アーカイブ: 11月 2007, 04

2007/11/04

Permalink 22:08:38, カテゴリ: 政治・経済  

大連立構想破綻の責任は、申入側にある筈なのだが…。

変なことになったもんだ。
首相が民主党に大連立の申し入れ、党首が持ち帰り幹事会で反対多数で受け入れず。そして野党党首が辞意表明。野党への批判が高まったかのような報道だけど…。

中日新聞<には、この件を首相にたきつけたのが、誰あろう中曽根康弘氏と読売新聞・渡邊恒雄会長と、日本テレビ・氏家斉一郎取締役会議長の会談で渡邊氏が中曽根氏に焚きつけた、というのがきっかけ。だけどもメディアがこの種の政争に加わるのは表向きになってはいけないので、反読売の中日がすっぱ抜く形になっている。

こうなれば、確かに受け入れても民主党の旧社会党系は離脱し弱体化するだろうし、次の選挙で争点がなくなる。そして受け入れなければ何らかの失態に付けいるということが決まっていたのではないのか、と考えてしまうのです。大体党首会談で即決できないのが指導力に欠けるとの指摘をしているのが、誰あろうこの読売系メディア。つまり先だっての朝鮮半島の首脳会談での1日の滞在延長をその場で決められないなんて…と述べた「偉大なる首領」と同じ見解を持っているということを指摘しなきゃいけない。

まあ、受諾傾向を示した小沢氏は攻められても仕方ないとは思うけども、それで辞めて何になるんだろうかと思うし、それなら両院議員集会で協議すればいい問題だとも思うけど、どうもそういう判りやすいプラットフォームは嫌いなようだ。まあ、選挙の結果で政権交代・委譲を3回連続で拒否する形になった自民党はもっとなんだかって感じだけど。

この発想の元を考えれば、要するに国民への政治への不信感・無関心を強くさせることによる、「特定集団への利権」の増大。それはアメリカであることは言うまでもないけど、CIA辺りは喜びそうな展開。テロ特措法の本質論議なんてされては困るのだから…。

メディアの責任は論じられないまま、勝手に譴責だけが進んでいく。賽を投げた責任(首相は民主からと言ったからには辞意ではないのか?)は全く取らずにごまかせてしまう。本質を見る目が国民にないのだから、その程度の政治しか与えられなくて当然だと思う。

11月 2007
<< < 現在 > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blog @ Wolfy on the road.

2008/7/15を以て、wolfy.usに移転しました

内容によって、Side A - Side Bに分けています。2006/5 -2008/7/15のエントリーがご覧いただけます。両方ご覧になりたい方は当所をご登録ください。

bjリーグ・バスケット関係は2007/8より移転(スピンオフ)しています。→>evess.net<まで

携帯用URLは>こちら

メールでのお問い合わせ、ご連絡は>ここ<に掲載しております。トラックバック希望、コメント不受理で掲載希望の場合も内容を上記アドレスまでお送りください。このメールアドレスへのメールについては個人情報の保護を行いますが、「非公開」と明示されない限り、当方にハンドル名およびメール内容の取扱等権利を全て委託したものとします。>取扱規程

なお、コメントにはメールアドレスが必要です。コメントからフォームによるメール機能が付加されましたが、現在はスキンを固定しているため機能は利用できません。サイト上にはメールアドレスは表示されません。

本BlogではTB・コメントは契約です。著作権の2次利用を除く使用権・編集権の一切をご提供いただき、 代償として個人情報の保護を行います。但し広告に類する行為(1/3以上が広告・誘引である)と当方が判断した場合は、 広告費用に対する債務、調査権の行使に同意したものと見なします。

推奨フォントは「メイリオKE Pゴシック」ないし「UIゴシック」です。Googleで探してみてください…

検索

過去ログ

いろいろ

このブログの配信

XML What is this?

powered by
b2evolution