アーカイブ: 3月 2007, 30

2007/03/30

Permalink 10:00:29, カテゴリ: 雑談(Hard)  

植木等逝く:「無責任」の意味。

時代の変わり目を感じさせた、植木等さん逝くの報。

「無責任シリーズ」については、作者が(文面ままでないので、少々意味が変わっているかも知れないけれど)「為政者が責任をとらない姿勢でいるのであれば、庶民は無責任でいる他ない」という制作側の意図があって作成されたシリーズ、というのはあまりにも知られていません。ユーモアというよりウィットに満ちた作品で、小生もそれを理解していました。

そんなことが無ければ、1989年1月7日朝10時に「日本一のホラ吹き男」をビデオ屋で借りて見たりはしませんよね。昨日たまたまテレビ愛知でやっていましたので、ずっと見ておりました。これも実際には彼が単なる「ホラ吹き」を演じていないことは、しっかり見ていれば判ること。機を見るに敏、は普通の人間には無い能力ですから。実際に考えずホラを人は吹く訳ではないですしね。

植木さんは「無責任シリーズ」で知られていますし、そのシリーズが1990年頃リバイバルしたというのが極めて興味深い点でもあります。そのときのリバイバルは、この意図を無視したところで、実際に社会に対する無責任という単にシチュエーションコメディ(sit-com)として、若い層に捉えられたように感じていました。

ある意味、その時代の転機が、今のこの国の問題に直結したんだろうな、と今にして思います。文面のトリッキーさにしか反応できず、流れや背後の意図など、行間を読むことができなくなった、直感的な社会。お笑い自体も、ウィットというよりは直感的なsit-comが多くなって、タッチで笑うことはあっても深さがない。ある意味それをセーフティネットと考えると、時代とも一致する、ある意味より刹那的になった時代。

それが決定的になったときに、逝かれたということ、とても感慨深くあります。
彼の元来の真面目な性格と、彼が演じた背景を今一度考えることが、植木さんのご供養には一番ではないかと思います。

敬礼。

関連 極楽三十路生活賛歌 >3/28 植木さんの思い出

Permalink 08:15:45, カテゴリ: 政治・経済  

統一地方選: 公約の裏を読もう。

まもなく政令指定都市関連、都道府県関連の統一地方選。小生の住むところでもまもなく公示です。もう日本の半分まで行かないかも知れないけど、多くの地域では解散などで時期がずれてしまっているとは言え、行くところ行くところで選挙公示用の看板を見かけます。

今回の選挙から、地方選挙でも政権公約(マニフェスト)の公式な配布が可能になりましたが、マニフェストを読む前に考えていただきたいのか、ということがあります。

単純なことで、その公約の裏の意図を含めてどこまで読めるのか、ということです。

例えば、小生の地域では与党系の議員団が、公立幼稚園の廃止を含めた見直しを求めています。その理由はコスト。例示されるのは、職員の給与が年800万平均と極めて高いので、廃止して、私立に対する補助金を与えなさい、ということであったりします。ところが、これら議員であったり、地域の国会議員が私立学校の役職や、本人が理事長であったりするケースがあります。それを見ると彼らがやりたいことが何なのか見えてきます。また、彼らは自分たちの給与の適切性はあまり言いません。

廃止を反対する野党系の議員団は、これら廃止が公的サービスの低下を求めると反対しています。ただ、現実問題としてそれら学校職員は野党系を支持しています。実はそれも継続・廃止の意見に関わっています、支持母体をつぶしたいのか、存続させたいのか。

問題点は、実際に、公的サービスが「赤字を出す」ことが本当に悪いことなのか、その運営や労務管理、評価システムが適切に運用されているのか。内部競争システムがどの程度運用され、望ましくないものであればどう変化させるのか、公民の棲み分けをどのように行うのか、という事であろうと思います。

ただ、日本の公教育にかかる費用は先進国の中で高い方であるということで、給付として十分に行われていない、ということだけは言えるのでしょう。廃止するなら、低所得者などへのセーフティーネットをどうするのかが重要だし、特定業種へのバラマキにならないための監査が必要で、その監査要員の費用計上をしているのか、監査委員の中立性をどう保護するのか等の問題まで訴求しなければいけません。

システムの改革にしても、報道などはその取り上げたい一面だけを取り上げて、反作用の面は全く無視します。東京都の一部の行われている義務教育の校区制の廃止・自由化で、確かに学力が低い学校が上がったケースがあるのですが、全体としてはどうなのか、悪くなったケースで何が問題だったのかを無視して報道されるのは「その場で成功」したケースばかりです。

スポーツでも同じで、今でもJリーグの成功例で「アルビレックス」を挙げる方は多いのですが、町中で話を聞いていると、「昇格前後の時は行ったけど、今は…」のような言葉を良く聞き、単に面が小さく奥行きが深くなっている、ある意味危険な兆候が出ているのにそれにはほとんどのメディアが問題い取りあげません。NPBのオリックスのケースも同じで、調子良い時は成功例としてメディアが取り上げましたが、現状なぜ難しくなったを精査したメディアは見たことがありません。

分析をごまかすことによって、わかりにくくして物を進めようという人が多くなっているのです。ある意味「コンサル体質」ですね。背反する2つの問題が、どちらに転んでも利権絡みで、住民にとってどうなのかということが無視させる。まず存続ありき、まず廃止ありきで結論を無理に導出する。その中間意見は無いような動きをする。

そういう議員をよく見て選ぶことが重要なんですが、紙一枚でそれを信じ切ることが出来ない訳で。それすら理解していない議員が多くいる。そして演説で連呼ばかりし、本質を見失う。

そんな議員は落としましょう。そんな候補は公約に裏があるから。

そして何をどのような理由でどうするのかを全ての利権を排除して、住民目線で、幸福の最大化をどのように行うかを考える候補をさがしましょうと。それは少しの事でも、決まった意見でなく、自分の意見を述べて行動できる人、ということを探すことで。例え3分の話でも十分判別はできると思います。

そういうことを考えて選べば、もう少し地方議会もましになるような気がするんですけどね。

3月 2007
<< < 現在 > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Blog @ Wolfy -Side B-

2008/7/15を以て、wolfy.us -重い話-に移転しました

ここでは2006/5 -2008/7/15のエントリーがご覧いただけます。

携帯からご覧になる方は>こちら<(Side B 用URL - 画像なし)

メールでのお問い合わせ、ご連絡は>ここ<に掲載しております。トラックバック希望、コメント不受理で掲載希望の場合も内容を上記アドレスまでお送りください。このメールアドレスへのメールについては個人情報の保護を行いますが、「非公開」と明示されない限り、当方にハンドル名およびメール内容の取扱等権利を全て委託したものとします。>取扱規程

本BlogではTB・コメントは契約です。著作権の2次利用を除く使用権・編集権の一切をご提供いただき、代償として個人情報の保護を行います。但し広告に類する行為(1/3以上が広告・誘引である)と当方が判断した場合は、広告費用に対する債務、調査権の行使に同意したものと見なします。

サイドバーの月別の過去ログ件数表示に誤りがあります。「続き」をクリックしてください。正しいものが表示されます。

推奨フォントは「メイリオKE Pゴシック」ないし「UIゴシック」です。Googleで探してみてください…

検索

カテゴリ

いろいろ

このブログの配信

XML What is this?

powered by
b2evolution