アーカイブ: 10月 2007

2007/10/28

Permalink 22:38:59, カテゴリ: 食いもん/飲みもん  

アウトバックステーキハウス

今日は気が向いたので、アウトバックで家族と食事。
ちびどもはキッズメニュー(480円)を頼んで、大人の方から取り分けなので。
ここで料金をコンフォータブルにする方法は…

1.ダイナースを持っている人は、サイトから10%クーポンを出しておく。
2.大きいプレートを頼んでシェアする。
3.ハーフリブなどのサイドアイテムは「マスト」。

という訳で小生のプレートには、プライムリブ(455g、2990円。サラダかスープ付)とハーフポークリブ(約180g、サイドアイテムに付500円)というヘビーなディッシュに。

まあ、それでも400g+90g位食べて、リフィルフリー(400円)のレモネードを2杯と、アイスコーヒー半分を飲んで軽く店を出る訳です…。お支払いは家族で7500円程と、そんなに高すぎるとは思わない料金に。デカちびもビーフにポークのリブを貰って堪能していたし。

心臓に悪いよね。

ということで、現在納豆強化週間中。
朝食はバター付パンから、納豆50g+ご飯に変更中です。

Permalink 20:30:31, カテゴリ: Mike + Mechanics  

太陽光発電+エコキュート、1週間の経過。

本日で8日目。
メーター読みでの効果を見てみようと思います。
概ね「×4」をすれば1ヶ月分の費用対効果が出てくるかと。

1)今まで
電気 430kwh(約9,000円)
ガス 46m^2(約5,400円)

2)この8日間×4
昼間  7kwh (約 200円)
夜間 141kwh (約2,900円)
深夜 238kwh (約1,700円)
----------------------
買電 386kwh (約6,500円)(基本料金2100-マイコンメーター336円)
売電 128kwh (約2,950円) (自己使用 100kwh 約2,500円)
----------------------
差額 3,550円

ガス 14m^2 (約2,200円)

効果
14,400-5,750= 約8,650円

まあ、予想した程度、というところでしょうか。
実際には8.25日で見ていますので、もう少し差額は出るのでしょうけど。
オール電化にはしなかったので、完全なメリットは出ていない、というところでしょうね。

2007/10/25

Permalink 22:57:08, カテゴリ: Cash, Credit or Debit?  

ダイナースプレミアム旅行デスク:24時間化。


ダイナースから今月のステートメント。
その中に1枚の紙。

ようやく24時間に戻るダイナースプレミアム旅行デスク。
でもたいしたことは期待できないけどね。
とりあえず11月1日から。

それより今日の病院でダイナース使えるようにしてくれた方が、余程有り難いんだけど。

3割負担で12,000円弱をVISA決済、と。
120マイル加算也。

Permalink 22:50:35, カテゴリ: Dr. and the medics  

心臓血管造影。

今日、診療所に行き24時間心電図の結果を聞いた。疑いが残る波形とのこと。提携病院の都合で即心臓血管造影を受けることに。

最近では造影剤を入れて、CTに通せば、心臓血管は結構鮮明に写るとのこと。20分程度ですべての措置が終了。ただ医師会の関連で午後は診療所が休診。でもその後に病院まで画像を見に来てくれるという。有り難い話。

明日電話で結果を確認することに。
アテロームがあってもおかしくはないけれど。

ラッシュの電車で、昇降口の脇で自分だけが邪魔になっていないと勘違いして、列車の遅れを招いて居る人のような、アテロームが。

2007/10/24

Permalink 18:49:50, カテゴリ: Dr. and the medics  

お知らせ。

本日はこんなものを身につけています。

mp3プレーヤー並みに小さくなりましたね ;D

さて、本題。

明日、心臓血管造影を受けることになりました。

皆様もお身体にはお気を付けて。

2007/10/23

Permalink 09:46:06, カテゴリ: Mike + Mechanics  

発電開始。

先々週、太陽光発電の設置を終え、先週発電開始した小生宅。
今日も朝7時にメーターを見てみると、この時間から既に500Wh相当の起電。
2日程で20KWh(500円相当)の発電。
南向きではないので条件が悪いにも関わらず。

まあ、そんなこんなで少々の免罪符。

2007/10/22

Permalink 23:30:24, カテゴリ: 政治・経済  

戦争責任は結果責任…ならば日本は勝ち続けられたのか。

歴史を見てみると、欧米が南米やアフリカに対して行った戦争や内線的なものを除いて、概ね社会的に見て正義的な方が、そうでない方を上回っている。これは偶然だろうかとふと考えた。

少なくとも第1次大戦、第2次大戦を見ても、チェコなどに侵攻したソ連を見ても、官僚的な体制の方が先に崩壊したのは偶然だろうか、と。いや、むしろ必然ではなかったのかと。

日本が勝っていれば日本の考え方が今正義となっていたと言う人もいるので、ふと思った。

総じて言えば、それは無かったのではないだろうか。

戦争であっても、物量が精神を上回ることは一時的にあっても、その運が未来永劫続くことはない。また、その物量やその中の質的向上は自由な発想なしにはあり得ない。

日本ははめられたというが、対外的な政治体制を含めた統制なしにあり得ない発展というものが、いつまでも続き得たのかということ。そして事実を歪曲した、その体制を維持することが第一になり、利益を一部で保持する体制をより強めた結果、国民を放置した。

少なくとも、アメリカの体制と比べれば正義はなかった。

そのアメリカも、ある程度の自由を与えなければ、資本的支配を行った国の統治ができなくなった。より自由なユーロという体制に産油国から流れていった。必然的にユーロが強くなり、米ドルが弱くなった。これが現状の経済戦争の経過である。軍事的にはベトナム戦争、イラク…今や上手く行く戦争はそう多くない。

まず体制ありきか、自由度を拡げた中発展か。
体制を守るために見えなくなることの結果ではないのか。
その結果事実を歪曲しつづける。

そういう意味で例え途中講和して、日本が勝利して太平洋戦争を終えていたとしても、この国の勝利は無かったのだろうと思う。

とても単純だが欠けたものがあったということだ。
その目を国民が持たないと、この国は更に負ける。
そのことに気付かず、内なる敵を作り出す。
その愚かさが何を呼ぶのか。
そろそろ起きないと、まずいような気がする。

2007/10/21

Permalink 22:58:38, カテゴリ: 旅行/飛行機  

思いこみの功罪。JALとANA。

ANAは安全でJALはトラブルが多い。
どうもそんな思いこみと報道姿勢が、誤解を招いているようだ。

10月5日に発生したANA機(B-767)が伊丹空港A滑走路(1,800m!)に誤着陸したのは、その滑走路の長さも理解していて着陸したANA機に重大な責任がある(737以下の機材しかこの滑走路には下りない)ことは言うまでもないのに、それについて追求しようとするメディアはないし、株価にも影響しなかった。

この事象については実はA滑走路に進入指示が出ていたJAL機(MD87)が、ANA機に気付いて進入を指示がないのに思いとどまったことにより事故が回避された、実はJAL機側の超ファインプレイであったのに、これも誰もふれていない。

そして昨日、エアカナダが関空第1滑走路への進入の待機を指示されたのに、滑走路に進入。管制官がJAL機に進入許可を出したもののJAL機側が滑走路での異常に気付き管制官に報告したものの、管制官はAC機に気付かず再度進入許可を出し、着陸45秒前にGo aroundの指示を出したそうな。

管制官の問題は言うまでもないのだけど、それ以上に双方の事象でJAL機側のファインプレイがあったことを指摘しないといけない。その背景にあったのではないかな、と思うのが、IOSA、LOSAと言った監査プログラムを導入して、ラインオペレーションとして、目視を含めたヒューマンエラー対策に乗り出すなど、根本的な対策を開始しており、昨年10月のIOSA監査では指摘事項が皆無という結果も出しています。

ただ世間的には先日の機尾部の"バンパー部"の接触事故など、絵で見てわかる事故のみを取り上げられることが多いようです。しかもしりもち事故と拡大解釈して伝えられていました。しかし逆に既に今月2件の重大事故を事前察知し回避したという事実にも、もう少し注視する必要があるのではないでしょうか。

ANA機長の免許忘れ乗務もあったにも関わらず、これも小さい扱いでしたし、何か背後にあるのではという気すらしてしまいます。

もう少し、何が起こっているのかを正しく認識する必要があるように思います。

2007/10/17

Permalink 13:30:01, カテゴリ: b2evolution (Site)  

リンクに見る、自サイトの他掲示板での噂

最近、実はあまり書く気力がない日々を過ごしているのですが、自分のブログのURLを検索していると面白いものを見つけました。

2005/7/3の「立命館小の広告への疑問」で、なんで子供の努力を定量的にしか判断できないんだろう、そしてそう言う教育を訴求するということへの疑問について書いたのですが、某所で話題になっていたようです。

http://jbbs.livedoor.jp/study/508/storage/1120037141.html#226

勝手に同志社の人の中傷と決めつける人がいて笑っちゃうのだけど、生憎小生は全て公立で済ませてしまった人間。特に高校は旧制一中なので、自由な環境で育ってきた。今はそうでもないようだけど、当時は変人が多かった。当然、その中の一人。

言ってることを理解してくれている方もいらっしゃるようだけど、どうもこの種の掲示板では批判したい人は「偏執狂的な方法で偏執的回数・頻度で」書き込みをするという図式がよく見えるのが興味深く、面白い。

そういう掲示板は、「そういう見方」をするのが適当だと思う。
ただ、「サヨク」と書かずに「サヨク的」と書いてくれたのは適当な見方だと思う。よく言えばリベラリストだと思うし。今の政治状況ではそれは左だしね。

2007/10/14

Permalink 01:59:17, カテゴリ: スポーツ(野球)  

D 7-0 T: 最初から空回った試合。

いやあ、なんともかんとも。
1回の表のTの2三振という淡泊な攻撃に比べ、1回裏Dは先頭荒木がセカンドゴロ…この処理がまずくエラー。下柳で一番やっちゃいけないプレーが最初に出て、更に直後に二盗。井端一ゴロで一死三塁で森野適時打→ウッズ本塁打で3-0。

下柳というだけで、これで終わった試合。しかもTの打線に工夫がない。D谷繁とT矢野の違い…2~3ストライクの組み立てにバリエーションがあった谷繁と、同じパターンの矢野。しかもいらついている下柳は制球難。力んでコントロールが定まらない。

しかも打つ方も投球数の増えない川上に最初にカットを見せ球数を稼いだのはなんと下柳(7球)、その後赤星も11球を稼ぐが、そんな工夫は奏功しつつあった6回表、ようやく球が前に飛び始め初安打。でも続かず…遅れたツケは「決め出し」の久保田。バントの1死のみで3ランを含む4失点。まあこの回の4点目で試合が完全に決まった感じ。

さらにだらだらとDは投手交代。いやな雰囲気のまま終了。Dの序盤の当たりの割に飛ぶところが良かったことを生かしたとも言えるし、きっちりチームとしてまとまっていた感じ。一方のTは…ばらばら。応援団までペットが中日倒せを言いたいのか「かっとばせ××」を言いたいのか…1回毎に入れ替わるパターンで球場の1/4位のTファンに声を出させず、ファンとチームもばらばらに。最後にようやくまとまって声が出た物の…。

当たり前にいつものことをしたチームが勝ち、何かをしようとしたチームが負けた。これは意識を完全に変えないと、sweepかな、という気が正直したのだけど。

岡田さんは丸坊主になって出てくるとか。
そういう点で落合さんは偉いよね。自分では実はたいしたことないことと思っているような気がするのだけど、ね。

2007/10/13

Permalink 17:39:02, カテゴリ: スポーツ(野球)  

Please don't ask me why...

Oh... don't ask me why :'(

2007/10/12

Permalink 14:20:58, カテゴリ: 政治・経済  

某市会議員の話。

10/10のエントリーでもちょっと書いた某市会議員の話。

まあ、彼のことは全否定しているわけではないけど、彼にここで記載したことで自ら記載しているのでふれないといけないのだろう。

彼の主張は朝日のテロにあった、ということである。
まあ、テロでもなんでも言えばいいと思うが、それなら侵略・進出のような言葉遊びをするな、と言いたい。

タクシーチケットに書いてある北新地はビジネス街で、そこから乗って何故悪いとの主張。でも普通、タクシー運転手はそういう指摘を企業ユーザーから受けるので、そう書かないのが普通。一般企業でもそう書いてあれば問い合わせはあると思うけど、一般感覚からずれていたのか。タクシーの運転手が悪かったのか。

ちなみに書いていなかったが、平和島までの利用についても本人曰く、宿泊費を浮かしたいので知人宅まで行ったからだそうだけど、じゃタクシー使わないといけない時間だったのかの精査もない。まあ、そもそもタクシーチケットが公用車の代わりに支給されていて、それを今年度より廃止したというのだから、要するに公用車でそういうところに行っているという感覚自体ない。

その説明もしないだろうからほっとくしかない。
記者の取材を3時間自宅で受けた? アポイントを繰り延べにしたというけど、移動中に回答するというオプションもない。時間がないならそれなりに使うアイデアもない。それを提示していることに気付いてないっていうのも痛いのだけどね。

まあ、そんなことに3時間かけさせるメディアもメディアだけど、捨て台詞で夕方のニュースに使えなかっただろうと言い張るその議員もその議員だしね。結局そういうことには時間を使うのだから。

こんな市議会議員でもちょっと目立って、有権者の0.8%の得票すればいっちょ上がりなので、当分議員さんなんだろうけど、もう少しバランス感覚取らないとね。

都合良くネットを使うだけなら、ネットで喧伝することなんか完全に辞めればいいのに、とは言い過ぎかな?

2007/10/10

Permalink 20:26:09, カテゴリ: 政治・経済  

委託するということ。

委託して安くなるのは、こういう場合。

・委託先の賃金が著しく安い場合。
・業務量の変動が大きく、変動費用が大きい場合。

うちの業界では、大体委託業務については、賃金の3倍の費用を請求しないと利益が出ない。付帯業務があることもあるが、派遣にしても2倍くらいが正社員雇用をするのであればペイする。

要するに公務員で700万払ってるなら、350万の正社員か400万程度の非正規雇用の人が派遣で入るか、委受託なら250万の正社員か300万程度の非正規雇用の人が入るしかない。ワーキングプアを生み出したいのだろうか?

そのような職場に来る人材というのが限られない、と思っていること自体おめでたい。ある程度の賃金で公共団体が非正規雇用で500万程度の報酬を払う方が、余程いい人材が集まると思う。

なぜ民営にすると、待機児童が減るのか、具体的な対策がない。まず民営化ありきでは間違える。

こうした背景まで考えた民営化・委託なら、何も言わない。

そう言えば某市の体育館を民間に管理してもらった結果、その会社は時給800円で係員を募集している。

それは何を意味するのか、そういう方には考えてもらいたい。

労働組合がオルグして、民営化阻止しようとしていると、北新地から自宅まで市のタクシーチケットを使って乗った議員が言う。

言わせて貰おう。批判ありきの批判は良くない、確かに。
ただ、まず労働組合つぶしありきの民営化は、もっと良くない、と。

根本に国鉄→JR時の国労潰しが結果的に社会党を潰した、あの中曽根政権のしたことを踏襲しているに過ぎないのではないか、とすら思えてしまう。だからこそ何でも労組を批判するんじゃないかと、皮肉を少々。

あ、その政治家は「閉じたブログ」開いてます。じゃブログにしなきゃいいのにね :P 都合のいいときだけネットを開いて、いいたいことだけ書いたらはいさらば。そういう人物をネットで持ち上げてるのもどうかと思うんだけどね。

2007/10/09

Permalink 17:31:19, カテゴリ: 政治・経済  

大阪市の保育園に見る民営化の功罪。

知人と話していて耳にしたこと。
大阪市の保育園が民営化され、その保育園は今年度から(社福)なみはや福祉会に委託されたそうだ。
そこで起こったこと。

園児に絵を描かせて、回収するだけ。
園児にケガがあっても、出血していても(爪がはがれるという事象)事実を把握していない。
その事実に気付かず、数時間放置する。
ケガについて時間毎に担当があって申し送りされていないのは、園の責任ではなく、あくまでも担当者の責任。
園児の監督も十分行わず、放置する局面も結構ある様子。

こんな事象も…
シリカゲルが教室に何故が落ちていて、それを園児が誤飲。
しかも誤飲したところを保育士は見ておらず。
さらに責任を問われると「他の園児が食べさせようとした」とねつ造。
管理当局への報告をしなければならないので「父母全般への連絡は1ヶ月遅れる」。
報告なんてされているんだかどうだか。
(10/10追記)

これらのことは公営である間はなかったそう。
しかも、園児が保育園の先生の絵や話題をすることもたった半年でほとんど無くなっていると、その親の言葉。
複数年保育を受けているというのに。

実際、2005年に塚本保育所で1人の園児が園から抜け出した事実に親が迎えに来るまで気付かなかったという「事故」も発生していながら、民営化が粛々と進められています。
この保育園で起こっている事故も実際には民営化推進の名の下に隠されているのかも知れません。

なにしろこの団体は…前身が昭和45年設立の財団法人大阪保育事業団。平成9年に現名称に変更。
しかも大阪市の基準によると外郭団体とはならないそうだけど、元職員の採用、大阪市立社会福祉センター内に事務所を構えていること…これは実は他の保育園の委託団体の社会福祉法人みおつくし福祉会と同じ住所。
つまり事実上の外郭団体ではないかと思われる。

要するに大阪の関連団体に委託し、天下り先を確保。しかも保育士のコストを下げ、その差額は…? 実際には全く待機児童の解消に繋がっていないのに、北区選出のこの自民党議員はブログで>こんなこと<を書いている。他の記事を見ても建設・建築関連ばかり。要するに彼が何で実績を訴えなければいけないか(そしてその利権は…)ということを考えなきゃならない。

公営で出来ないものが民営で出来るというのは幻想で、実は議会の役所の管理監督責任の放棄だということではないのか、と思うのだけど、民営化がさもいいことのように誤解している人が多い。組織という点では同じではないのか?と思う。
それをすり替えて自分の責任を回避して居る人がここにもいるのでしょう。

Permalink 16:20:41, カテゴリ: 政治・経済  

それでは、どうするのか?

先のエントリーで拉致問題に関して少し言及したのだけど、それなら日本にとって実益になるのはどのような方法があるかと考えたときに、単純に言えば2つの方法しかない。

・その国の体制を急激に崩壊させてしまう か
・その国を穏和にして、開放路線を取らせる か。

前者の急激な崩壊をもくろむのであれば、原則論から言えば内政干渉になるので、それこそ水面下で行うのが得策で、ある程度の距離感を於いて善処すると見せて、実際には法律面以外で厳格に取り締まる。外為法などを厳格運用して、その国への送金手段が限定してしまう、等の方法がある。

ただ公にするのであれば、その構図が他国からも見えるし、他国と協調的に実施しないのであれば、実施する国が孤立化する可能性もある。残念ながら今のこの国は後者の姿勢で、中途半端に対策を誇示することによって逆に自国に不利になっているように感じます。

逆に言えばあえてそうする理由があるのでしょう、としか小生には考えられません。

後者の施策をとるのであれば、中国が実施した政策転換をどうさせるのかということにもなりますし、年数も中国がそうだったように20年、30年かかるものです。これでは拉致問題の早期解決は難しいのも確かです。

それでは拉致問題が難しくなった理由はと言えば一点で、結局その問題に対して何もしてこなかった警察と監督官庁、つまり政府の責任です。ただ、それを全くもって転嫁して、政府の得点にしてしまった。

これで誰も責任を取らないシステムが出来てしまった、とも言える訳です。
あえて言えば被害者のみが責任を取るシステムが出来た、とも言えます。
声高に制裁をと述べた人にも、上記に述べた理由で、部分責任があるとも思います。

あくまでも個人的な見解ですが、政治とはそういうものだと思います。

2007/10/08

Permalink 23:59:02, カテゴリ: 政治・経済  

拉致問題で見失ったもの。

先日の韓国ー北朝鮮首脳会談で、金正日将軍が盧武鉉大統領に「拉致日本人はこれ以上いない」と語ったとのことがニュースになっています。また多分拉致被害に遭った人は、北は事実を隠すと言って、拉致問題解決を言うのでしょう。それは拉致自体は悪いことで非難すべきことですが、政治というのはそういうものではないというのも、残念ながら事実でしょう。

以下は仮定ですので、あくまでもその上で聞いてください。

実際に拉致をしている国を仮定します。その国はいくつかの国からも実際にはスパイ活動を行うために拉致をしていたとします。ただ、その国は内向きには自分の国が正しく、いつも必ず勝利すると叫び続けているとしましょう。そして体制に対して反対することが公に許されないとしましょう。

なら、公的にその国が拉致していることを認めることが、その国内統治に影響を与えないとお思いでしょうか?
そして、そういう状況でなぜ、恐らく一部の人間の拉致を認め、公表し、結果的に帰国させることを許さざるをえなかったのでしょうか?

理由は(以前からご覧の方にはおわかりでしょうが)一つしか考えられません。
体制の中枢に居る人間を「拉致」し「人質にとった」からです。
もちろんカギ括弧付なのは理由があります。現実には「不法入国した」4人を「メンツを立てて送還した」に過ぎないからです。ただ結果的にはその国には同じこと。

だから問題なさそうな数人の拉致を認めたということ。
そうでもなければ、なぜ拉致を認めるようなことをするのだろうか、ということです。

ただ、その後の対応について対応国は失敗をした。
さらなるその国の内部批判になる拉致被害者の公開を求めた訳。
それらを公開するとその国の体面に関わってくる問題でどんどん問題が拡がってくる。
そんな国家の根幹に関わってくる問題を認めるようなことを、食料だけを理由に行うのかどうか。国民が食えなくても体制を守れさえすればいい、と言う行動は、どこかの国も「国体護持」の下たった70年前に行ったことをお忘れか。

退路を断つと、その内ABCD包囲網のようなことを言い、自衛のための戦争をさせるかも知れない。
ところがその退路を自分の国であったことを忘れたその国は絶ちたがっている。それ一色にする理由は1つしかない。
国民に見える敵を作って、何かを誤解させようとするということ。

アメリカでもソ連がなくなれば、イスラム原理主義を敵にして、問題の本質(石油利権と米ドルの地位の確保)をぼかしているわけで、日本にしても内政の問題をぼかして、敵を作ることによって国民全体を「ある一方向」に向けようとしている側面がある。それが憲法改定・集団的自衛権問題。でもこれも背景にはアメリカが日本軍を自由に使いたいということがある。自らの利権のために。

それをぼかすためにはいつまでも北朝鮮は日本の敵でなくてはならないから、拉致被害者は帰ってくる筈もないし、その中でアメリカは北朝鮮を壊さないように維持させる。

それが結構核心じゃないのかな、と思うのだけど。
そして判っていて解決する筈のない拉致被害者問題に「取り組んでいる」。

踊らされているのは誰なのか、と言う気がしてしまうのだ。

Permalink 23:19:49, カテゴリ: Mike + Mechanics  

Treo750の不調にしたこと。

先日来、Treo750の調子がおかしかったのです。というのも「0」のキーだけ反応が悪いのです。キーを「上から」押せば認識するのですが「下から」押すと反応しないという始末。ただその横のシフトキーとスペースバーは全く持って順調な動作。従ってキーのメンブレン…つまりボタンの下のゴムの接点がおかしくなっているのではないか、と推定しました。

ただこの機械、ねじがすべてトルクスねじ(六角星形ねじ)なのでたちが悪い…コーナンでドライバーを買ってきて、早速Treoを分解…。

なんとかかんとかでキーボード裏までたどり着くと、あ、なるほど…
キーの裏のゴム接点と認識部の間に、うちの極めて細い髪の毛の持ち主…小ちびの髪の毛が何故か入り込んでいたのでです。ちょうどその間に。

そら、ちゃんと反応する訳はありませんわね。
取り除いて組み立ててねじ締め直して終了。
しっかりキーも反応するようになりました。

まあ、いろんな経験が奏功させるものは多いってことでしょうか。

2007/10/07

Permalink 10:12:58, カテゴリ: 雑談(Hard)  

阪神高速へ以下の意見をメールしました。

9/22のエントリー<に由来して以下のメールを阪神高速に送付しました。
もちろん返答はありませんが、今後意図的に阪神高速株式会社がホームページ記載内容を改竄する可能性があると判断し、オープンレターとします。

ーーーー

1)現行特定区間料金の徴収自体、不要であることを示している。

以前ETCでのコスト管理について、料金徴収だけで250円程度のコストと考えている旨の記事を目にしたことがあり、現行案でも最低400円からの設定ということであること。またETC自体が人を介した徴収に関するコスト減を目的として導入したと過去説明していたこと。以上より、現行でも料金徴収自体にそれと同等のコストがかかっていると考えざるを得ません。

その点で、現行の200円以下の特定区間については、現状、徴収することによって「赤字を増やしている」業務であって、この案でということであれば、
・即座に現行特定区間は無料化すべき。徴収のコストが上回るため
・あるいは特定区間に対応する料金構成にすべき
ではないでしょうか。矛盾しています。

2)東・南・西の距離別運賃性に於いても別計算としていること。

御社サイトの料金についてのQ&Aの記載と完全に矛盾しています。

>(2) 複数の料金圏を連続して利用する自動車の平均的な利用距離と一つの料金圏のみを利用する自動車の平均的な利用距離との長短による不公平が生じないようにする必要があること、

完全距離別料金制を敷くことによって、不公平は本来生じない筈ですが、現行料金を追認する料金体系を取ることによって、実際には走行距離との間に著しい不公平を生じます。また複数の料金収受コストを利用者が負担することになり、より不公平になります。

>(3) 阪神南線は阪神東線のネットワークから突出した単一路線であり、阪神東線に取り込んだ場合、60kmを超える長距離帯の利用交通も見込まれ、利用距離に著しい長短が生じ、受益と負担のバランスを欠くこと、

これも同様であり、距離別料金制であれば長距離利用だから不公平ということはありえないにも関わらず、距離に関わらない「徴収コストの二重取り」をもくろんでいるように思います。本来、このETC利用コストは、将来的な人減らしにともなるコスト削減のためのもので、本来は利用者がETC使用するとしても、客に負担させるということは民間企業ではあり得ないことです。それを全て利用者負担にして、更に租税負担か利用者負担かという異常な説明をサイト上でされていることは。名前だけ株式会社になった公団としか言い様がありません。

3)参考の料金区間を市中心部に設定し、見かけ上負担が増えないと誤解させていること。

実際に一般の利用者の場合、区間の長い部分を走る場合に高速を使うことが多いと思われます。よって、各区間の端に近い部分(例えば武庫川、守口、大浜)などの流入量はかなり多いように思います。

にも関わらず、それらではなく、中心部からで提示しているのは、あくまでも負担が変わらないと誤解させるためのものです。

そもそもETCであるのですから、いわゆるピークロードプライシング(混雑する場合は超過料金をかける制度)が可能であり、特に平日の環状線通過車両に対して高額にするなど、需要が最高になる部分に合わせて作った施設の使用は、その受益者に本来は負担させるべきです。

それをしないのはあえて企業ユーザーのみに利益を与え、家庭ユーザーから費用徴収しようという受益者負担の原則から外れるものです。それについてこの案は全く検討しておらず、また理事会にも家庭ユーザー目線の参加者は一切初めから除外され、議事録も掲載されないなど恣意的な運用を行っています。これらは全く理解できません。

4)提案
ETCである以上、原理原則は以下の通りとすべきであると思います。

・距離依存の料金であるなら、収受コストは現行の特定区間を設定し、乗り継ぎの場合を除いて、全て阪神高速と名前のつく区間については、片道1回のみの徴収とすべき。よって、初乗りは少なくとも150円以下と設定すべき。

・東・西・南の区間別料金制はバリア毎の職員の雇用維持目的であり、容認できない。区間別は一切撤廃すべき。その上で料金設定をすべき。(但し現金利用はこの対象から除かれるべき)

・人件費削減の手段であるので、現行料金と同等の設定ではなく、基本的に現行料金以下とすべき。但し混雑状況によって、以下のような料金の過剰徴収は可能と考える。
 ー環状線の1つ手前の降り口以内に進入する車両については、2割程度の割り増し料金を徴収する。
 ー平日朝8時~9時に高速上にいる車両には2割程度の割り増し料金を設定する。(いわゆる交通論で言うピークロードプライシングの徹底)
 ー深夜等については一定の割引料金とする。
 ー端から乗っても現行の料金より通常料金時間帯に乗る場合は基本的に負担を増やさない。多くても2割程度の割り増しに納める。

これら可能な限り阪神高速側の負担がないと、とても容認できるものではなく、単に増税するだけの政府となんらかわりはありません。これらの発表を堂々とできるその神経を疑うとともに再考を求めるものです。

●送信日時:2007/10/02 15:50:20

2007/10/05

Permalink 23:17:57, カテゴリ: スポーツ(野球)  

日頃の行いが悪いと…

姉が連れて行けと珍しく言うので、予約したプレリザーブ…。
1口のみで…

あっさり当選。
ダイナースに頼んでる分、どうなるんだろうなぁ… XX(

10月 2007
<< < 現在 > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog @ Wolfy on the road.

2008/7/15を以て、wolfy.usに移転しました

内容によって、Side A - Side Bに分けています。2006/5 -2008/7/15のエントリーがご覧いただけます。両方ご覧になりたい方は当所をご登録ください。

bjリーグ・バスケット関係は2007/8より移転(スピンオフ)しています。→>evess.net<まで

携帯用URLは>こちら

メールでのお問い合わせ、ご連絡は>ここ<に掲載しております。トラックバック希望、コメント不受理で掲載希望の場合も内容を上記アドレスまでお送りください。このメールアドレスへのメールについては個人情報の保護を行いますが、「非公開」と明示されない限り、当方にハンドル名およびメール内容の取扱等権利を全て委託したものとします。>取扱規程

なお、コメントにはメールアドレスが必要です。コメントからフォームによるメール機能が付加されましたが、現在はスキンを固定しているため機能は利用できません。サイト上にはメールアドレスは表示されません。

本BlogではTB・コメントは契約です。著作権の2次利用を除く使用権・編集権の一切をご提供いただき、 代償として個人情報の保護を行います。但し広告に類する行為(1/3以上が広告・誘引である)と当方が判断した場合は、 広告費用に対する債務、調査権の行使に同意したものと見なします。

推奨フォントは「メイリオKE Pゴシック」ないし「UIゴシック」です。Googleで探してみてください…

検索

過去ログ

いろいろ

このブログの配信

XML What is this?

powered by
b2evolution