カテゴリ: スポーツ(他)

2006/12/17

マーク・キューバン「スポーツ番組はHDDレコーダーキラーコンテンツとして重要」

NBAのボールが人工皮革「クラリーノ」製から、わずか4ヶ月で従来の天然皮革製に戻されることが発表されたときに、旧来のボールと現在のボールを研究期間に比べさせたNBAダラスのオーナー、マーク・キューバン氏のブログ>blog marverick<を見ていて、このような記載があったのが目にとまりました。

「スポーツ中継はTiVoキラーである」

TiVoというのは、日本で言うCS放送・ケーブルTVチューナーとHDDレコーダーが一体型になったもので、月額のサービス料を支払う必要があるのですが、これも日本で言うEPG(電子番組表)からの視聴・録画予約が可能で、CM飛ばし視聴に繋がっている側面があります。日本ではこれがDVD/HDDレコーダーということになるわけです。

要するにドラマ等であれば録画してみても問題はないし、CMは実際見るとき邪魔なのでスキップすれば良い。じゃあ、スポーツはどうかと言えば、ライブであり、リアルタイムでスキップしたら、CM明けのプレーを見逃す可能性がある。だからCMスキップはしにくい。そういう側面からスポーツのTV放映権料が高くなっているということであります。同じ視聴率でも「見られる可能性が高くなる」訳ですから。

ところが、日本でのスポーツ放映権料はサッカー日本代表はともかく、野球は低下傾向です。それはなぜかと言えば、日本の野球(主にG戦)中継の視聴率が低下していることと、それ以上に野球の試合に「ドラマ性」を感じず、特定の選手に偏った結果だけへの注視、試合に関連のないゲスト、「ファン」の結果のみへの固執という問題がある。

要するにスポーツをドラマとして視聴できない、ストーリー性を感じない一時の視聴率に固執した中継の双方がスポーツの放映権料を下げる結果になっているように思われます。そしてアナウンサー・解説の基本的中継解説技術不足もそれに輪をかけているのでしょう。絶叫型中継なんてのは典型ですから。

中継のパッケージングをチームなりリーグが行って、それを感じる事が出来れば、CMのコストパフォーマンスが良くなり、広告費用も高く取れ、放映権料が上がる、なんてスパイラルに出来ないものかな、とアメリカの事情を少々羨ましく思ってしまいました。

2006/11/06

プロスポーツの世界でも米は「日本から中国」へシフト。

bjリーグが開幕した先の週末。よく考えると昔は日本でNBAの公式戦が2年に1回位やってたけど、前は何年だったっけ?と考えてみたところ、もう既に3年前の出来事に。

過去の日本開催は

1990/11 Utah Jazz v. Phoenix Suns
1992/11 Seattle Supersonics v. Houston Rockets
1994/11 L.A. Clippers v. Portland Trailbrazers
1996/11 Orlando Magic v. New Jersey Nets
1999/11 Sacramento Kings v. Minnesota Timberwolves
2003/11 Seattle Supersonics v. L.A. Clippers
(90 横浜、92ー99 東京ドーム、03 さいたま)

…最後がさいたまスーパーアリーナなんですよね。

で、2007年はNFLもアジアで開催されたプレシーズンゲームは日本のみだったのですが、来年は中国開催を今年8月に明言。欧州・北米を除けばオーストラリアで1回だけ開催しているのですが…

こちらは実に12試合も行われていたんですよね。

1989 L.A. Rams v. S.F. 49ers
1990 Denver Broncos v. Seattle Seahawks
1991 Miami Dolphins v. L.A. Raiders
1992 Houston Oilers v. Dallas Cowboys
1993 New Orleans Saints v. Philladelphia Eagles
1994 Minnesota Vikings v. Kansas City Chiefs
1995 Denver Broncos v. S.F. 49ers
1996 San Diego Chargers v. Pittsburgh Steelers
1998 Green Bay Packers v. Kansas City Chiefs
2000 Atlanta Falcons v. Dallas Cowboys
2002 Washington Redskins v. S.F. 49ers
2003 Tampa Bay Buccaneers v. New York Jets
(2002のみ大阪ドーム、他は東京ドーム)

もう3年も開催がない、ということですね。
ちなみにNHLも北米以外での公式戦3試合は日本でした。
こちらは中国開催の話は…ないですね。

1997/10 Vancouver Canucks v. Anaheim Mighty Ducks
1998/10 Calgary Flames v. San Jose Sharks
2000/10 Nashville Predators v. Pittsburgh Penguins
(97/98 代々木、00 さいたま)

これもさいたまで終わっている…なんかさいたまって意外に鬼門なんでしょうか。

年々開催頻度が減少し、MLB公式戦ですら、今後行われるかどうか。これは日本の経済力の低下を示しているとしか言い様がなく、また中国開催になるスポーツが増えていること自体、アジアでの日本の位置低下を示している… 通貨価値が5年で30%目減りして、かつデフレが5年単位で見ると継続している… この国の事情を表しています。無論招聘できたきっかけは「バブル」であった訳ですが。

5年後、もっと縁遠い存在となり、中国に見に行く日本人が出始めるのかもしれませんね。

2006/10/09

Permalink 21:41:00, カテゴリ: スポーツ(他)  

WBC世界ライトフライ暫定:嘉陽、王座逃す。

113-114, 111-116, 111-116。 0-3。

暫定王者のワンディ・シンワンチャー(タイ)が前日計量で制限の48.9kgに達せず、なんと50.1kgで王座を剥奪された世界戦。しかも嘉陽宗嗣(同級9位)を押すばかり具志堅さんは亀田興毅のタイトル奪取戦前に批判したばかりに、協栄から破門同然になり、協栄と親しいTBSではなく、今回の王座戦はなんとフジ系列、しかもCSの「フジテレビ721」での生中継になるという不幸。

しかし、1クラスフルに体重差があるのにグローブハンデが無いというのはどういうものか、という気がしたけど用意していなかったのかな。

嘉陽は十分にセンスは感じたし、亀田興毅より良かったように思うのだけど、やはりこれも少々促成栽培にしてしまったように感じた。ワンツーは良いのだけど、ボディ打ちが足りないし、ジャブも不足気味。手数自体(ワンツーを主体に)多いのだけども、少し単調。

それが7Rのダウンに繋がったとも言えるし、序盤のスロースタートもダウン以降の(10Rを除く)良さがあっただけにもったいない。相手のスキルもあっただけに、この枠での放送であったことと合わせて残念。

というか「ハンカチ王子」のような本質的でない部分がないと見てもらえない日本のスポーツの状況というのが、既に腐っているようにも。それは日本人の興行としてのスポーツの楽しみ方にも繋がるのだけどもね…。

2006/08/03

Permalink 01:03:47, カテゴリ: スポーツ(他)  

ランダエダ-亀田 スコアカード

スコアカードが確認されました。
下の「+1」は亀田の10-9、「-1」はランダエダの10-9を示しています。

※「パディ」はパディージャ氏の略

パディ  タロン  金光洙 

 -2   -2   -2
 -1   +1   +1
 +1   +1    0
 -1   -1   +1
 -1   +1   +1
 +1   +1   +1
    
 +1   +1   -1
 -1   +1   +1
 +1   -1   -1
 +1   +1   +1
 -1   -1   -1
 -1   -1   +1

112-115 114-113 115-113

2006/08/02

Permalink 23:14:51, カテゴリ: スポーツ(他)  

新王者 亀田興毅:WBAと協栄ジム

今日のWBA世界ライトフライ(ジュニアフライ)級王者決定戦で、2位亀田興毅が1位ファン・ランダエダ(ベネズエラ)を2-1の判定で下し、新チャンピオンになりました。

でも、その時聞こえてきた歓声は「えー!」というものでした。

小生は9R以降しか見ていないのですが、亀田のパンチの出方は弱く、ランダエダは楽にガードを下げてもボクシングができていました。この4Rだけを見ても、良くて37-39、悪ければ36-40、もしかすると35-40という内容でした。11Rには亀田の足が揃ってしまっていましたし。

ただ、11Rを見ながら、悪い予感がしていたのです。知っている人は知っている、WBAと日本の関係、そしてWBAと協栄ジムの関係。

今日本タイトルを取ってすぐ世界ランクに乗せてくれるのはWBAだけという状況です。それは過去に日本がWBAに貢献をしたから。過去WBA(本部:ベネズエラ)からWBC(本部:メキシコ)、IBF(本部:アメリカ)、WBO(本部:プエルトリコ)が分裂しても、WBCを当初無視し、IBF・WBOが分裂成立しても加盟しなかったことに恩義を感じているのです。

逆にWBCは今もっとも世界で権力があり、プロボクシング総本山ともいえるアメリカ中心のIBF、カリブを中心にしコロンビア・英国・デンマーク・豪州で勢力のあるWBOという状況を考えれば、下手をするとWBAは3番手か4番手のタイトルで有るわけです。

更にはWBAは協栄ジムとの親密さが強いことでも知られています。なぜ渡嘉敷勝男がマデラと直接のリターンマッチを3度も繰り返すことができたか(結果的にこれが軽量級でのWBAの権威を落としたのですが)。ちなみにその前のチャンピオンに具志堅さんがいた訳です。ある意味、その恩恵を受けたものだとも言えます。ただ言えるのは、具志堅さんは確実に強いチャンピオンでした。

また鬼塚もタイトル(ジュニア・バンタム=現スーパーフライ級)を取っていますが、これも「マッチメークの妙」でした。過去には来馬英二郎に日本フェザー級王者を奪われ、チャンスがなくなったと思われたワールドスポーツ所属の杉谷満が、結果的に世界タイトルに挑戦したときも協栄に移籍してからのことでした。

これを考えた時に、「疑惑の判定」をイメージしてしまい、その通りの結末になってしまった訳です。TBSも編集に苦労したように思われました。(2-1:112-115、115-113、114-113)

いずれにせよ、高視聴率のために何でもした結果が「これ」では、またボクシングは「プロレスだ」と思われてしまう可能性が大きくなってしまった訳です。これを甘受する新チャンピオンに、少々呆れてしまったのが正直なところです。まあ、まだ19歳な訳ですが…。

スコアシートを見た後に今一度考えたいと思いますが、これではまともな挑戦者は挑んでこないし、高額なオファーにつられてやってくる2線級・3線級挑戦者を相手に連勝するという絵すら描けてしまいます。いわゆる相手にその後数試合の興行権を与えて挑戦する「オプション」は、決定戦ですのであり得ないと思いますので、余計そうなりそうな気がします。禍根を残してしまったのは事実でしょう。

世界統括団体の経緯についてはWikipediaで「ボクシング」を検索いただくと参考になるでしょう。

#23:45追記

毎日新聞によると以下の通り。

<亀田興毅>中継のTBS、視聴者からの電話殺到
WBA世界ライトフライ級王座決定戦「亀田興毅対フアン・ランダエタ」戦を2日午後7時半から約2時間半、生中継したTBSには放送直後から視聴者からの電話が殺到し、電話がかかりにくい状態が続いた。
電話の大半は判定への抗議とみられる。放送を見た男性ファンは「亀田には勝ってほしかったけど、試合の結果に納得できない。この怒りをどこにぶつけたらいいのか」と憤っていた。
TBSは「視聴者からの問い合わせの内容については、正確に集計していないので言えない」としている。

だいたい、ランキングから言えば「ランダエダ対亀田」なのに、何をまちがっとるんだろう。TBSも毎日新聞も。

<< 前のページ ::

12月 2018
<< <     
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Blog @ Wolfy on the road.

2008/7/15を以て、wolfy.usに移転しました

内容によって、Side A - Side Bに分けています。2006/5 -2008/7/15のエントリーがご覧いただけます。両方ご覧になりたい方は当所をご登録ください。

bjリーグ・バスケット関係は2007/8より移転(スピンオフ)しています。→>evess.net<まで

携帯用URLは>こちら

メールでのお問い合わせ、ご連絡は>ここ<に掲載しております。トラックバック希望、コメント不受理で掲載希望の場合も内容を上記アドレスまでお送りください。このメールアドレスへのメールについては個人情報の保護を行いますが、「非公開」と明示されない限り、当方にハンドル名およびメール内容の取扱等権利を全て委託したものとします。>取扱規程

なお、コメントにはメールアドレスが必要です。コメントからフォームによるメール機能が付加されましたが、現在はスキンを固定しているため機能は利用できません。サイト上にはメールアドレスは表示されません。

本BlogではTB・コメントは契約です。著作権の2次利用を除く使用権・編集権の一切をご提供いただき、 代償として個人情報の保護を行います。但し広告に類する行為(1/3以上が広告・誘引である)と当方が判断した場合は、 広告費用に対する債務、調査権の行使に同意したものと見なします。

推奨フォントは「メイリオKE Pゴシック」ないし「UIゴシック」です。Googleで探してみてください…

検索

過去ログ

いろいろ

このブログの配信

XML What is this?

powered by
b2evolution