アーカイブ: 9月 2006

2006/09/30

Permalink 07:40:56, カテゴリ: 雑談(日常), 旅行/飛行機  

熊本: 和数寄 司館など…

28日午前の移動、だらだらしたフレッシュネスバーガーでの昼食の後、ホテルに荷物を置きに行き、お仕事に。あ、名古屋でネクタイ忘れた…。ということで鶴屋百貨店でお買い物。

くまもと阪神も見ましたが、地元の鶴屋さんは価格も手ごろで良い商品もあって、強さがわかりました。ただ菓子類で気を引くのは「阪神系列」の傾向で、それもわかりましたよ…。

町を歩いているとこんな標識が…

うへえ、「医師会関係車両は除外」ですか。指示書などもないだろうから、この地域でのこの業界の「特殊性」が分かろうもの。実際隣接の大学病院もでかいものね…。

仕事を終わってホテルへ。地図みたら未だに「司ホテル」と書いてあるものも存在するのですが…旅館の名前は表題の通りになっています。

チェックイン。1泊素泊まり8,000円なのですが…

こんな感じ。ベッドも実はキングサイズとクイーンの2台。硬質ウレタンの点で支えるタイプのマットで、気持ち良く眠れました。まあ、8,800円で「40分マッサージ付」のプランだったからですが。

お嬢さんが来たので強さがどうかなと思ったのですが、もう少し強烈な方がよかったかな。ちょっと「そっち系」だったらどうしようかと思ったのですが、杞憂で良かったです。;)

内風呂もあるのですが、大浴場に2回入って、900円で岩盤浴もあるのですが、大浴場が空いてたので、そっちでのんびりしてしまいました。空の冷蔵庫もあるので、とても便利。奥には4畳の座敷。これだけ部屋が広いとゆっくりできますよね。

LANが無いのだけが問題という感じでしょうか。
概ね出張旅費のホテル代も(場所によって固定費用ではなくて)実費精算傾向にありますから、ある程度の金額である程度のサービスというこういう展開も旅館やビジネスホテルにはありという感じですね。

8時間寝て、おきたら(珍しく)目やにだらけだったので、ああ、おっさんだなぁと自分を実感しましたね:P

2006/09/28

Permalink 11:29:28, カテゴリ: 雑談(日常), 旅行/飛行機  

JAL:ICカードを忘れたらどうするか。

さて本日は熊本へ。名鉄の快速特急に乗るとほぼ満席。06:30発だよ…全く。

ところで今日の搭乗には懸念事項がありました。というのも、自宅にICカード・マイレージカードを忘れてきたのです。知れ知れとICチェックインをしてから、仕様がないから空港へ向かった次第。

空港に着くと、発券カウンターで身分証明書(写真付きの公的証明書)を提出し、「もうしません、もうしません…」と50回書かされる…筈はなく、「航空券受領確認書」にサインし、航空券を発券してもらう、という手順になっています。

なんだかんだでチェックイン完了まで20分を費やし、ゲートに行ってみると…

なんだかやな予感。
結局機材の再チェックで15分程ディレイ。

この便にわざわざ乗った理由は…。

JALの737に10月から「クラスJ」が投入されますが、9月中は導入済み機材でもマイレージ上級会員はこの「プレ・クラスJ」サービスを無料で受けることができるから。

飛び立つ前からずっと寝てましたね。
しかしJEXはフリルレスを歌い文句にしているので、機内音楽サービス・新聞サービスがないというのはいいんですが、少々振る舞いとか言葉の「アティチュード」が低いのが気になりました。

まあ、なんだかんだでバスに乗り、バスセンターから熊本城を覗きながら、とぼとぼとフレッシュネスバーガーで朝10時半からこんなもの食ってます。

健康的ですね:roll:

Permalink 07:46:46, カテゴリ: スポーツ(野球)  

D 6-3 YB (9/28): 打撃不振を拾った試合。

出張中に同僚の希望でナゴヤドームでドラゴンズ×ベイスターズ戦を見ることに。4枚でこの位置で11,000円だったのでまあまあでしょうか。とにかくセリーグは高いですね。

試合はD先発マルティネスは球が走らず、YB先発三浦は枠周辺に球が行かないという長時間試合必至の試合でした。実際ちびちび点を取り合いますが、Dは打棒不振が深刻で、いつまでも捕まえきれません。

ブレークスルーは森野の内角ベルトに来た球を回転でライトスタンドに運ぶホームランで3-3に追いついた時点で勝負ありでした。その前後からカーブがコースに来ない三浦に対する相川のリードが単調きわまりなく、さすがのDも変化に対応します。

しかし6-3からカサにかかれず、7人の投手をつぎ込む様は、甲子園の3連戦に禍根を残しました。打棒の不振さも分かろうものですが、3点リードで安全圏に見えるところは強みですね。まあ、「この回終わってDも追加点が取れそうにないし、YBも消沈するだろう、"交通事故"待ち」と言っていた小生も小生ですけど、その通り運ぶ試合も試合で。

ハラハラ平井君は健在でした。もう胴上げから11年なんですねぇ。軽く振って当たるとセンター奥(中飛)でしたからね。

球場横に大きな大きなイオンショッピングセンターが出来ていたので驚きました。食べ物は…種類は多いけど、とても電子レンジチックなのはしようがないというか、セリーグのイベントのない、淡々と試合が始まってしまう様にも似ている印象がありますね。

まあ、野球がまだ「ごちそう」であると思われているだけ幸せなのでしょうね。

2006/09/27

Permalink 00:45:12, カテゴリ: スポーツ(バスケット/bj)  

大阪 87-80 サムスン:大きな会場と運営(9/25)

もう一昨日になりますが、15:30に東京本社を出て、飛んで帰って何とか18:40に会場潜入成功。いや、潜入しに行った訳じゃないですよ、もちろん。

試合は1Qで最大16点差ついた位で、序盤はサムスン・サンダースのシュートの精度が悪く、2人の外国籍選手の動きも悪く、一方のエヴェッサが10-44-33-50が揃っていれば盤石、という感じ。ただこの日は外国籍選手同時出場3名枠があったため、アメリカ人4人のセットはありませんでした。

2Qに佐藤(ヒロ)と斉藤(タスク)両選手が出始めて、その内外国籍選手を2人にし始めた辺りから、コート支配が悪くなりはじめました。また10-31-44-33-50に戻してもとのリズムに戻し再逆転を3Qから繰り返し、4Qには完全にコントロール。

ヒロはたまに相手センターとのマッチアップが上手く行っていたものの、攻撃時のゴール下の動きが単調、もう2歩位かな? 頑張ってという感じ。

タスクはアウトサイドでの動きでまずまずの感じ。チェンジ・オブ・ペースでの出場時間がありそう。中村(チョモ)が意外と動いて、守備で存在感を去年以上に示していたのが印象的ではあったけど、2分2ファールがいつもの感たっぷり。でも進歩は進歩。

城宝の腰の感じは良くなっているようで安心。3Pは3/4と存在感。ただ外した一本は構えた瞬間に外れるとわかるそれだったのがちょっと気になりました。波多野(J)はアメリカ人にマーク集中した時の存在感を示し、リバウンドも良いし、今年は得点も獲れそうな感じ。bj始まってインサイドで活躍する日本人としては、より強い存在感になりそう。石橋さんはチェンジ・オブ・ペースとしての機能は相変わらず。

アメリカ人選手は、依然として強い存在感だけど、ロティックは少々興奮しすぎ感があって心配。逆にニュートンの動きが良かったのは、故障も癒えたのか、少し減量に成功した感があるからか。ワシントンは存在感たっぷりだし、パルマーは6thマンとして機能するであろう安心感がありました。

さて、運営。

大阪中央体育館の開放感は抜群で、明るさも有明の後だけに客席も明るく感じました。ただこの日はアリーナ席での飲食禁止の設定。でも常連さんで飲食している人もちらほら。ん、それはどうかと思うぞ…。でも飲食できないのは子供連れでもつらいよ…なんとかお願いしますよ>大阪市

この日の観戦位置はこんなところで1階席のベンチ逆側正面2列目。ライブ感があるのですが、段差がなく、列毎に座席を半列ずらすという発想が日本にはなかなかありませんから、しようがないのですが。

しかし…この席は

こんな感じで増席されていた席でした。実際に小生が購入したSA席の位置から見ると…

こういう感じですね。(座席写真はすべて38mm相当で撮影)ちょっと遠いですね…。この席が大体3列目の目線で一番SS寄りから撮影したものです。

ちなみにこの日はゴール裏にも…

こういった感じで増席されていましたが、シーズン中は仮設ではない可動席を出して使用しますので…

こんなに遠いところになります。これがSC席の1列目相当になります。

実際これら仮設席のところに「何もない」状況で試合を行うのは難しいと思うのですよね。仮設席を設置(2列毎に1段上げる)して、実際の可動席の前から2~3列目には客入れしない方が余程良いと思うのですが…。

いずれにせよ実際の対応は2007/2/24(大阪中央初戦、対新潟)に分かることになります。

また、この日はチームファウル4つ目の後、そのまま「4」で放置していたため、5ファウルの時にフリースローを与え損ねかけることが2回ありました。テーブルオフィシャルがリセットされてしまったような印象がありました。すいません、1回は私が叫んで2ショットにさせました。:)) 機械も「8ファウル(前後半制)」のものを使用していたから、ということもあるでしょうが、再教育が必要ですね。

レフェリングは前半は少しひどかったですね。意図的にクロスゲームにしようと「韓国の審判」が頑張っていた印象はありました。後半直ったので良かったのですが、つまらない「差別用語」わざわざ予告して吐くなよな…>嫁 多少げんなり。

会場の音響は少し響きすぎ感があって、1階席では聞き取りにくいことがありました。音量の設定が難しい会場ではあると思います。また空間がありすぎるので、2階席の上の方では疎外感を感じてしまうかも知れません。ただ、この点は実はなみはやメインの方が問題が大きい構造なのですが。

なみはやサブや守口市民(2千強)のキャパシティではかなり熱狂的な感じになるのですが、この空間を埋めるものは、プレー自体と演出にももう少しスピードの強弱も含めてあった方がいいのかなと感じるのですが、どうでしょうか。でも良く頑張っていたようには思いますが。

あと、1階席からスコアの掲示板が見にくいという問題もありました。どこかに掲示を追加できないものでしょうか…。サブの電光掲示板も使っていないようでしたので。

頑張ってたと言えますが、あえて、「もうすこし頑張りましょう」を付けたい気分でした。
プレシーズン主催もあと2試合ありますし、調整しつついい試合を提供して欲しいものです。

頑張って欲しいといえば…

東京アパッチの社長になった東尾修さんも来場されていました。できるところの演出はマネしてもらって、あのより空虚な有明を少しでも華やかに、お客さんを集めるように努力していただきたいものです。

そう言えば女子バレー代表監督の柳本さんも来場されていたそうですが、嫁は目にすることがなかったことにいたく傷心でした。ええ、昔やっていたそうなので…。

2006/09/25

Permalink 18:04:26, カテゴリ: Cash, Credit or Debit?  

ダイナースプレミアム:家族会員の「色違い」発行不可。

先だっての返答が帰って参りました。
現在対応することができないとのことです。

なお、当方の懸念については「偽造」ではないかと、オペレータの方が仰っておりましたが、いえ、身の安全です、と申し上げておきました。

伝わると良いのですがね。;)

2006/09/24

Permalink 15:52:17, カテゴリ: 雑談(日常), Cash, Credit or Debit?  

ダイナースプレミアム:到着

電話から45分。サルサとトルティーヤチップスを食べながらビールを飲んでいると、ベルの音。出てみると…

「役所の方から来ました。幼児教育の…」
こういう「方」を使う衒いにロクなものはいない。
-身分証明書を提示いただけますか?

「どうして必要なんですか?」
あの…呼び鈴押す時点でそちらの理由のみで敷地に入るのですから、不法侵入ですよね?身分証明は最低限必須だと思うのですけど?まあ、そんな説明はしないけど。
-役所の「方」ということは、役所所属ではないですよね?

よく聞けば天理教だという。
宗教と投票を結びつける宗教は嫌いなので(ちなみにここは自民党の圧力団体)、「宗教はお断りしています」と言ってすごすごと帰っていただく。
身分詐称で暴れれば良かったかな。

…ああ、くだらない。もっと理詰めでいじれば良かったと思いながら、今度はバイクの音。家の前で止まる。覗くと郵政公社。待ってました!

2通の配達記録を受けとります。封書の色でカードの色も分かるんですね…。

リボカードも冗談(実際にはロスト時の補助)で作成していましたので、2通に分けて。大変ですね…。写真の通り思っていたほど黒々でなかったので安心。でも嫁は怖がっています。やっぱりねB)

また一般会員の会員番号「3695~」とプレミアム「3691~」の「~」の部分に因果関係は認められませんでした…見た目にはね。あと、プロパーカードの入会が06年なので、入会年から有効期限が始まるという妙なことになりました。有効期限右上
のXGってなんでしょうね、一体。

ベネフィットガイドなどは1週間更にかかるようですので、出張から帰ってこないと見ることは出来ないでしょうね。居ない間に着いて、勝手に開けるなよ>ちび(小)

頑張りましょう、いろいろとね。
その前にNWA-DNの解約を(お?)。

Permalink 14:42:04, カテゴリ: Cash, Credit or Debit?  

ダイナースプレミアム:家族カードを「一般の色で」は保留。

今日、届く予定だったのですが、今の時点で届いていないので、電話で問い合わせさせていただいたところ、今日配達予定であることを確認しました。

で、ついでに質問してみました。

1)複数のダイナースクラブカードを所有した場合の年会費。
プレミアムカードでも一般カードでも2枚目から規定の2,000円引きということです。

2)家族会員の色を「一般カード」で発行できるか。
セキュリティの理由と、嫁が「黒いカード怖い~XX(」というので聞いてみました。AXでは出来るらしいですし、多分SMBCでも無理言えばやってくれそうな気がしないでもない…。:p で結果は…明日まで保留。明日電話で回答してくれるそうです。

偶然録音通話に当たったので対応良かったのかな?というネタもありましたが。まあまあの対応でした。

2006/09/23

Permalink 21:02:18, カテゴリ: スポーツ(野球)  

Orioles: "Free The Birds"キャンペーン


"U Play So I Stay" "Free The Birds"
"Angelos has poisoned my team"

22日のボルティモアでのオリオールズの試合。4回途中で1,000人の観客が一斉に帰宅するという「事件」がありました。それにはもちろん理由がありました。

カムデンヤーズに球場を新築した直後はチームも強く、カル・リプケンJr.もいたと言うこともあったのですが、彼の引退直前からチームも弱くなり9年連続でプレーオフからも遠ざかり(ちなみにチーム最長です)、チケットが最も入手困難な球場から、最も空いた球場になってしまいました。

その中で、オーナーに「鳥(オリオールズ)を自由に」…つまりチームを売却しろ、もっとやる気のあるオーナーに譲れ、というファンの願いを形にしたキャンペーンでした。

内容は、このイベントに参加する観客は最も安い席のチケットを買い(内野上層スタンドを指す)、下層席を空席にした上で、プレー中に以下の「チャント」(コール)を行いました。

17時02分 グループが回りの客に"Cowboy Up"とコール。
※"Cowboy up" = To be strong and tough somewhat like cowboy = 我慢する。 耐え忍ぶ。
17時04分 ある程度のグループの人間が "Four More Minutes"(あと4分)とコール。
17時06分 グループの人間が"Nah nah nah nah, hey hey hey, good bye"と歌い出す
17時07分 場内で鳴るトランペット(の効果音)に合わせ"Charge!" とコール。
17時08分30秒 "Sell The Team!"(チームを売れ!)とコールを繰り返す。

そしてその後一斉に1,000人以上の観客が球場を後にしたといいます。

オーナーはこれに対して、アメリカンリーグ東地区では平均年俸は1.1~1.2億ドルであるのに、約7500万ドルで運営しているからこそ、入場料平均45ドルであるのに、22ドルで見ることができるんだとコメント。売却の意志についてはコメントをしていません。

また、チームの主力選手であるミゲル・テハダは、この行為を誇りに思うとし、チームやオーナーにもファンの意志は伝わっただろうととコメントしています。

実際、オリオールズはナショナルズが出来るまで、ワシントン特別区のチームでもありました。実際ワシントンポスト紙でも記事はオリオールズばかり。しかしナショナルズが出来、オーナーグループが強いチーム運営の意欲を見せているということもあり、オリオールズが地盤沈下した側面があるというのは事実でしょう。ただ、弱体化はそれ以前より始まっていたというのが現実です。

日本のどこかのチームとよく似た状況とも言えますがXX(、行為自体、およびワシントンポストでのこの行為への好意的な記事を見るにせよ、ファンの行動力とチームが自分たちの地元のものであるという日本との意識の違いを明確に感じるところでもあります。

どこかのチームはもう戻ってはこないでしょうが…
「登記上の本拠」を失う最終戦であっても声を上げる観客もいないでしょうし。
来るべき結論だったのかも知れません。

2006/09/22

Permalink 21:45:43, カテゴリ: Mas Musica  

Red Hot Chili Peppers "The Power Of Equality" (1991)

2年目のbjリーグのプレシーズンが始まろうとしています。大阪でも月曜にサムスンとの試合で幕開け。そういえば昨年はピリオドの間に Red Hot Chili Peppersのデビューアルバムが延々とかかっているのがおもしろくありました。"Blass Monkey"なんて大麻の歌、ずっとかけてていいのか?:)って感じで。

彼らの曲で一番印象に残っているのは、この91年の"Blood Sugar Sex Magik"の1曲目に入っていたこの曲です。シングルカットはしなかったんじゃないかな? 異常にパワフルな曲で、内容ももとより、今のこの国に欠けてるものを感じます。

"My name is peace, this is my hour."なんてグッと来るフレーズですよ。更にこれが続く訳ですから。
「未だあるべき姿ではない平等の力、自分の中空の木を満たすような、平等の力」

…しかし、このバンド捕まえてこう言っちゃいけないよ。
「鷹の爪団」って。:.


I've got a soul that cannot sleep
At night when something just ain't right
Blood red but without sight
Exploding egos in the night
Mix like sticks Of dynamite
Red black or white, this is my fight
Come on courage, let's be heard
Turn feelings into words
American equality has always been sour
An attitude I would like to devour
My name is peace, this is my hour
Can I get just a little bit of power

The power of equality
Is not yet what it ought to be (ought to be)
It fills me up like a hollow tree (hollow tree)
The power of equality

Right or wrong, my song is strong
You don't like it, get along
Say what I want, do what I can
Death to the message of the Klu Klux Klan
I don't buy supremacy
media chief, you menace me
The people you say 'cause all the crime
Wake up motherfucker and smell the slime
Blackest anger, whitest fear
Can you hear me, am I clear
My name is peace, this is my hour
Can I get just a little bit of power

The power of equality
Is not yet what it ought to be (ought to be)
It fills me up like a hollow tree (hollow tree)
The power of equality

I've got tapes, I've got CD's
I've got my public enemy
My lilly white ass is tickled pink
When I listen to the music that makes me think
Not another motherfuckin' politician
Doin' nothin' but something for his own ambition
Never touch, the sound we make
Soul sacred love vows that we take
To create straight what is true
Yo he's with me and what I do
My name is peace, this is my hour
Can I get just a little bit of power

The power of equality
Is not yet what it ought to be (ought to be)
It fills me up like a hollow tree (hollow tree)
The power of equality

Madder than a motherfucker, lick my finger
Can't forget 'cause the memory lingers
Count 'em off quick little piccadilly sickness
Take me to the hick, eat my thickness
I've got a welt from the bible belt
Dealing with the hand that I've been dealt
Sitting in the grip of a killing fist
Giving up blood just to exist
Rub me wrong and I get pissed
No I cannot get to this
People in pain I do not dig it
Change of brain for Mr Bigot

Little brother do you hear me
Have a heart oh come get near me
Misery is not my friend
But I'll break before I bend
What I see is insanity
Whatever happened to humanity
Whatever happened to humanity
Whatever happened to humanity

Link - >YouTube

Permalink 20:42:04, カテゴリ: Jobs/ Life's rich pagent  

世間の嘗め方が違う話。

昨日、予想通りロト6は2つ当たりすらなく終了。
で、今日、違った世間の「嘗め方」が。

…「行方」と変換された時にはどうしてやろうかと0.05秒程考えてしまったのだけども。

10月から担当課長的役職から、世間で言う「次長」職に。
とは言え2人組ですけどね:p

給料あがるのかなぁ…って、いつ更改だっけ?
しかし主任待遇の前社からすばらしいステップアップ。
有り難いことです。
まあ、やる気出さしてくれる大阪の上司に恵まれておる訳です。
有り難や有り難や。

今度は空港のアメックスデスクで勧誘されたら、係員いじめようかな:))

2006/09/21

Permalink 13:57:02, カテゴリ: 旅行/飛行機, Cash, Credit or Debit?  

ダイナースプレミアム:オンラインでの発行確認と、チケットレスの処遇。

ということで9/15夕刻に申込書を投函して6日目。本日午後、ダイナースクラブのオンラインサイト「サイバーアヴェニュー」にて、小生の「プレミアムカード」が表示されました。

時系列的にはこう言った流れです。

9/15 18:00 投函
9/17 東京着
9/18 実質審査(というよりも手続)開始
9/20 発行確定を確認。
9/21 13:30 「サイバーアヴェニュー」表示。
9/22 発送(もしくは21日発送、22日着)

1週間でお手元へ、ということですかね。

ただ、チケットレスで購入した国内航空券について問題が残ります。

領収書や搭乗券を発行するとした場合には、購入したクレジットカードが必要ですが、これについてはJALの場合、クレジットカード番号を確認するという手順が必要になります。この際、決して承認等を取るわけではないことをJALより確認しております。

これを行わない場合、新規カードでの再購入→旧カードチケットレス購入分の「不使用」確認→新規カード購入分の払い戻し という処置になりますので、かえってチケットレス決済すると面倒なことになるわけです。(2005年時点、本年中の確認は行っておりません。ご注意ください)

ただ、規約上、新規カードが発行された場合、既存カードを廃棄することが条件となりますので、最後のチケットレス発券10/14まで、現在のクレジットカード(ダイナース・プロパー)を持っていていいかを確認しました。

実際のところ、承認を取るなどの誤解があったため、シティカードの方でも混乱したようですが、結論から言えば「所持して良い」との承認を得ました。ただ新カード発行後2週間で既存カードの決済はできなくなるとのことでした。アップグレード/ダウングレードの際には一度受け取りに失敗して返送されてしまうと、問題が発生するということになりますね。

一応規約上の問題ですので、個別にデスクに既存カードの継続所持に関して了承を取っておくことは必須かと思います。

2006/09/20

Permalink 21:11:26, カテゴリ: 雑談(日常), Cash, Credit or Debit?  

A fumble recovery.

なんで、大阪に帰る筈なのに、東京行きのバスに乗っているんだろう?
まあ、よくある話(ではないと思うが)。顛末はこうである。

今日は名古屋→浜松。まあいろいろ理由があって、バスで移動することにした。小生はJR東海が嫌いで、嫌いな理由を挙げれば15分くらい演説ができるのだけれども、要するに新幹線決済にクレジットを最後まで使わせなかったあげく、公共料金にもかかわらず、自社クレジット決済と他社とでサービスを分けた、いわゆる「エクスプレス予約」は一物二価であり、公共サービスを供給する会社としてはどうなんだ?という最も大きな問題を放置し続けているからである。会員制なら、すべてのクレジットで同額で良いと思うのだが。

まあ、それはさておき、バスの旅はすばらしいものだ。何しろレッグレストにフットレスト、フルリクライニング。時間がかかると言っても、高速の近くの出先で、新幹線に乗ったところで更に数十分路線バスにゆられることを考えると、こんないい物はない。更にJR在来線より安く、空いてるとなれば利用しない手はない。

ところがこの二階建てバスは、一階の通路が恐ろしく狭いのだ。二階の開放感と雲泥の差。プレミアムバスが一階をベッドにした理由が分かろうもの。降車の時は地獄のようなもの。両手に花ならぬ荷物、まるでサッチャーが政権を取った時の保守党のTVCMのようなものだ(と言っても覚えている人は少なかろう)。

そうして急いで降りようとしたときに、例の近鉄特急の時と同じことをしてしまった訳だ。「財布をポケットからファンブル」してしまったのだ。

よく考えて見ると、昨日23時にホテルに着いて、寝たのは2時半頃。起きたのは6時半。それからだらだらと仕事…というかデスクワーク。机の大きい部屋は仕事がしやすい、外野の目もないし。鼻くそほじりながらでも問題はないし、まあしないけど…めったに。寝てない状況は2日も続けば、いろいろと問題は起こるもの。大体一つの事だけを考えることができないたちで、頭に空間があるだけでその隙間に違うことを考えたがる性分だ。まるで「あなたのCPUの空き時間でボランティア」のような事を実際に頭で行っている訳で、悪いときにはそれが3つか4つ平行して走る。調子に乗っているのだ。事実3つ以上にになると何かが起こる。しかも…CPUの温度が「上昇しやすい」局面では余計に。背広の上も危うく忘れかけたし。

降りて気付いて、電話で「リカバー」をバス会社に要求すると、40分後に「リターンTD」を免れたことを知る。しかし大きなターンオーバーであったらしい。リターナーは「静岡IC」でタッチラインを割ったらしい。更には現金が入っているので、取りに来てもらう以外、渡せる方法が無いという。それなら現金書留で送ってくれればいいのに。大体財布に現金が入っていないというのはあり得ないだろうに。

やむを得ず同僚に少々のお金を借り、一時間待ったあげく費用と時間という「ダウン」を進行させられた上、50km程の「罰退」を余儀なくされる。まあ、ぼーっとしているより仕様がない。

ただ運が良いことに、浜松から大阪まで購入していた新幹線の切符の指定席、既に出発時間を過ぎていたにもかかわらず、なぜか乗車変更処理のみの差額支払いですんでしまった。指摘するのが遅れてしまったので後の祭りなのだが、見習い君であったことが幸いしたのだろう。実際後で記録を見ても時間逆行処理をしたことは分かるまい。それじゃあ彼の経験にならないってことでもあるから、勉強代にもならないという問題でもあるのだけれど。

そういう訳で述べ4,000円程をかけたサイドトリップは終了。無事エンドラインまでかけ抜けられることを切望しつつ、「ひかり」は名古屋に向かっている。まあ、地震などで「ブリッツ」をかけられようとも、一部をダイナースで支払っているから、最悪1億は払ってくれるだろうし。それにバス会社の社員の皆さんもきわめて1つを除いて適切でフレンドリーな対応をしていただけたし、それは十二分なことで、気分を良くするにはあまりある物だった。

そういえば、例のダイナースの「黒い奴」、22日にも発送されるという。世の中おそれを知らないこともあるものだ。せいぜい、一緒に帰ってきたロト6まで世間を嘗めたような結果を出さないことを祈っておこう。嘗めてくれればしめたものなのは言うまでもないけれども。

Permalink 09:59:45, カテゴリ: 雑談(日常)  

思索すること。

昨日から出張中。以前記載したような経緯にて、名古屋のホテルにてメール対応など。LANは便利。まあ無くてもHOTSPOTに行けばいいんだけどね。

ホテルの朝飯を食べながら、10年ほどこの国にいなければ、いつからこの国は豆腐をスプーンで食べるようになったのかと自問自答してしまうだろうなと考えながら、昔のことを思い出す。

今でさえ、自分が話す速度より3倍位速く言葉が出てきて(注;油断すると1分で150~200語程度話すことがある)、置き去りにされた言葉が迷子になることがあるというだけれど、昔はそれどころではなくて、二言三言話しただけで、原稿用紙1枚半分位のバッファを頭の中にため込んで、それをどう圧縮するか悩んでいた頃を思えば、この人の脳も老化しているんだなぁ、と納得してしまう。まあ、未だに要約するを得ず、理解できる人に通訳を任せてしまうことは珍しくないのだけれど。

それだけ遅くなってしまった理由を考えると、単純にそう言った朝ご飯を食べながら考えているようなことが少なくなってしまったからだろうという結論に落ち着いた。要するに考えずに反射的に生活しているということ。生産的ではないよね。

当然他の人がその辺りのキレイな言葉で言うところの「言葉を紡ぎ出す」行為を行っているのかを知る由もないけれど、自分に関しては脳の中で何かがフラッシュした瞬間に言語が映像で展開され、それを言語化しているような作業。時には文字が映像で出てくるのでタチが悪い。概ね本を読むときも映像で読んでいるといった方が良いのかも知れない。そのときの脳波を解析すれば、変人扱いされるかも知れないねと思うのだけれど。

そんな事を考えていた朝。
11:00アウトなので、それからブラブラと名古屋駅にでも向かうかと、半袖半パンで。電車の中で着替えちゃえばいいでしょなんて考えつつ。

2006/09/18

Permalink 10:14:33, カテゴリ: 政治・経済  

為替実効レートが示す、失われた「20年」。

先日、新生銀行からのメールマガジンにこういうことが記載されていた。「実効為替レートで見ると円安傾向継続」まあ、これだけでは普通の人はどういうことか理解できないだろうと思います。

例えば円はドル相場に関して10%程度の変動を名目上しているけれども、実際に今年3年ぶりにアメリカに行って感じたことは物価の上昇傾向。スーパーマーケットや衣服を買おうとしたときに特に顕著に感じました。それもそのはず、アメリカは恒常的に3~4%/年のインフレなのです。その一方この3年ではまだ日本は物価上昇率はむしろマイナス。で、為替レートが同じということは、日本円の実質的な価値は10%低下していると言えるのです。

ユーロやカナダドルに対しては、これら国の通貨が資源にリンク(それぞれ中東と自国)していることにより、この2年強くなっています。更にこれらの国は物価上昇継続中ですので、レート変動に加え、インフレ率分、日本円が「地盤沈下」しているのです。

この>実効為替レート<を見る限り2006/8と同じレベルなのは、実は1985年10月までさかのぼります。また、この数値を見ると、小泉政権の5年間で、円は30%実質的に切り下がったことになります。簡単な話で、日本の低金利政策により日本からお金が逃げているということです。これをなぜとり続けるかと言えば、日本の公債発行額がその理由です。実際にはそれまで積み上げてきた1985~1995年の円の価値上昇を、この5年でその3/4を失わせたのです。

更にアメリカの景気減速で、日本より長期金利が3%程高いアメリカの金利が低下していることにより、日本も政策的に金利上昇に向かい始めたにも関わらず市場金利が上昇しないのは、単純に公債発行額がマイナス評価になっており、その結果今のペースでは毎年5%の円の切り下げと同じことになります。

このペースが続けば数~10年後には日本は、賃金での国際競争力を「取り戻す」という皮肉な結果になりますが、それはさておき、日本円で預けておくのは危険性が高いことが理解できるかと思います。

またこの政策が続く以上、日本で円ベースで融資を受け、他国通貨で物価上昇率程度の利回りがあれば(極論すれば、定期預金に入れておくだけで)、利ザヤが稼げる状況であり、それがよりこの国の通貨価値を低落させる可能性があるということです。(中・長期的に見た場合です。短期変動は念頭に置いていません)

いずれにせよ、この種の兆候を、ニュースで広く解説できないこの国のメディア(と興味がない国民)というのは、経済戦争の敗戦の責任も「知らなかった」「個人では何も出来なかった」と逃げるつもりなのか、と考えざるを得ないと感じます。

2006/09/17

Permalink 12:37:10, カテゴリ: Mas Musica  

Public Image Limited "Rise" (1986)

先日、朝電車に乗っていると、頭を駆け抜けた曲。その日一日これ。こういう頭は困ったものだなぁ…と思うのだけども。

でもまあ、こう言った反抗心とか反発心から来るエネルギーってのが最近の特に邦楽にはかけていて、ポジティブ・シンキングなんて言うけど、実際にはこの国の「体制に巻かれろ」的で、小さいことで喜べなんて曲が上位に並ぶと、これら何らかの情報統制か?と皮肉ってしまう。

まあ、「反発心」なんてのもその時代のマーケティングに依るところなんだけれども、その中でせめぎ合うモノもあろうから、同じとは言えないように思うのだけれど。

見かけのキレイさだけが重視されるのはゴメンだね、小生は。


I could be wrong I could be right
I could be wrong I could be right
I could be wrong I could be right
I could be black I could be white
I could be black I could be white
I could be white I could be black
Your time has come your second skin
The cost so high the gain so low
Walk through the valley
The written word is a lie

May the road rise with you
May the road rise with you
May the road rise with you

I could be wrong I could be right
I could be wrong I could be right
I could be black I could be white
I could be right I could be wrong
I could be black I could be white

They put a hot wire to my head
Cos of the things I did and said
And made these feelings go away
Model citizen in every way

Anger is an energy
Anger is an energy
Anger is an energy
Anger is an energy
Anger is an energy
Anger is an energy

I could be wrong I could be right
I could be wrong I could be right
I could be wrong I could be right
I could be black I could be white
I could be right I could be wrong
I could be black I could be white

Your time has come your second skin
Cost so high the gain so low
Walk through the valley
The written word is a lie

I could be wrong I could be right
Could be wrong -
They put a hot wire to my head
Cos of the things I did and said
A model citizen in every way
Your time has come your second skin
Cost so high the gain so low

Anger is an energy
Anger is an energy
Anger is an energy
Anger is an energy
Anger is an energy
Anger is an energy
Anger is an energy
Anger is an energy

I could be wrong I could be right
I could be wrong I could be right
I could be wrong I could be right
I could be black I could be white
I could be right I could be wrong
I could be black I could be white

Your time has come your second skin
Cost so high the gain so low
Walk through the valley
The written word is a lie

I could be wrong I could be right
Could be wrong -
The put a hot wire to my head
Cos of the things I did and said
A model citizen in every way
Your time has come your second skin
Cost so high the gain so low

Anger is an energy
Anger is an energy

Link - >YouTube

Permalink 02:29:08, カテゴリ: Cash, Credit or Debit?  

ダイナース・プレミアム:インビテーション発行時点で入会承認?(plus...)

どうやら、そのようらしい。

事態が飲み込めたのは、「クラブ・イン・クラブ」という一般カード会員には有償のクラブがあるのだけれど、冗談でオンラインから申込書を入手しようとしたときのこと。

なんと、何回やっても、その申込みを「受付けてくれない」。
何故か。
その中の1つにも入っていない自分には容易に想像がつきました。
プレミアムカードメンバーは「無償で入会」であるため、申込書が不要なのだからではないかと。

どうも入会申込書の発行についてはそのようです。
インビテーションが出た時点(申込書受理前)でこの状況ですから。

そう言えば以前、基準年齢以下で申込書を送ってきたSMBCは、やはり年齢で蹴ってきました(SMBCはその傾向が未だにあるようです)けれど、随時の与信管理時に驚くんでしょうね。それまで年数百万決済されていたカードが、月3~4万になって、どうしたのかと思えば、転職1ヶ月で「黒いカード」が発行されていて、そちらに使用額が移っていることもすぐに判断できる。

考える余裕があれば、思うところもあるでしょうが、まあ実際には機械的にone of themで判断されてしまうんですから、まあ、面白くない世の中です。

結局、どんなクレジットを持とうとも、自分(またはそれを通した会社)の懐にお辞儀するだけで、自分自身にお辞儀してくれる訳がないのは判ってるんですけどね。

皮肉の意味と、やはり高い会費を払う以上、メリットが或るカードでないと、と言うわけです。何の条件も無く国内出張での移動に関する障害に一律1億円付くというのと、それ以上にダブルポイントで付くであろう、おまけの年4~5万マイルですね。皮肉だけれども、それは事実ですから。"worth-to-pay or not worth-to-pay." これこそ唯一無二のものであると。無料コンパニオンチケットなんて、アメリカじゃ普通の代理店が正規料金購入で当たり前のようにやってくれるサービスですよ。それで得したかのように誤解する。それもどうかと。

そう誤解をしながら自分の持っているカードが「自分のステータス」の様に表現するサイトはちょっと見苦しい。まあ、知って遊ぶ分にはいいんでしょうが、そのカードがあなた(の財務状況)を表すものじゃない。

知らないということは大きい。

ダイナースとアメックスがステータスが高いと「思われている」のは、アメリカで言う「リボルビング払い」の「クレジットカード」ではなく、「一括払い・金利なし」の「チャージカード」のみを発行していたから。日本じゃ銀行業法で本業外での金利徴収が出来なかったので、VISAもMastercardも「チャージカード」にせざるを得なかっただけのこと。だから日本では「カードブランド」による優劣など存在しない訳で。アメリカは逆にそうだったからこそ、ダイナースとアメックスは「敷居を高く」したのは「貸し倒れが経営要因になるから」でしかない。今やアメリカではアメックスは「クレジットカード」を発行しているし、ダイナースもディスカバー以外の北米での主要ブランドの発行者であるシティの一部門に過ぎない訳で。その結果がMastercardのプレミアム的な位置づけということで。VISA自体もMastercard自体も、自分を「成長」させようと、Gold, Platinum, Titanium, Infinite (World, World Elite)なんて訳の分からないインフレステータスカードを作る。実際実益面でのサービスも良く、それで対等になってきている面も多いように思います。

それを大きく誤解しているに過ぎないし、にも係わらず付いている機能を使わず"not worth-to-pay"カードに大枚をはたく。

そんなバカらしいことはないと思う。サービスを支払っている金額程度/以上に使えれる人が持てばいいだけの話。

それをステータスカードのように「ステレオタイプ」にして見る「レッテル好き」への反抗として、しかも実益を兼ねて、しがない給与所得者がいわゆる「黒いカード」を持つ訳ですね。

そういうことは「プレミアの付いたと言われる」カードを持つ事を考える時に、是非自問自答していただければと思います。だってインビテーションなんて、支払ってくれそうな人に出せばいいだけの話だもの。実際の収益なんて、高額決裁者と、低額でもリボ払い・「現 金での融 資」をきっちり「金利だけ」払い続けてくれる人で成り立っていくんだから。じゃあ会費と言う名の手数料を取った方で得でしょ? 貸し倒れさえなければね。

実際、「現 金での融 資」がクレジット会社の収益の7割程度を占めているんだしねぇと。その状況でカード会社が何を勧めるかと言えば、「リボ専用カード」なのは、インターネット上の広告を見ているだけで明らかでしょう、ね?

事実なんてそんなものですよ。そこでどう泳ぐかは知るか知らないかで大きく違うということ、じゃないかなと思うのです。

#03:41虫取り完了。

Link (own entries) -
>2006/9/15 ダイナース・プレミアム;What a hell....
>2006/9/07 ダイナースの「黒」チャレンジ

2006/09/16

Permalink 23:09:47, カテゴリ: Mike + Mechanics  

Vista RC1→XP Home: ダウングレード。

「投資判断をBuyからOutperformに」…という訳ではないけれど。
Vista RC1から XP Homeに戻ってきました。
理由はいくつかあって…

ATOK2005:インストール直後は動作するが、再起動後はFEPの認識をしない。どーしてかわからない。MS-IME2007はstill sucksだし。

電源コードを引っこ抜いた瞬間にブルースクリーン3度:まさかと思ったら再現した。あーあ。

・とにかくソフトウェア認識が悪い:インストール5度目でようやくちゃんと、ということすらあった。:-/しんどすぎ。

ただいい点が無いわけでもなく

・スリープからの復帰は異常に高速。
・意外と動作がきびきびとしている。
・IE7はVistaのために作られたことがよくわかる。
・W-ZERO3もXP用ドライバでモデムとして認識。xDもXP用でOKなど、デバイスドライバはXP用でも対応できることが多い。(M1210のカメラのみ認識せず)
・英語キーボードをAX105で認識させる(要するに「右Alt」に「漢字キー(かな/英語切替)」割り当てる)regeditの編集は、XPのものを準拠すればVistaでも可能。(Vistaではregedit32.exe)
・要するにハードウェア的な認識が逆に「すばらしい」

ということはあります。
製品版時点なら、Dell自身もデバイスドライバそろえているだろうし、心配はなくなりました。

でも現段階ではその周りに付随したストレスは嫌よと言うわけで。;D
しばしHGSTの5K160(HDD)は外付けとして頑張っていただきます。

@ブロッサムアウトレット。

今日はちびどもに連れてこられた(?)鶴見ブロッサムアウトレット。
ちびどもの目当ては…

これですわ、これ。
内容は自己紹介・軽い実演・司会とのQA・観客とのQA・観客対抗FT。
佐藤(ヒロ)選手、チームで浮いてないか心配です ;D
あと、城宝さん、アピール弱いなぁ、性格だからしようがないけど…。
だからチョモがアピールに表に出ざるを得ないんだよなぁ…。

で、お買い物。
相変わらずのセット。

で、2回目のショーにも今から付き合う訳ですね。:'(

今回の悲しいお知らせ。
Canterbury Of NewZealandにて、Wallabiesジャージ(NZサイズ:XL)を試着。

…肩周りが小さすぎます…XX(
NZサイズでもXXLですか…。

Permalink 09:59:57, カテゴリ: 雑談(Hard)  

日経の視点。

最近の日経の編集方針を見ていると、実は生活者に最も密着している新聞ではないかと感じることがあります。

理由としては、例えばホワイトカラー・エグゼンプションに関連した、労働法の時間外労働に関する記載。現行法での企業の実際の運用は、課長相当以上は管理職であるから、規定労働時間に依存しない労働となり時間外が発生しない、としていますが、関連記事で、厚生労働省の見解は「部長相当以上で、概ね年収1,000万以上」を想定した除外基準となっていることを記載したりしています。いわゆる「担当課長」で直属の部下0~1人なんてもっての他な訳です。

また、今日の一面のトップは「貸金業規制法」。実際に飲酒運転での死者(1,000人強/年)ばかり取り上げる一般紙と異なり、根本的な自殺者(30,000人/年)の要因の一部となっているこの理由をトップに取り上げる方が余程理解できるものです。

余談ですが、飲酒運転問題は偶然警察が取り締り強化を行おうとした矢先に福岡の事故が発生したため、上手く「感情的問題」にすり替えることに成功した、ということと見ています。警察の体制が、問題から数週間で全国的に一斉取り締り実施なんて出来る柔軟性なんてあるとは思えません。万単位の「動員計画」ですからね。

閑話休題。

オウム事件は2番手ながら、社会面のトップでの扱いであり、この国のテロ対策の遅れ(実際に対応したのは2001/"9/11"以降)や、内乱罪の適用回避など、日本の国民性であるとも思われる「自分たちにはそんなことは発生していないし、そのような過去もない」という、北朝鮮の現体制やイスラム系のテロを見る一般人の目を嘲っているかのような論調です。

一般的に日経の視点は財界・現体制寄りと言われていますが、実際にはこのような感じで紙面内でのせめぎ合いもありますし(例えば格差問題)、労働問題に関してはそれが結果的に景気拡大につながるということでもあるのですが労働者寄りで、一般に張られている「レッテル」のいい加減さを感じることああります。

ある意味、この国民が行っている「レッテル張り」という「ステレオタイプ化」に対して危惧を持った記事を掲載している、という点では一貫していると言えるのかも知れません。

2006/09/15

Permalink 14:20:30, カテゴリ: Cash, Credit or Debit?  

ダイナース・プレミアム: "What a hell..."

Oh, what a hell...

こんな収入でもOKなんですね。
恐ろしい。
本当にプレミアムカードなのか少々疑いながら。
なお、年末に付く100万単位の「ダブルポイント」は1,000ポイント(1,000万/年)までだそうです。

All for me, though?
記載必要事項は、現会員番号、氏名、判子または署名、記載日、以上。

…それでは…いってらっしゃい。

<属性>
NWA-DN:2005/11入会 使用額0 :))  キャンペーン入会:年会費0
DN-Normal: 2006/2入会 使用額120万  キャンペーン入会:年会費0
持ち家有、住宅ローン・自動車ローン有、他にSMBC金(250)、DC/JAL金(100/200)、セゾン提携ノーマル(150)、オリコ/Costco(30)、AEON(40?)、DC/MUFG(60)など所有(カッコ内与信)。

年収は大卒・上場企業勤務の標準的ライン。多分そんなもん。金融・広告・メディアとかとは比べないでくださいね…

2006/09/14

出張三昧。

今日決まった今後の出張予定。

9/19 名古屋(泊)→20浜松
9/25 東京→大阪
9/26 浜松→名古屋(泊)→27名古屋(泊)→28熊本(泊)→29長崎→大阪

うーむ。
なんとかバスケットは見に行けるが...
野球の今季最終戦は無理ということに。

まあ、こんなもんですね、生活っていう奴は。

えーとチケット余りますが? :D

Permalink 02:04:24, カテゴリ: Mike + Mechanics  

Windows Vista for XPS M1210.

今日というか昨日、ついにRC1リリースとともに、XPS M1210に Windows Vistaを投入。万一を考えて、HDDにHGSTの垂直記録の160Gを放り込んで、それにクリーンインストール。その結果

スコアは3.4を表示。流石…。
画面はストレスもなく綺麗に表示。まれに突っかかる感も。

<Pros>
・表示は楽しい。
・写真管理は簡単。
・セキュリティは確かに高い。Windows2000のような固い動き。
・Beta2はちょっとあれだったけど、これならいいかも?

<Cons>
・Becky!の未読メール数の表示が一時的に消えることあり。それより上のフォルダを開閉したら表示されるけど。
・LogiCoolのドライバはやはり動かず。でもマイクだけは反応している。
・Office2003がインストールできないのはなぜ? 求む2007β(ライセンスキー有)。それ以前にOpenOfficeは動くのに?

意外とよい感じ。
メモリ2G積んでりゃ、そらね。

2006/09/12

Permalink 18:57:35, カテゴリ: 旅行/飛行機  

新潟紀行。

ということで新潟紀行続き。
このプロジェクトで初めて新潟に来るようになりましたが、驚いたものの一つに「このネーミング」がありました。

バスカードの「買物」。
わかりにくいですよね。
初めは買い物もできるコンバインカードかと思ってしまいました:p。実際には「昼間割引カード」。1000円で1400円分使えます。空港バスにも使えますので、大抵昼から新潟に来る小生には片道だけお得。
でも支払い時の時間で割引時間帯が決まるので要注意。

あと今日に関しては、大阪とは違うなと思ったら。

17:45でこの気温「19℃」でした。
やっと長袖のカッターで過ごし易い気温に:roll:

空港に戻れば戻ったでカウンターで目を引いたのは、大阪では大々的に広告しているANAのSkipサービス。
でもここでは。

ないんだよなぁ:D

小生はJALでICでスルーでございます。

Permalink 14:52:47, カテゴリ: 食いもん/飲みもん  

@新潟:「とんかつ港」

今日は今日とて新潟出張。
新潟といっても、サイトと空港を往復するだけで、間で新潟駅を経由するだけのあまりおもしろくないもの。しかも新潟駅周辺はこれと言ったおもしろい昼食どころが見あたらない。

ので

今日は万代バスセンター前で途中下車。
でもやっぱり意外とないもので。
ちょっと外れにとんかつ屋を見つける。古くさい風体で、14時前というのに、他に3名ほどお客さんがいる。こういう場合外れではない。

とんなつ桜というそのお店。中に入ると昭和40年代にあいた店特有の小さな座敷とカウンターに「四角い椅子」。正直小生のような大柄のような者には座り心地は良くない。でもまあ、それも味の一つ。

頼んだのは「カツ定食」(770円)。注文してから親爺が豚ロース肉を出してくる辺りがもうたまらない。:) 写り込んでいるご飯はもちろん小どんぶりサイズ。この辺りはそれが標準のようだ。3回昼飯を食べて、3回ともそうだったので。

新潟は米どころなのでご飯は普通においしいが、だからと言って飛び抜けてうまいという訳でもない。単純にそこで獲れた米をそこの水で炊けばうまいのだから。そういえばここ数年で一番うまかった米は徳島産の米をガス釜で炊いたのが一番うまかった。たた当然のように虫が発生したのだが。

とは言え、ここでは米が確実に立っていた。というよりこの箸遣いの下手なおっさんが、何の気なしに食べて、どんぶりサイズの茶碗に米粒が残らないのだ。炊き方がいいのか。とんかつはフツーのトンカツ。逆にギミックなし、揚げて即食えというのが潔い、という感じ。あっさりした揚がりで、そういうところに歴史を感じると言うべきか。チェーン店では絶対に出ない、家庭でのうまい奴、ってな感じ。また漬け物が自家製のようで名古屋の山本屋のような品は当然無いが、ああ、自家製だなぁというぬくもりを感じる。塩辛くもなく、ご飯に良い。

と思ってふと辺りを見渡せば、こんな「証書」が目に入る。

「米飯提供業」と「おいしい新潟米提供者」の証書だ。
右の発行日を見ると、昭和53年とある。もう28年も前のことだ。今のように絶対的なブランドでなかった新潟米の頃を思わせる。でも今でも「魚沼」「コシヒカリ」ばかりだけどね。何とかの一つ覚えで。ちなみに「魚沼産コシヒカリ」の米袋とタグがワンセットで数千円で取引されていると言う。何に使うのかは言わずもがな。

それはおいといて。

少なくともこの証書に対する誇りを感じることができる昼食だったことは付け加えたい。雰囲気といい味のある昼食。

2006/09/10

Permalink 18:22:35, カテゴリ: 食いもん/飲みもん  

天五「うまい屋」再建中。

今日、朝潮橋に大阪市立中央体育館の下見に。大体観戦する側が下見をすること自体、ナンセンスに近いのだけど。 :) その足で「たこ焼」を食べようと久々に天五中崎町商店街の「うまい屋」に立ち寄ろうとすると…。

店は無く、鉄骨住宅の基礎がそこにありました。
そこに張り紙が。

火事の類焼により、再建するため来年1月までお休みとのこと。建築確認を見ると2007/1/19までになっていたので、そのころに再開なんでしょうか。どうも下記TB等によると3月13日朝に近隣の店舗兼住宅から延焼したのは間違いなさそう。ということは、半年もきてなかったんだなぁ…。転職とかあったし。

でも再開後は…やっぱり前の時のように20円ばかり値上げかなぁと思ったり ;)

TB - nozopooな毎日(東北人の大阪顛末記)>ちびくろ 炎上  2006/03/24

Permalink 01:13:08, カテゴリ: Mike + Mechanics  

XPS M1210: Dell... still awful services..., again.

先日、XPS M1210の「3つの件」で電話。内容は…

1)公式サポートサイトのドライバのリンク切れの修正依頼。
2)WLAN接続、音量変更毎にBIOSのBeep音が鳴る。
3)フロントの音量ボタンが反応するが増減・オンオフできない。

1)は1時間で無事修正。

2)ですが…2時間かかった上、Windowsのシステムサウンドを切っているとデフォルトで発生する問題であることを確認。

DELL曰く「BIOSの問題なんでどうしようもありません(仕様です)」

-修正予定はありませんか?要望は出せませんか?
「要望は出しますが、修正するかどうかは分かりません」

-要するにシステム音を切らなきゃいけない状況で、標準インストールされているSkypeを使いたいような用途を想定していない訳ですか?
「…」

-大体「努力する」というなら分かるが、基本的に対応しないような回答はどうか?
「…」

3)に至っては…サポートのマシンで「再現性がありませんので、対処のしようがありません」

ええとね。

要するにTV CMのように「プリンタのつなぎ方」のような基本的なことしかサポートしない訳ですかね?

初心者が増えたから満足度が下がったような事を仰っておられる責任者さんがいらっしゃいましたけど、中級者でも対応ができないなら、レジストリまで見て対応できるようなユーザでないと、満足度は得られないんじゃないですか?

…いや、それならサポート自体不要だと思うけど…

Live Connect入れるから見てくれます?と聞いても拒否るだけだし。何のためにそんなもんサポートサイトに載せてるんだか。「やってるフリ」だけということで。

多分Vista入れれば反応するんだろうけど、3)の問題は。
実際同様の問題があったLatitude D600では、Vistaβ2クリーンインストールだけで解決したもんなぁ。

まあ、デルのサポートなんてそんなもんですね。ホント。

2006/09/09

Permalink 00:29:01, カテゴリ: スポーツ(野球)  

B 2-5 F: No chemistry will be found on final 3 gms at "Home" (9/8)

このチームが神戸を専用球場として使用するシーズン、残り3試合。なのに相変わらず覇気を感じない試合。

むしろMICHAELの疲れが見える投球など、ファイターズの今後を心配してしまう内容。相変わらずF戦は見に来ると小笠原大活躍で。本当のこのチームの軸は彼なのに、取り上げないメディアは悪いよなぁ。

試合終了後3塁側A指定で4個の風船を膨らませた方が。どうも小笠原にちなんでいるらしい…。
詳細は知りませんけどね。

5回終了時にネッピーとリプシーが、昨年まで「ロデオレース」で使用していた「ロディ」にまたがって登場。ある意味この球場での「歴史を振り返るイベント」になってしまったわけで。速いのでリプシーに猿ぐつわ目隠しをされて競争する羽目に。

こういうところと、今年限りで解雇といわれていながら活躍中のガルシアと、今年で「天然芝を求めてFA移籍してくれた、今年で4年契約終了の」村松の活躍を見る、というのはやるせない。

ほんと、やるせない。

>

月がとっても綺麗なのは、なごりなのか、何なのか。
監督の続投が伝えられる度に負けが込み、今期限りの報道が出る度に勝ちが多くなるこのチームに求められているものは何なのか。

現場にいると見えない、言えないなのか。
ね、>「閑話休題」<の球場長さん。

♪ Oh, blame it on midnight.
Ooh, shame on the moon..... (Bob Seger "Shame On The Moon" 1983)

# FM Cocoloの80's Rock/Pop 特集を聞きながら帰宅しました。

2006/09/07

Permalink 16:17:39, カテゴリ: Cash, Credit or Debit?  

ダイナースの「黒」チャレンジ

今日、颯爽とシティカードに電話。
審査の上10日以内に回答のこと。
アプリケーションフォームが届けばOK。

…お楽しみに;)

転職1月余で通ったら爆笑なんですが…

2006/09/06

Permalink 11:42:38, カテゴリ: 雑談(Hard)  

やっぱり男の子。

今朝、秋篠宮家に長男が誕生し、とりあえず皇位継承問題は棚上げに。

…というより、妊娠のあるところから皇位継承問題が話題にならなくなりましたよね?

要するに事前に「わかっていた」ということ。
だからその情報が当然のように内閣中枢には伝えられていてしかるべき。だから30年はその問題を「棚上げ」するだろう、誰も火中の栗は拾いたくないから。

だから与党総裁選でそれを公約にあげた「1人」は内部情報がないということを露呈してしまったとも言える。

ただ現状の国会全体の意識は、皇族の女性はある意味「機械」と考えられているということでもあるから、早急に手を付けるべき。具体的には不敬ととらえられかねないので言わないけど。

皇室は大事だからこそ、今手を付けないとダメだと思うんだけどね。

2006/09/05

Permalink 10:15:33, カテゴリ: スポーツ(野球)  

NPBプレーオフと野球の変化。

テレビ人気低迷と、一部のチームの上位独占がくだらないことに気づき始めたのか、ようやくプレーオフの完全実施が決定。要点は

・シーズン優勝が「リーグ優勝」
・プレーオフは「日本シリーズ出場権取得トーナメント」
・リーグ1回戦(2位×3位)は3試合、2回戦(1位×勝者)は5試合制
・詳細は追って詰める。1位アドバンテージはおそらく有(なら「4試合制だろう」という指摘をすべきか?)

まあ、一番解せないのは「シーズン優勝」=「リーグ優勝」ということだろう。1位アドバンテージを付けるならなおのこと。そういうルールで試合をするのであれば、それに合わせたチームが優勝なのは当然のことじゃないかな?

あと、リーグで3位が5割を切っても、プレーオフ・シリーズを制すれば日本一というのが解せないというのであれば、それはおかど違いだと思う。一種興行的とも言えるけど、シーズンで独走優勝しても意味がなくなるのだ、ということで、「何ができるか」ということだ。

それは、ロードゲームでの若手の大胆起用を上位チームに可能にする、ということだ。ホームゲームではそのチームを楽しみに見に来てもらうことが第一なので、一番いい選手を起用して勝率を上げることを第一に考えるべきだと思うが、ロードゲームでは首位のチームがある程度若手を育てるための起用をしても余裕があると考えることができる。つまりトーナメントな「プレーオフ」とあくまでも1年を通した「シーズン」との違いを認識する必要がある、ということだ。

ただそれが日本人的なメンタリティ、どういうときでも全力プレーを求めることとは相反するが、選手の育成という点からは当然起こるべきことだと思う。逆にそうすることによって、ある程度の差をもって1位のチームは更に厚い選手育成が可能になるのだから、デメリットばかりではないだろう。

でも、ドラフト改革や、せっかく鳴り物入りで始まった交流戦を、未だにG戦目当てで2/3に削減するとはどういうことだ?と思うだけど。

パリーグいらないなら、リーグ優勝なんてやめて「セントラル・ディビジョン」と「パシフィック・ディビジョン」に改訂し、襷がけプレーオフ(両地区1位と優勝チームを除く全体での勝率上位4チームが参加)システムにした方がいいんじゃないか?と思うのだけど。

具体的には「全体4位×全体1位」、「全体3位×全体2位」で1回戦。
勝者の全体順位が低い方が優勝チームの勝率の高いチームと対戦、あとそれ以外の対戦。勝者同士が日本シリーズ。それで良くないかと。

ならセのチームが権益なくなるから嫌っていうんだろうな。
それが球界の最大の問題だってことに気づかないのかな?

それ以上に選手会がおとなしいのが、一番解せない。
要するに合併騒動の際、「職場が減る」ことに反対しただけなのか?君たちは、と感じてしまうのだよね。

Permalink 00:17:24, カテゴリ: スポーツ(バスケット/bj)  

東京アパッチ、東尾修氏を社長に。

観客動員数で全チームで最低、演出も混迷したbjリーグ「東京アパッチ」の監督に、NPB・ライオンズ元監督の東尾修氏が就任することになった様子。>ニッカン< 11日にも公式会見とのこと。余波(と思われる)で米軍チームと予定されていたプレシーズンゲームがキャンセルされました。

bjリーグと言えばインボイスの支援を受けていることでも知られており、その流れでテコ入れをすることが昨年12月頃より決まっており、更には運営会社「東京バスケットボール・プロモーション」の住所は実はbjリーグ自体の住所と同じということになっております。

アパッチ自体が「政治的色彩の強いチーム」であり、また決勝が有明(アパッチの本拠)となったことも合点が行く次第です。

既にアパッチのサイトの「挨拶」から、前社長の山田氏の名前と写真は削除されており、本文は残っていること、また今期のシーズンチケット、日程表の記載すら公式ページに未だに記載されていないなど、混乱している様が明確に分かります。まあ、シーズン終了前から来季の年間チケット告知をしていた「大阪のチーム」とは大違いな訳です。

本気でやる気を見せるなら、一気にサイトの模様替え、演出変更などを行わないとつらいだろうな、というのは明確に分かります。そこに東尾さんがどのように絡むのか、お飾りなのか、注目すべき今期の「東京」となりそうです。

そしてそれは来年新規参入希望チームがスポンサー探しに難航していることと併せて、リーグの行方も示してしまうのかも知れません。

#00:43 追記

大分ヒートデビルズの>公式サイト<が更新忘れのため、ロックされているようです。
ここも心配ですね…。

2006/09/04

Permalink 23:43:17, カテゴリ: Jobs/ Life's rich pagent  

領収書と英語。

先日の某ホテルの領収書。
領収印を押していると領収書と兼ねる旨の記載があります。
しかし…

"Payable By Credit Card"...これって領収印でしょうか。
「クレジットカードで支払い可」という意味にしか見えないのですけど。

実は小生の仕事は、担当業務上の書類でこのようなものが発行された場合、この判子が領収印として使用されていることを確認したことを、書面上に残すような仕事をしております。具体的には書きませんが。

まあ、向いているっていえば、向いているのかな?

ちなみにこの業界、監査の際に外国人が来ると、当局は急に追求が緩くなると言います。要するに通訳が適切に翻訳した証左が取れないから。

本質的ではない対応結構この業界内にもあるんです。
情けない話といえば情けない話ですが。

2006/09/03

Permalink 19:03:33, カテゴリ: 政治・経済  

安倍晋三と憲法。

このところの無理からな自民党総裁選の盛り上げ方と、その雪崩による急速な注目の冷え方に笑いがこみ上げてしまうのだけど、昨日のCX「すぽると」などで、わざわざ最後のまとめを「あべしんぞう」と順に一文字ずつ使って流してしまっているさまに、みかけ上の政治的中立すら放棄したフジサンケイグループの放送免許剥奪を考えた方がいいんじゃないの?という感情が込み上げたり。

まあ、それはともかく、改憲当然、靖国参拝当然といいながら、小泉的な無責任発言もミックスされ、よりばかばかしさを増した感がある。「戦前、超絶人気の首相の後、阿呆がなったために一気にこの国の自由が失われた」と大阪の(保守的な)トーク番組でタレントに述べさせながら、その流れになんの竿を刺さない(在阪)テレビ局どもを見ていると、この国は戦前と同じで、間違った方向に進んでしまっても自分たちの免責を主張する…ある意味事象事象で文句を言う中国人的なセンスの方がましじゃないか、とも思ってしまう今日この頃。文句を言っていれば免責というのは欧米人には理解しやすいからね。

そんな中で下のようなエントリーを発見。
アメリカが作った憲法というのであれば、おそらく後2年発布が遅れていれば、こんな憲法にはならなかっただろうということもあわせれば、やはり太田光というおっさんはたいした感性の持ち主だと思う。決まり切ったように「押しつけられた」、というなら、それをまた「押しつけた国」の都合で「新憲法」を押しつけないでいただきたいとも思う。

TB 花・髪切と思考の浮游空間 >安倍晋三と「爆笑問題」太田光の落差

「美しい国」というのは結構だが、誰にとっての美しい国を求めているのか。それは簡単なことだと思う。それを「美しい」と誤解させるような偏った教育はゴメンだ。「それ」さえあれば「美しい国」と言うのであれば、この国は進歩を止めるつもりだろう。何度も言うがこの国は「プエルト・リコ」ではない。事実上はそんなもんだが。英語教育をしないのも、ボーダレス化に伴う国籍の自由な移動をされては困るからだろうと穿った見方すらしてしまう。

♪ Devo "It's a beautiful world" >YouTube

いずれにせよ、国民の多くはこの国を本当にこんな「困った人」にまかせてしまっていいと思っているのだろうか。舛添氏は(不適当な人だが流れにまかせるしかない状況なので)参院選敗北後にかけるような自民党にとって不適切発言を繰り返しているけども、敗北しないのであれば一巻の終わりであることも、当然気がついているのだろうか、彼は。

しかし、一連の「反安倍キャンペーン」が美爾依さん発とは存知ませんで。Doblogではお世話になりました…。え、参加しないのかって? そんなの小生のポリシー、このBlogごらんになっていればお分かりでしょう?

#21:15 虫取り

Permalink 13:57:54, カテゴリ: 雑談(Hard)  

外国人犯罪が増えていると言うが…

よくある国粋論なのか、正しい評価なのか。

外国人犯罪が増えていることが、今日のよみうりテレビの番組などでも触れているけども。外国人犯罪の検挙件数が4万件/年というけれど、実際に日本にいる日本人とそれ以外の比率で言えばどうなのか。

実は日本での刑法犯の検挙件数は平成14年までの数年はおよそ140万件で推移している。ところが実はこの内80万件は交通事故などの業務上過失致死・致傷であるということも忘れてはいけないと思う。外国人犯罪を語る前には、こういった事象もあるのだということも覚えていて欲しい。

また、在留外国人の数がどれだけあるか。実は平成14年末(2002年)時点で180万人。これは在留登録をしている人だけで、観光客・オーバーステイの外国人を含まないのだけれど、既に日本にいる人の内、約70人に1人は外国人であり、平成元年(1989年)末の約2倍になっているという事実は覚えておかなければならないと思う。また、在日韓国・朝鮮人(60万前後で推移)もこれに含むので、その他の外国籍の方は単純に言えばこの13年で30万から120万に4倍増していると言える。

平成14年末の外国人犯罪検挙件数は2万7千件ほどだから、実際には人数比では若干多い程度。また不法入国者は24万人という政府統計があることから、目立って多い(2倍とか言う意味で)訳ではない。

むしろ注視すべきは特定の犯罪集団であったり、人種的な認識の違いによる触法行為だろう。後者は彼らの認識を改める必要があるが、この国と彼らの国の風習(国境自体の概念の違い)などをある程度分析すべきだと思う。それを外国人全体や特定の国籍人の問題として混同させようとしていることが問題だと思う。

それは日本でも同じことでしょ?と。
「また**か」のようなステレオタイプが本質をうっちゃっている。
うっちゃりたい理由があるんでしょうが :roll:

問題は、グローバリズムを求めるアメリカにコミットしている以上、この国は国際化から免れることはなく、まだ他から見ると豊かなこの国に仕事を求める人がいる。ただある意味合法的な入国をどの程度許し、非合法なものを厳しく取り締まる、そのことすら出来ていない外務省の問題がもっとも大きいように感じてしまう。やはり不法入国者に残念ながら(当該法律以外に)不法行為に及んでしまうのは、就労制限などから当然のことなのだろうし、彼らを搾取して不法労働させる日本人が多くいることも覚えておかなければならないと思う。

それができなければ、この国はいつまでも取り残されるということだろうと感じるのだけども。
出来ることもせず、人に責任を押しつけることは、誰にでもできるが、それには「背景がある」ことを多くの人を気づいていない。要するに為政側の内政責任の回避にある、ということを。

Permalink 03:01:59, カテゴリ: 食いもん/飲みもん  

「ねぎ焼」、商標登録。

昨日、だらだら寝ていると、気がつけば14時。昼飯も食っていない。ちびどもに聞くと、たこ焼かお好み焼が食べたいという。

んじゃあ、ということで、わざわざ梅田まで出ることに。
ちび連れでは十三の店には行けないし、ピーク時間もはずれるので、エストの「やまもと」へ。

嫁はカリカリなのがいいからと「豚ねぎ」。小生は「すじ」。定番ですね。

後ろの集団はどうも東京方面からのようで「並んでいるので入ったら、大阪恐るべし」という結論だったよう。東京は食文化が…だからね。:)

ところで水入りのグラスを見ると…

イラストの横はともかく、ねぎ焼の文字の横にも「R」が記載されている。ん?いつの間に?

調べてみると…

< 平成6年に「ねぎ焼」(ねぎ入りお好み焼)で商標登録取得

< 平成17年にイラスト自体付きで「ねぎ焼」(ねぎ入りお好み焼きのもと)で商標登録取得。

という経緯のよう。
まあ、「はがくれ」の騒動もあったので仕方ないかな、とは思いますけどね。なにせ世知辛い世の中ですな。

他の「ねぎ焼」は商標侵害ということですからねぇ。

Permalink 02:43:36, カテゴリ: Mike + Mechanics  

iPod ディスカウント進行中。

今日コストコ(コスコ, Costco Wholesale)に嫁のメガネ(ちなみにミニマルX、レンズ(CL7)、加工料込で24,000円弱)を作りに行くと、こんなものが。

iPodが山積み。
ちなみに価格はこんな感じ。

・Nano MA099/0004J/A BLK/WHT 2GB 19,800円
・With Video 30GB MA146/002J/A BLK/WHT 32,000円
・With Video 60GB MA147/003J/A BLK/WHT 43,580円

Nanoの4GBの価格は不明。
いわゆる現金屋系で、各19,000、31,000、40,000円程度なので、実店舗としてはいい価格かな。

と思っていたら、どうも9/12に発表会があるらしい。多分モデルチェンジ。あとEUで出たiPodとiTunesのリンクに対する違法判決の影響対策もされるのかな?

それに現地時間昨日、オーストラリアでは有名3店のオンラインショップで現行機種7割引の one-day saleがあったらしい。

んなら、もっと安く売ってよ、コスコさん。
調べてみると、日本でも一部の店舗でMA147を17,800円程度で数量限定で売っていたようだけど…マイナーなところで。

…ん? 私?
音楽は「頭の中で鳴るもの」だから、プレーヤーは要らんよ。

Permalink 02:30:35, カテゴリ: 旅行/飛行機  

名古屋紀行。

結局何をしたわけでもないのだけど、名古屋で3日出張の間に気づいたこと、したこと。

やたら喫茶店に入っていた気が。よく考えると、名古屋ではこれまであまりまともに喫茶店に行ったことがなかったので(だからダメだという話も)。

ユーザーさんに聞いて、メジャーなチェーン、コメダ珈琲店で定番の…

「シロノワール」を女の子(但し課員、仕事の話しかせず)と「1人1個」。
要するに大きいデニッシュのソフトクリーム添え。シロップ付。

シロップかけたおかげで、おなかは空いていないのに「もたれる」。
アイスコーヒーもデフォルトで「シロップ入り」。
かき氷まで、ソフトクリームと小倉が「デフォルト」。
名古屋らしい光景。

ちなみに、ユーザーさんのフォロー。
「1人1個食べるものじゃないですよ」
分かりました…。

小倉トーストも食べました。おいしいですけど、炭水化物に加え、糖分と脂肪分の攻撃。まあ小豆で繊維質はあると言っても…カロリーは高そうです。

ふらふら歩いていると、沖縄料理店の壁面がすごい。

コーミソースの看板と同じ景色に入っているところも感動的。いかにも名古屋的。
こんなに堂々と他の地域では書かないだろうなぁ。

あと、名門恐るべし。

トイレットペーパーまで校章入りですか…。

Permalink 01:33:43, カテゴリ: Mike + Mechanics  

Vistaβ2 for Latitude D600.

今日、試しにWindows Vistaβ2を、Dell Latitude D600(Pen-M 2G, 1G, PM945, 80GHDD)に「投入」してみました。理由はおととい、名古屋のCompuMartで CoreDuo 1.66G, 1Gの富士通のノートにインストールされているのを見て、意外によさそうだったので。ただ、ソフトウェアとの相性が不明だったので、それも確かめたくて。

当然のようにVideoRAMが64Mしかないので、自動でAeroをオフにしてきました。まあ起動・終了に倍程度時間がかかるけど、IE7の表示は速いし、問題はない…訳でもなく。

単純にBecky!の表示がおかしくなって、カラムを開いた後の表示がおかしく、背景の色もちょっとおかしい。文字表示の背景は白、それ以外は灰のような感じ。あと、もっと問題なのはログオンの時パスワードで蹴られる。これはちょっと困ったなぁと。

メーラーですら動かないとなると、"Ripperware" なんて絶対に動かないだろうなぁと。
これはねぇ。
あとちょっとしたことでもセキュリティの関係でOKを選択しないと作業ができないってのも。

メモリは45%前後、CPUはIEを1つ開いて30%台の使用率。メモリ食い過ぎてないかな? それにHDDが使用中ずっと「ぬくい」のも気になる。音量ボタンを自動認識したのは驚いたけど(DELLの場合、XPではアプリケーション対応)。

ちょっと放置気分ですね。

なお休止状態には、IN:15秒、OUT:40秒、サスペンドにはIN:10秒、OUT:10秒程度かかっていました。

2006/09/02

Permalink 01:37:38, カテゴリ: スポーツ(バスケット/bj)  

韓国サムスン、松下と練習試合。

bjリーグ・大阪エヴェッサと9/25に試合を行う韓国・サムスンサンダースですが、どうも松下改めパナソニック・スーパーカンガルーズに練習試合の申し入れをしたようです。

日程は決定しており、9/20(水)16:00~(未定), 22(金)16:00~(松下記念)
どうも無料らしい。
興味がある方は見に行くと良い?

詳細はスーパーカンガルーズ公式掲示板>リンク<参照(8/11の記事)。

2006/09/01

Permalink 10:22:52, カテゴリ: Jobs/ Life's rich pagent  

懸案とりあえず払拭。

とりあえず3日間の出張中@名古屋。

2日目の会議でとりあえず社内的な問題は、ある程度払拭できたかなと安堵感から眠くなる。でも眠れないので、ホテルにあるランドリーで洗濯しても眠くならず、結局2時位に就寝。でもまあ、昨日よりまし。これで起床が6時となるのは少々の精神的な不安定感からだろうし。今日は逆に脱力感があったくらい。

駅前西口ラーメンで夕食をすませる。とんこつなのではずれがあるやもと思っていたら、意外にも良好。ただ麺が九州風の細麺でないので少々違和感。まあ、そのおかげで麺が多めであるので文句を一方的に言うべきではないだろう。でも2階からどんぶりが降りてくるってのはねぇ、ちょっと妙な感じ。

1泊目は名鉄ニューグランド。
そこそこ良いホテルであるけど、居住性という点では古くささを感じてしまう。結構広いけど。

2泊目はロイネットホテル名古屋。
ベッドも大きいし、風呂もでかい。ホテルのサイトから予約しないとメリットはあまりないかな。頻繁に利用する人は会員になった方が良い。10泊で1泊無料だから個人的に使うのも良い。仕事机の椅子も気持ちいい。ということは小柄な人だとでかすぎるかな。

今日は午後から仕事だけど、こうしてLANで仕事できるシステムにしてくれていると、非常に助かる。ゲートウェイサービスに感謝。プライベートPCでもOKなのでね。チェックアウトも11時だし。

今日やっとこ帰ります…。

:: 次のページ >>

9月 2006
 < 現在 > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Blog @ Wolfy on the road.

2008/7/15を以て、wolfy.usに移転しました

内容によって、Side A - Side Bに分けています。2006/5 -2008/7/15のエントリーがご覧いただけます。両方ご覧になりたい方は当所をご登録ください。

bjリーグ・バスケット関係は2007/8より移転(スピンオフ)しています。→>evess.net<まで

携帯用URLは>こちら

メールでのお問い合わせ、ご連絡は>ここ<に掲載しております。トラックバック希望、コメント不受理で掲載希望の場合も内容を上記アドレスまでお送りください。このメールアドレスへのメールについては個人情報の保護を行いますが、「非公開」と明示されない限り、当方にハンドル名およびメール内容の取扱等権利を全て委託したものとします。>取扱規程

なお、コメントにはメールアドレスが必要です。コメントからフォームによるメール機能が付加されましたが、現在はスキンを固定しているため機能は利用できません。サイト上にはメールアドレスは表示されません。

本BlogではTB・コメントは契約です。著作権の2次利用を除く使用権・編集権の一切をご提供いただき、 代償として個人情報の保護を行います。但し広告に類する行為(1/3以上が広告・誘引である)と当方が判断した場合は、 広告費用に対する債務、調査権の行使に同意したものと見なします。

推奨フォントは「メイリオKE Pゴシック」ないし「UIゴシック」です。Googleで探してみてください…

検索

過去ログ

いろいろ

このブログの配信

XML What is this?

powered by
b2evolution