アーカイブ: 10月 2007, 22

2007/10/22

Permalink 23:30:24, カテゴリ: 政治・経済  

戦争責任は結果責任…ならば日本は勝ち続けられたのか。

歴史を見てみると、欧米が南米やアフリカに対して行った戦争や内線的なものを除いて、概ね社会的に見て正義的な方が、そうでない方を上回っている。これは偶然だろうかとふと考えた。

少なくとも第1次大戦、第2次大戦を見ても、チェコなどに侵攻したソ連を見ても、官僚的な体制の方が先に崩壊したのは偶然だろうか、と。いや、むしろ必然ではなかったのかと。

日本が勝っていれば日本の考え方が今正義となっていたと言う人もいるので、ふと思った。

総じて言えば、それは無かったのではないだろうか。

戦争であっても、物量が精神を上回ることは一時的にあっても、その運が未来永劫続くことはない。また、その物量やその中の質的向上は自由な発想なしにはあり得ない。

日本ははめられたというが、対外的な政治体制を含めた統制なしにあり得ない発展というものが、いつまでも続き得たのかということ。そして事実を歪曲した、その体制を維持することが第一になり、利益を一部で保持する体制をより強めた結果、国民を放置した。

少なくとも、アメリカの体制と比べれば正義はなかった。

そのアメリカも、ある程度の自由を与えなければ、資本的支配を行った国の統治ができなくなった。より自由なユーロという体制に産油国から流れていった。必然的にユーロが強くなり、米ドルが弱くなった。これが現状の経済戦争の経過である。軍事的にはベトナム戦争、イラク…今や上手く行く戦争はそう多くない。

まず体制ありきか、自由度を拡げた中発展か。
体制を守るために見えなくなることの結果ではないのか。
その結果事実を歪曲しつづける。

そういう意味で例え途中講和して、日本が勝利して太平洋戦争を終えていたとしても、この国の勝利は無かったのだろうと思う。

とても単純だが欠けたものがあったということだ。
その目を国民が持たないと、この国は更に負ける。
そのことに気付かず、内なる敵を作り出す。
その愚かさが何を呼ぶのか。
そろそろ起きないと、まずいような気がする。

10月 2007
<< < 現在 > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog @ Wolfy on the road.

2008/7/15を以て、wolfy.usに移転しました

内容によって、Side A - Side Bに分けています。2006/5 -2008/7/15のエントリーがご覧いただけます。両方ご覧になりたい方は当所をご登録ください。

bjリーグ・バスケット関係は2007/8より移転(スピンオフ)しています。→>evess.net<まで

携帯用URLは>こちら

メールでのお問い合わせ、ご連絡は>ここ<に掲載しております。トラックバック希望、コメント不受理で掲載希望の場合も内容を上記アドレスまでお送りください。このメールアドレスへのメールについては個人情報の保護を行いますが、「非公開」と明示されない限り、当方にハンドル名およびメール内容の取扱等権利を全て委託したものとします。>取扱規程

なお、コメントにはメールアドレスが必要です。コメントからフォームによるメール機能が付加されましたが、現在はスキンを固定しているため機能は利用できません。サイト上にはメールアドレスは表示されません。

本BlogではTB・コメントは契約です。著作権の2次利用を除く使用権・編集権の一切をご提供いただき、 代償として個人情報の保護を行います。但し広告に類する行為(1/3以上が広告・誘引である)と当方が判断した場合は、 広告費用に対する債務、調査権の行使に同意したものと見なします。

推奨フォントは「メイリオKE Pゴシック」ないし「UIゴシック」です。Googleで探してみてください…

検索

過去ログ

いろいろ

このブログの配信

XML What is this?

powered by
b2evolution