラル層の拡散を招いてしまう可能性について危惧しています。逆に共産・社民は今回の結果ですら、依然として自分の正当性だけを訴えているようでは、衰退の一途になりかねないようにも思えます。まあ、無論民主が負ける時には逆に批判票を獲得して、良い結果になるのかも知れませんが、それは現与党の議席を増やすことで、決して実質的に彼らにとっても良い結果ではないように思います。

ただ、初めて正議長をどう転んでも自民党以外が確保するケースになり、それは次の衆院選に繋がるものでしょう。ただ、ここから2年、民主党は1つの大きな失敗も許されないということを肝に銘ずる必要があるでしょう。今回の与党の敗北は、単に2005衆院選の反動とも言えなくもないのですから。小泉人気で見失ったものに、今頃皆が気づいた、ということでもあるのですから。

2007/07/29

Permalink 20:00:00, カテゴリ: 政治・経済  

参院選2007:結果予測「当たるも八卦(^_^;」 20時自動公開

ということで、選挙結果予測です(29日午前中に作成)。入力段階では天候が曇り気味ということもあり、投票率は高めになりそうです(60%と推定)。という私見に基づいています。

問題の1人区。(■自民系、□民主系)

東北:青森□ 岩手□ 秋田□ 山形□ (0-4)
関東:群馬■ 栃木□ 山梨□ (1-2)
中部:福井■ 石川■ 富山□ 三重□ (2-2)
関西:滋賀□ 奈良□ 和歌山■ (1-2)
中国:鳥取□ 島根■ 岡山□ 山口■ (2-2)
四国:香川□ 徳島□ 愛媛□ 高知□ (0-4)
九州:佐賀□ 長崎□ 熊本□ 大分■ 宮崎□ 鹿児島□ 沖縄□ (1-6)

民主 22勝7敗と予想。
鹿児島・大分(野党は無所属・民主党員)・島根(国民新党)・石川・福井(無所属)など微妙な選挙区がどう転ぶか。

2人区
北海道□■ 宮城□■ 福島□■
茨城□■ 新潟■□ 長野■□
岐阜■□ 静岡□■ 京都□■
兵庫□■ 広島□■ 福岡□■

12-12のイーブン。新潟2議席目と京都の自共対決が見物。京都で逆転があれば、民主だけの野党1人勝ちの構図が崩れる。

3人区
埼玉■□公 千葉□■□ 神奈川■□□
愛知■□□ 大阪□■公

与野党はここでも 7-8。
神奈川で公明が議席を失うと予測。
正念場は各選挙区3議席目。
大阪で公明が失うことがあれば、これも一種のモメンタムになる可能性あり。与党共闘にも影響の可能性。でもそれは低い。

5人区
東京□■公無共

4・5人目の自共無対決に焦点。ただ非常に高い投票率なら丸川・川田両候補に流れる可能性があり、共が涙をのむ可能性も。川田候補の潜在性が全てを決めそう。

比例代表
民主20 自民14 公明8 共産3 社民2 国民1 日本0

高投票率が民・自を利する。自民はアナウンス効果。直前の無党派の自・民への流入率より、意外に民主には流れない。自民の14、共産の4、民主の21が最後の1つになる可能性があると読んでいるけど、どうか。

結果予測(党派系無所属は党派に含む)
民主 63 自民 39 公明 11 共産 4
社民 2 国民 1 無  1
(与党系 50、野党系他 71)

自民は40割れも最低議席「36」にはわずかに上回り、民主は63(公認では60割れ)で改選単独過半数(無所属含む)で第1会派。2大会派が明確になる選挙という結論になりそうですが…

さあ、各社予測・結果はどんなもんでしょうか…。

Permalink 14:57:41, カテゴリ: 政治・経済  

投票率@11am

全国投票率
10am 10.60% (+0.03ポイント)
11am 16.93%(+0.21ポイント)
04pm 33.44% (-0.32ポイント)

但し、期日前投票はこれに含まれず。

期日前投票者数は27日現在 882万人。推定で28日締め切りのため、1,000万人前後と思われる。

有権者数は 1億400万人と推定されており、これだけで9%超。前回は投票日2日前で580万だったため、基礎投票率が2004年参院戦に比べ 3ポイント程度上昇していると推定。(2004年参院選の最終的な期日前投票は717万票)

前回投票率は選挙区56.57%、比例代表56.54%。
よって現在のペースで投票が続いた場合、最終的に60%前後の投票率になると思われる。ここからの昨年との乖離がそのまま60%からの上下になると考える。(10時の結果より記載)

(データ随時更新)

4時発表によると、期日外投票は10,798,997人。これだけで10.3%の投票率になります。

2007/07/27

Permalink 06:32:26, カテゴリ: 政治・経済  

終盤情勢:差が縮小。アナウンス効果がまたそれを呼ぶか。

今日の神戸(共同通信)が最新の世論調査結果を1面に。

それによると前回の調査より3ポイント(27.2-18.3 → 27.4-21.5)差が縮小。他の世論調査でも比例の投票に関して差が縮小と伝えるものもあり、内閣支持率も29.2%ながら1.1ポイント改善するなどアナウンス効果が出ているようにも見えます。

これより調査期間が1日前と思われる読売・朝日では「差が拡大」と出ていることから、この1日位の出来事かも知れませんし、そもそも誤差範囲であるとも言えないことはありません。また、この近接したとの結果が、再アナウンス効果を呼ぶ可能性も否定できません。

ただ、与党の非改選を合わせた過半数割れが望ましいとの意見は最大の56.3%に及び、前国会終盤の強行採決連続の影響が大きいように見えなくもありませんね。

さて、あと2日。
Vote wisely ;)

2007/07/25

Permalink 00:39:44, カテゴリ: 雑談(Hard)  

矛盾。

前のエントリーに関連して。

自分たちは叱られるとすぐ「謝罪と賠償を要求するな」のように言う癖に、周りの小さい子には「素直な子に育て」と教育する。

要するに自分に都合のいい人間を育てたいだけなんだなと。

実際にはそんな人は、自分の子だけ「公開されない」素直じゃない社会で、素直な子から収奪する構造の維持に必死なんだろうけど。

素直に公開しない社会で。

…永田町とか。

2007/07/24

Permalink 23:49:02, カテゴリ: 政治・経済  

参院選07:争点そらしに憲法・道徳・愛国心と「右」は言うが…

今回の参院選。「右」な論客の方々は、争点が他にあると訴え始めています。憲法改定論議もその一つで、愛国心・道徳の欠如について訴え始めています。そもそも、今回の最大与党が景気に関することをキャッチフレーズに選んでいること、また内政・経済問題に主論点が行くこと自体、日本であろうがアメリカであろうが、マスで見た国民の景気が悪いということを示している、ということを指摘する必要がありますが…

それを置いといても、彼らの議論の持って行き方は、この2つです。
「理由はともかく国旗・国家(及びその体制)に頭を下げなさい」
「その形は自分たちの考えている一つだけ」

このグローバルな時代に、国籍ですら選ぶことが自由で、自分の住みたい国の国民になることも、技術などを持っていればできる時代に、その国を愛する形を一つにすることなど不可能であると考える方が自然です。あえて言えば、自分の郷愁に対する愛情だけが共通すると言っていいのかも知れません。

それをなんだかんだ理由をつけて、自分たちの信じる1つの形だけに集約して、考えない体制を作りたいと言っているようにしか見えないのです。国家・国旗についても同じで、悪い歴史を含めて、そういう事実があったからこそ、今はこういう解釈をする、多様で自由な国の為に、というのであれば容認しますが、そうではなく、他の国ではこうしてるから「そうしろ」的な、本態的でない理由に固執するのがこういう方の傾向です。

それに賛同する形になるのはごめん被りたいと。それにこの国の国家は個人の自由・権利の為にがんばるなんて、文言や彼らの解釈通りであれば一言も歌っちゃいませんから。アメリカですら、一応歌っているのにねと。

どこの国も自分の歴史の悪いところなど教えていない、と言うけど、悪いところを教えたり考えたりさせる教育がいけませんか? 良いところを教えていないと(特に現代史に限定してそれらの人は)主張されているようですが、大体僕たちもほとんど試験に出ないからそういうところはすっとばしてしか教えられていないし、更には教科書や副読本に載っているだけでも、十分想像は可能だったんですけど、そんなに先生の言うことだけを皆さん信じるんでしょうか、と思うんですよね。むしろそう言う教育をしていること自体が問題じゃないのかなと。キーワードだけを覚える教育というのか。「考えない教育」。自尊心ってのは自分の長短が判ってこそ、相手の長短が判って、お互いに持つことができるものなのに。それを考えさせない。まあ、そういうキーワードを多く覚えた人が公務員試験にパスするってことも問題。

それに、そういう人は何故か未だに「脱亜入欧」(この場合は「入米」だね)的な考え方をしている人が多い。でもそれでアメリカだけにべったりでいいのかなと。この国が経済的に小さくなれば、アメリカがこの国を守る理由は何かと。同盟なんて国際関係の中で意外に簡単に破棄されるものってのは、そう言う方は現代史で学んじゃ無いんでしょうかね。中国が怖い怖いというけど、この国が邪魔になれば米中で日本を仮想敵にするっていう可能性すら想像できない。それは全くない訳じゃないと思うけどね。そういう人達に限って日本は「アメリカの植民地」であれみたいなことを言うんだけどね。経済の人ですら、ここのところ「ドル独歩安」って言ってるけど、実はそれにひっついている日本円が弱くなっていることは、あえて誰も指摘しない。これも勘違いなのか、言えないのか。1ユーロが168円、1カナダドルが116円、1ポンドが250円、1豪ドルが107円なんてね…。

そういう都合の悪いところのカバーをせずに、「頭を下げろ」っていうのは、実は全体主義じゃないかなと思うんだけど、間違っているのかなぁ。

「愛の形は一つ」って定義されたい? んな訳ないよね。

ただ、社会通念上許されない「気持ち悪い愛の形」(否定条件)を定義し、それをさせないようにする、それが道徳じゃないのかな。なのに肯定条件だけを「一つ」に定義されちゃあ、個人がモノを考える余地なんてあるんだろうか、って思うんだけどね。

2007/07/23

Permalink 07:17:13, カテゴリ: 雑談(Hard)  

急転:経産省、IAEA調査受け入れへ>柏崎刈羽原発

昨日話題にした、政府が柏崎・刈羽原発のIAEA調査の受け入れ見送りを、新潟県知事が受け入れるよう申し入れした件ですが、早速経済産業省原子力安全・保安院は受け入れを決めたということです。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2007072200169

時事のリリースは23:00。その前の県知事要請は19:17。

いやぁ、選挙前にトラブル明らかになると対応早いですなぁ。
他の問題も明るみになればいいのにと皮肉を一つ。

というより、何を守ろうとしているのかな?>官僚諸君

....ちなみに、2005年の調査ではこんなことが明らかになっているそうです。

同原発では、2年前にIAEAから安全管理状況の調査で「防火の専門組織がない」と改善を求められながら、専門組織を設置しなかったことが判明している。
新潟日報

2007/07/22

Permalink 20:29:19, カテゴリ: 雑談(Hard)  

柏崎・刈羽原発IAEA調査:政府は見送り方針、県は受け入れ要請。

中越沖地震で問題が発生した柏崎・刈羽原発について、新潟県が国際原子力機関の査察を受け入れるように首相等に要請したことがニュースに。

時事
http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=eco_30&k=2007072200117

ただその記事の中に気になる記載が。

政府は既に、IAEAの調査受け入れを当面見送る方針を示している。

何かまずいことが見つかっては困るのでしょうか?
そこまで東京電力の肩を持つ必要があるのでしょうか?

原発は当該地域への利害調整に関する利権、原発自体を建設することによる利権など政治的な理由が大きく関与する施設です。当方は原発は必要悪だという観点ですが、それは正しく建設され、正しく運営されてこそ。

第3者機関の認証を受けずして何も言質が取れないことが、今回の事故で明確になったように思うのですが、それでも庇う。震災当日に何も聞かず、何も見ず、ただただ事故を起こした方の言い分だけを結果的にせよ鵜呑みにした責任が政府にはあるはず。なのに一番重要な第3者機関の調査受け入れを見送らせていたことが問題なのに、それだけではニュースにならない、これが怖いです。

これ以上の対策は「建設費をかける」つまり建設利権…だけなんて考えちゃないでしょうな?

Permalink 11:46:28, カテゴリ: 政治・経済  

バランス感覚:投資ファンド増税検討…でもアメリカの話

今日の日経
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070722AT2M1401921072007.html

共和・民主両党の議員が議員立法にて、「儲け過ぎ」の投資ファンドに対して、税率を15%から35%に増税する意向を示して、投資ファンドよりロビー活動を受けている議員と論争になっているとか。

こういう議員立法による議論こそ、議会の本質。どこかの国では原発・自衛隊など「必要悪」に対するアセスメント・コントロールの手順が非常に恣意的なことと比べると、議員自体にバランス感覚がある。

日本ではファンドも同様だけど、租税回避のために香港・シンガポール・スイスに住居を移す日本人が多いようだけど、金が理由で本拠を移すような人や会社が信用できるのかな、と。そう言った個人・法人に対して徹底的に抗戦する超党派議員団ができても良さそうなものだけど、実際には利権絡みの人は同様に蓄財をしている可能性もあるのでね、なんとも。

ライブドア・村上ファンド問題も、本質を隠した処理に終始しているしね。

だから「ハリーポッター(日本語版)」の書籍も実は日本人の敵ですよ、と。(翻訳者が租税回避のためスイスに住居を移した)
そういう購買行動も求められるようになるのかも知れませんね。

政治家が何もしないのであれば。

Permalink 09:57:37, カテゴリ: 政治・経済  

参院選2007情勢: これでも民主大勝ではない理由

今日の神戸新聞には、共同通信社の調査による7/19-21に43,000人に実施した調査から来る、2007年参議院選挙の情勢予測が出ていました。

民主58、自民38。非改選を加えると民107, 自84, 公24(与党108)。

確かにこの数字だけを見ると参院では与野党逆転に見えるけど、国民新党や民主党保守派からの転向もありえます。実際谷畑孝議員のように社会→自民という「華麗な転向」(爆笑)というケースもありますし。無所属からの転入がいつものように与野党伯仲選挙の場合は特にあるので、10議席位少なくてもなんとかしてしまうのかも、という気分もしてきます。

しかも、与党内では第一会派から議長を出す通例について「自民と公明で統一会派をを組めば議長を出せる」という意見すら出始めていて、40議席を確保すればほぼ可能になることから、これをもって与党の責任が回避できるという無責任発言まで出ています。実際上記のような予測通りとなった場合でも、与党系は民主を上回ります。

つまり、民主は60を超えないと、実質的な勝利にはならない訳です。逆に自民は最終的に過去最低(1989年の消費税後選挙)の36が譴責ラインとなる可能性すらあります。流石に最低議席で免責にならないでしょうから。

で与党の譴責を求めるためには…

・1人区での民主が2/3以上の選挙区で圧勝
・2人区以上では民主が2人以上候補を立てていない選挙区での次点になりそうな民主以外の野党候補へ「追い風」(具体的には北海道・新潟・京都・大阪のような接戦区だけでなく、長野・兵庫・広島のような選挙区の1つでも自民の「空白区」になること)
・比例代表はそのまんま

ということにより

・自民と公明が統一会派を組んだ場合でも民主がその議席を上回る。
・10人程度の「転向」があっても投票結果を逆転させない。
・自民単独での譴責を必須とさせる。

そのためには

・自民35、公明12以下(与党計105、この時「民共社日」計122で国民新党を除き過半数を確保。民主は60と仮定して109で「与党統一会派」を上回る)

ということが野党としては望ましい結果になります。
そして逆もまた真、ということです。

ということで、個人的には自民が36を切ることがなければ、何も変化はないだろうと考えています。変化を求めるか、求めないか。それが重要で、前回衆院選のような「何の選択もしなかった」という中庸な結末では、官僚主導の利権構造は大して変わらないような気がします。

現実的なことを言えば、参議院で野党が過半数を占めても

・法案については、衆院可決・参院否決でも2/3以上の多数で衆院で再可決した場合成立
・予算案については、衆院可決・参院否決でも衆院の審議結果優先により可決

ということで、再可決により参院の空洞化を招くという結果になった場合、2005年衆院選で与党連合に327議席(定数480の2/3以上)を与えた国民の責任は免れないでしょう。でもほぼ全ての主要法案を強行的に衆院での再可決を繰り返すようなことがあれば、次の衆院選の結果は自ずと見えてくるような気がします。

あと1週間です。

2007/07/20

Permalink 11:13:27, カテゴリ: 政治・経済  

投票完了と政府広報と公選法。

先日仕事終わりに、もう終えてきました。
選挙。

1人に7人の係員という「税金を取り返すような」投票風景でした。
さらにはラジオが流れているというのどかな田舎の光景が。

いつもここを見ている方にはどこに私が入れたかは極めて自明なところ、とだけ。そうでないと公選法違反だし。

そう言っていると…今朝の神戸新聞

年金と税源移譲の広報目的で、政府が選挙期間中に3,000万部政府広報を配布したのが公選法違反にあたるのでないかと民主党が法的措置の構え。

実際政府が通常年3回、1回1,500万部配布しているのを、今号だけ倍にして、しかも予算を使い切ったので3号は発行しない、と公言するのは醜悪。

丁度朝刊の折り込みに入っていました。

これがツッコミどころ満載で :))

まず、政府(自民党)が2年前に「100年安心の年金改革を実施した」と言っていたのは何だったのかということもあるけど…

今回の税源移譲は増税ではないとの論調を替え、今回増えたのは「定率減税廃止」によるもので、それは一時的な措置だったと言っているけど、当時大蔵省や答弁担当の与党議員は、皆「恒久的減税」と言っていたのをお忘れらしい。>参考

さらにこの「増税分」の一部が年金に当てられるという噴飯物の説明をしているが、目的税で無いのだから、年金に税金充当分がある以上、その「増税分」が「年金の一部に使われる」のは他の税金と同じく当然であって、わざわざ説明する必要がないんじゃないかな。

それに実質負担増は「今回は確かに1割」だけど、2段階で「恒久的減税」の取り消しを行っているので、実際には税源移譲前、税額の「2割」が控除されていたので、負担は2割弱増えている。その前のことを都合良く無視しているし、それ以上に所得控除の削減などは一切無視しており、それを考えるともっと「割り引いて書いている」。(ただ日本の税負担率はそれでも先進国の最低水準であることは考えるべき。でもそれを言うと、日本の基礎生活費の高さは先進国では高いと言って良いので一概に言えない)

加えて「税源移譲で介護保険料が増えない」ことを説明しているけど、介護保険料は算定基準が違うので、それによっては増えないが、今年から一般的に増額されていることは無視、という都合悪いことは「見えません」攻撃をしています。

だけど…実際の効果は言えば…

・そんな条件の多いパンフレットを本気で普通の国民が理解できるか?
・大体、税源移譲で税負担が変わった事を6月給与で初めて知った人が意外に多いようで、それまでの広報同様理解しないだろう。
・むしろ問題点を提示していることにならないか。
・リテラシーの高い人は、この政府広報自体の意味を考えるのでプラスにならないのではないか。

…結局「頑張ったけど駄目だった」ことをアピールするために予算を垂れ流し、基本的に官僚の考えそうな言い逃れを、そのまま国民の理解水準や求めるものを考えず綴った資料…と考えるべきだと思います。

作った人相当頭悪いし、これを作らせた人はもっと頭悪いですね。
大体予算の効率使用ができませんと、今の政府(自民党)の問題を提示している気さえしてきます。

さて…このエントリーが公選法違反にならないかですが…
政府広報への評価であって、政府はこれを「選挙活動とは認識していない」ので、必然的にこれに関する批評も選挙活動ではない訳ですから、問題ない筈です。

問題ありとするなら…選挙違反と告発する権利を私が持つことになるわけですね。それはそれで「ありがたい」ことですが :))

まあ、現政府の限界を種々の面で見せてくれた事象でした。

2007/07/16

Permalink 11:35:58, カテゴリ: 雑談(Hard)  

地震と危機管理と柏崎原発。

今日、中越で最大震度6強の地震。こういう事象の時は切々と事実関係を確認することが大事なのだけど、長崎に遊説中の首相は急いで東京に戻っている最中だとか。

そんな中、思わぬところから災害情報がリーク。柏崎原発3号機の外部設備から火災。ところがこの第一報がメディアにもたらされたのがなんとフジテレビの電話インタビュー。

「原発の方から煙があがっている」との視聴者の報に慌てるメディア。しかも当の東京電力からは緊急停止したとの情報しか流れず。これを受けてか数分後にようやく火災発生の事実を東電が公表するという後手の対応。しかも現地消防が消火に手が回らないのだという。しかも現地の広報に同時にもたらされた一報が「ガスの供給を止めた」のみ。

原発を作ったら事実公表をするから大丈夫という電力会社の姿勢は実際には動かず。
電力会社によると変圧器からの火災でタービンなど原発主要設備には影響はないとしているものの、「6強」でこのような事象が起こること自体、原発の構造上の問題ではないかと思わせるのだけど、この後フジテレビはこの視聴者に電話をつなぐことはないという次第。放射能漏れの有無すら確認されていないという。

恣意的な情報が流されていて、その中で緊急対策委員会が何の認識もされていないというのがどうしたものかと。情報対策だけの委員会であれば不要であるわけで。

選挙対策も有り、意図的に問題を縮小する可能性もあり、その辺りも確認する必要がある災害になりそうです。

2007/07/12

Permalink 16:54:30, カテゴリ: 政治・経済  

試してみる:毎日「えらぼーと」

参院選が今日公式にスタート。29日までの選挙戦が開始。あの候補やその候補の事もいいたいけど、まあ、それはそれ。規制法規もあるし、ということで、こんな遊び。

毎日新聞が主要政策について(ある種乱暴に)選ぶことによって、どの政党とあなたの政策が近いかを教えてくれるサービスを開始しています。

もしよろしけければお試しになってはいかがですか?
毎日 えらぼーと

小生は包み隠さず結果を公開。

ある意味当然の結果だね :))

実際に自民党さんと正反対の本当の意味でのリベラルで社会民主主義と自由主義の混交的な政策を取っているのはどこか、ってことでしょうね。

7月 2007
<< < 現在 > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Blog @ Wolfy -Side B-

2008/7/15を以て、wolfy.us -重い話-に移転しました

ここでは2006/5 -2008/7/15のエントリーがご覧いただけます。

携帯からご覧になる方は>こちら<(Side B 用URL - 画像なし)

メールでのお問い合わせ、ご連絡は>ここ<に掲載しております。トラックバック希望、コメント不受理で掲載希望の場合も内容を上記アドレスまでお送りください。このメールアドレスへのメールについては個人情報の保護を行いますが、「非公開」と明示されない限り、当方にハンドル名およびメール内容の取扱等権利を全て委託したものとします。>取扱規程

本BlogではTB・コメントは契約です。著作権の2次利用を除く使用権・編集権の一切をご提供いただき、代償として個人情報の保護を行います。但し広告に類する行為(1/3以上が広告・誘引である)と当方が判断した場合は、広告費用に対する債務、調査権の行使に同意したものと見なします。

サイドバーの月別の過去ログ件数表示に誤りがあります。「続き」をクリックしてください。正しいものが表示されます。

推奨フォントは「メイリオKE Pゴシック」ないし「UIゴシック」です。Googleで探してみてください…

検索

カテゴリ

いろいろ

このブログの配信

XML What is this?

powered by
b2evolution