カテゴリ: スポーツ(他)

2008/01/25

過程省略、結果を求めることが招く物。

ある意味、今の日本で先に起こり、アメリカが今抱えている経済問題とヨーロッパの経済的活況の違い。7,000億円の詐欺があっても700億の黒字を出すフランスの銀行。

超短期取引に終始して見かけの取引量を上げている国と、コモンセンスのある国。
その中でもいざとなると超緊急的な大型経済対策を打つ国と、問題がないと言うためにルールを曲解する国と。

曲解しても誰も泣かないのであればいいんじゃないかと思うのだけど、逆だからね。
誰のために何をするのかという基本を見つめることが欠けている。

スポーツでも同じこと。
最近はバスケットを見ているけれど、サッカーもJリーグブームが代表ブームに変わったとは言え、今度のボスニア・ヘルツェゴビナ戦は12,000枚まだ売れ残っているんだそう。でも巨額のスポンサーで協会は大黒字。まだ現実が見えていないスポンサーもあるのだろうか。

ワールドカップに出るのが当たり前になると、せめて予選から楽しめばいいとばかりに過程を楽しむのを放棄する。そういう構造なんだろうか。過程がドラマなのに、オチの瞬間だけ見ればいいというザッピングぶり。これが(マスで見た)日本人がスポーツの本質を知らないという根幹の問題。

そして世界レベルになければ馬鹿にするけど、自分たちの「ふところ」=「選手たち」は自分の「経済状況」=「スポーツ観」そのものである、と考えて見ればどうだろうか。つまり「ふところを気にせずサラ金で借りたらいいや」ってのに、「世界に比べたらまだまだ」っていう見方は相似するんだろうと。

「チャンピオンズリーグと比べたら」「MLBと比べたら」… etc.,

身の丈を知って身の丈を高めるってことはないのかな。
そしてカーリングを忘れ、ハンドボールも、でしょうかね。

2007/09/03

Permalink 15:47:59, カテゴリ: スポーツ(他)  

世界陸上:運営のまずさとホスピタリティ。

これはもうどうしようもない話だけど、世界陸上@大阪の運営の話。
かなり酷かったようだ。

うちの家族が行ったそうだけど、まずゴールド席なんて作り、専用入り口なんて作ったおかげで導線がめちゃくちゃ。大会本部が後でその導線を削除するかも判らないので、保全のために、本サイトにそれを持ってきた(0903wg.pdf)けれども、JR鶴ヶ丘、JR/地下鉄長居の2駅のどちらからの最短距離アクセスができるのは、これらゴールドシートの観客のみ。それでも長居からは庭球場と臨南寺の間を抜けないと行けないという格好。

また入場券には北ゲートと南ゲートの区別があったそうな。金属探知機などの検査があるから入場自体に1時間程度かかるのはやむなしとは言え、事前に入場券チェックするなどという想像も働かないので、違うゲートに並んだら、セキュリティの手前にきてようやく「違う入り口から入ってください」と言われ、結局2回×1時間を入場に費やした、なんていう。

それも係員にそのゲートに誤誘導されたというのだからたまらない。

pdfファイルを見るだけで、如何にこの導線が、3万人を入場させるのに適していないか、ということを想像させるのだけど、なんで逆に言えば公園全体をセキュリティエリアとして中で自由に動くことを可能とさせたりという措置が取れなかったのか?

恐らく男子50キロ競歩の誤誘導とおなじで、まず制限区域ありき、運営側の都合ありきで、観客のことを全く考えなかったからというのは想像に易い。

唯一観客本位の入場口だったのは、鶴ヶ丘からの北ゲート指定のみと言って良く、遊休している市バスなどを無料でそのゲート前まで特別運行させるとか、そのような配慮もなく、事前説明も十分ではなかった。

入場券の販売も積極的でなかったのは、かなり以前に書いたとおり。この母は町内会での事前購入を「1人しか申し込みがなかったから」と断られた経緯の持ち主だ。

そこで機転が効けば、北からでも南からでも入場させることは問題なかった筈なのに、全くそれが行われなかった。しかも終了後の退出は、一カ所しか使わせなかったというから呆れる。

本当にフルハウスにするつもりなどなかったのだろうし、その時にセレッソの運営に聞けば、大阪ダービーとか、優勝を逃した試合などで、そのような導線が適切だったかは聞くことができただろうにと思う。あの観客席の状況で混乱したというから、フルハウスだったらどうなったのか?考えるだけでおぞましい。

せっかくの施設を使える運営を考えなかった市と組織委員会。市の組織のように膠着した対応しかできないのであれば、もう大きな国際大会など呼ばない方がいいと思われても仕方がないのではないか。

想像ができない、機転が利かない、ないないづくしで、ある意味日本社会の縮図でもある。

決算報告が恐ろしい。

あと、「67億の1位」とか訳分からんテロップ出してたキー局。
少なくとも男子・女子の区分があるから「67億人中の1位」じゃないから。
それに単純に優勝・誰々ってテロップ出せばいいとこなのに。

あれ、誰が考えたんだろうね。

リテラシーがその局に無いことを明確にした気分。

2007/09/02

Permalink 23:51:32, カテゴリ: スポーツ(他)  

世界陸上:日本の成績はこんなものだろうけど…。

世界陸上が終わりました。

日本の公式のメダルは女子マラソンの1個(男子マラソン団体の金と、女子のそれの銅はマラソンの「ワールドカップ」も兼ねるため、世界選手権とは別個)。

個人的には、最近の陸上が変にメダルを獲得したりしていたので、勘違いする人が多かったけど、地元開催とは言え、そんなに日本の陸上が強かったか?と言えば、そうじゃないんじゃないかな?

ただ、数人の選手が足を攣り(つり)で失敗・棄権という光景を見ていると、基本的な知識が日本代表のトレーナー陣・陸連で共有できているのかな、と感じずにはおれなかった。というのも、完全に電解質の調節不足、特に水分とカリウムのバランスで、これらの攣りは発生しやすいから。

緊張していつもと違う筋肉を使うというのも攣りの原因になるけども、これらトップレベルの選手には考えにくく、しかも大会途中の28日になってから、選手団の控え室に塩が置かれたという。でもこれは「ナトリウム」で水分補給の助けにしかならない訳で、勿論攣りの根本的対策ではないということ。

それをすぐに対応できる人もいなかったのかな、と言うことを考えたときに、そのスポーツの環境問題を感じずにはおれない。日本の陸上界の置かれている環境を見れば、そんなに「メダルの期待」をする程、優れた環境にいる人は限られていると言える。「失業保険で出場する選手」なんてのも実際にいたように、スポンサーが少ない選手も多い。

スポーツの選択肢が増えたからとも言えるのかもしれないけど、陸上だけじゃなくってゴルフだって、サントリーオープンすら、サントリー撤退で無くなる様な状況だ。ちなみに男子ゴルフは、今年JPGA公認の試合が24しかない。

サポートしてくれる人や企業が無くって、都合良くメダルだけ獲れなんて言う権利はないと思う。

2007/04/11

Permalink 07:24:18, カテゴリ: スポーツ(他)  

NHL: 地域限定のチケット販売ができる訳。

NHLも先の日曜でレギュラーシーズンが終了して、スタンレーカップ・プレーオフがスタート。概ねチケットの売れ行きも良いようです。

一時期は不人気チームになっていたピッツバーグ・ペンギンズが、昨年の全体ドラフト1位、シドニー・クロスビーをチームの中心に据えて上手く機能。1999-2000シーズン以来のプレーオフ進出を果たしました。

そのチケット発売に関して、独占的に行っている Ticketmasterの販売ページを見ること、ごらんのような注意書きが…。

「地域のペンギンズファンのために、販売地域を限定します。ピッツバーグ近郊地域、北部ウエストバージニア、東部オハイオの方のみに販売します」

どうやって判別するかと言えば、「クレジットカードの請求住所」でとのことで、それ以外の場合キャンセルし、返金処理とのこと。なんでそんなことが出来るのかと言えば、アメリカでは自分自身がオンラインで購入したか確認するために、請求先住所を販売者が確認することが可能で、例えばオンライン購入をするときに、入力した請求先住所と実際のものが同じか照会して、違う場合は手続きが進まないことがあります。結構それがネックで日本のクレジットカードで購入できないサイトが北米に結構あるんですよね…。

日本でも、例えば大阪のチケットセンターに関東の特定地域からの電話が繋がりやすいなどということもあって、結構その地域で発券されたチケットが金券屋に並ぶことがあります。オンライン・フラウドを避けるという意味と、居住地制限をかけるために、郵便番号・電話番号の市外局番位の照会ができてもいいのになぁと思います。

また、以前からここをごらんの方には繰り返しになりますが、アメリカのチケット・アウトレットの場合、全ての決済処理を予約時に行う必要があるので、チームが追加でチケットを提供しない限り、追加販売はありません。つまり「発券期限」がないのです。強制発券。

そろそろ特定イベントについてはそういう方向に行けばいいのになあと思います。

2007/02/27

観客席で声を出すには。

なかなか盛り上がりに欠けた、空間の大きな大阪市中央体育館。やはり歓声が散ってしまうので、声の出し方というのはなかなかに難しいです。特にアウェイゲームでは集団でいても、声は出ないもの。だってbjの場合はPA(音響)でリード取ってくれるのを声でやらなきゃならないんですから。サッカーにしたって同じこと。それに、日本人ですから、はじめは恥ずかしがって声なんて出っこないじゃないですか。どう恥ずかしくない状況にするか、ってのは、他の人が声だしてるかどうか。だから声が出てないって言う前に、あなたが観客として声を出さないと、誰も出さないよ、って話です。

アメリカの観客席の雰囲気の良さ(東海岸はそうじゃないところも多いですけど^_^;)ってのは、場をわきまえて声を出す、つまり試合に参加するって意識があるかどうかだと思います。観戦じゃなくて、ってのは今年度のNPBのタイガースのファンクラブですよね。

この辺は野球の応援団は一日の長があります。応援団の功罪というのは後に譲るとして、大体彼らの配置というのはこういう具合です。

①の位置で声を出す人もいますが、あまり大きな声ではないです。主に声は始めのリードだけ、あとはテンポを取るための「手振り」のみです。その理由は声の広がりが低い位置ではあまりないため。

声を出す人は②の位置に行きます。サッカーで屋根付きの競技場なら、あえて屋根に反射させることをねらって、屋根付近に声出しの方が集まります。その方が幅も広く、奥行きも確保できるから。最近は楽器があるので声自体は野球では目立ちにくくなっていますが、こういう感じでリードを取っているケースが多いように思います。

声を届かせるにも一定の法則性があるってことですよね。

ただ、応援団の問題ってのは、大昔は観客席のもめ事を調整してくれるということを期待して、球団が便益を与えていたように見えたのですが、現在は事実上の既得権益団体で、観客ともめ事を起こすケースもまま見受けられます。Jリーグはそうでもないですが、一部チームでは観客席の雰囲気を悪くしているようなことも(私には)見えます。

実際、bjでも特にアウェイではそうなって来るのかも知れませんが、集団に紛れて何かをしようという者をどう排除するかという点で、逆に集団化しない、というオプションがあるのかな、と考えています。集団化すれば「標的」にもなりやすいということもありますし。また、応援団化すれば、それはそれで窓口化して、多様な「業務」が発生することになることもあります。誰かの犠牲が必要になる、というのも少々馬鹿馬鹿しい話だと思います。

気楽に見るにはソフトフォーマットがいいけれど、じゃあ声が出ないというなら、自発的に一人でも行える方法論があるよ、ということを思いつくままに書いてみた限りです。

2007/02/18

日経:bjを中心に「地方スポーツ」経済記事。

今日の日経29面「ファミリー経済」欄に、bjリーグを始め、地方スポーツに注目が集まっている理由についての記事があります。日経はその理由について、ネットワーク中継番組ではない地方局「自主制作」に重きを置いて伝えています。

総務省自体が各テレビ局に、自分の局の制作する番組の放送時間に対する比率を低くならないように(概ね10%)指導しているとのことです。これは放送法の地域住民の要望に答えるという理念に反しないように、ということもあると言うわけです。実際、テレビ局は首都圏や関西圏のような特殊なケースを除き、県域別に放送免許が下りているのもこれが理由です。

(参考:ロケーションフリーなどを設置して、どこでも地方局を見ることができるようにするサービスを行う企業が、各テレビ局から訴訟されようとしているのは、これに反するから、というのがテレビ局側の論理でもあります)

そうなると、単なるニュースとしては弱いので、スポーツを、ということのようです。ある意味、地元のものを流しておけばいいっていうのは、高校の履修問題で「やったことにすればいい」的な、実際には会社などでも良くあることの延長で、ちょっとネガティブな対応ではあるのですがね。

今後、地上波のデジタル化によって、よりこれら地方スポーツの比率が上がる可能性があることも指摘しています。それは放送設備のほぼ全更新が必要であり、そのためには多額の資本が必要で、そうなると制作費の安いスポーツに流れる可能性が高い、ということ…。

ん?アメリカとは事情がかなり異なるようですね。

アメリカでは以前エントリーに書いたことがあるのですが、ケーブルテレビの細分化と、TiVoのようなHDDビデオレコーダーの影響で、CMが飛ばされにくいスポーツの広告価値が他の番組より上がっているので、放映権料が高騰しているのですが…。こっちはポジティブで。

まあ、理由は違うのですが、地域スポーツが注目されるというのは良いことだと思います。ただ、もう少し好循環になればなぁとは思いますけどね。 ;)

# 13:50 追記

記事の大きな写真を用意しました。
500kb

2007/01/27

Permalink 11:12:05, カテゴリ: 旅行/飛行機, スポーツ(他)  

沖縄でNHL生中継…

TVを点けると…

なんで暑いとこでホッケーなのかはさておき…
楽しんで見ております>Buffalo @ Columbus

Fox Sports Netそのまま流してるのね>American Forces Network Prime...

2007/01/03

Permalink 09:35:08, カテゴリ: スポーツ(他)  

Dallent Williams (Den.-CB) 1982-2007

NFLで12/31、デンバー・ブロンコスは13-0から延長の末大逆転負け(23-26)し、勝てば得ることの出来たプレーオフ出場権を逃しました。

その夜、年越しパーティーに出かけた2選手がリムジンに乗っている最中、横にいた車から14発の銃撃を受け、その内1名が死亡するという事件が起きました。死亡したのは2005年のドラフト2位、ダレン・ウィリアムス選手。当初はスペシャルチームの強化にとのチーム構想だったそうですが、今年は正CBとして活躍していました。

さて、この事件を巡る議論の中で、一部にこのようなものがありました。NFL、NBAの選手はドレスコードで銃の携帯を認めていないことが被害を受けた原因、というものです。

デンバー自体は他の街と比較して、所得や治安別で完全に分かれるということが少ない街ということで、このような事件に巻き込まれる可能性が高いということがあるということから出ているのですが、何とも言えない気持ちにさせられます。また、コメントで銃規制に関する記載があった後、「あほ呼ばわり」するコメントが付いていると言う点も気になりました。

一種、核武装や防衛に関する議論に似ているような気がするのですが、アメリカという国の考え方と、それに於ける犠牲が絶えないのだろうなと感じずにはおれません。

2006/12/21

Permalink 23:05:45, カテゴリ: スポーツ(他)  

昨日の試合を「凡戦」と言った理由。

昨日の亀田興毅×ランダエタ戦Ⅱを見て「凡戦」と言いましたが、メディアは良い試合と語っていました。

確かにアウトボックス出来た、という一点に関しては良い試合だったのかも知れません。でもロングレンジからのストレートは単発。チャンスがあっても2発目・3発目が出てこない。

これでは日本の普通の世界王者と変わらないし、そのためにそんな大口とか虚勢を見たい訳じゃないんですよ。

なんだか本当に彼らの虚勢が、辰吉丈一郎にダブって見えてしまう。辰吉は自分を追い込むために虚勢を張ったのですが、タイトルを獲得したグレグ・リチャードソン戦は本当にすごい試合でした。計らずも明後日bjリーグ・大阪エヴェッサが試合をする守口市民体育館で行われた試合。そうですね…あの時私はSAメインレフト4列目に相当する席で見ていました。1万円払ってね。

打ち合う辰吉は、相手のパンチを上手くよけ、高度な技術を見せつけてくれたように思います。ただ、ガードではなくスウェイなどでパンチをよけるので、少しづつ当たるパンチにダメージが蓄積し、段々と試合内容が悪くなっていきました。でもそのたびに虚勢を張り、アンチが増えていきました。

亀田興毅もそんな感じですね。しかもタイトル獲得試合だったのが問題。2戦の視聴率は30%前後だったようですけど、前よりは10ポイントダウンですしね。統一戦を行うのは人気回復もあるのでしょうが、そうしないと関心が引けない状況だとも言えます。

今回の試合後のインタビューでは少々悪びれながらも、勝ったことを喜び、1戦が「ぶさいくな試合」と正直な感想を述べた、そういう生の彼を見ることができれば、もっと可愛く思われて愛されるのでしょうが、それをしないだろうし、出来ないであろうことが不憫でなりません。

2006/12/20

Permalink 20:52:16, カテゴリ: スポーツ(他)  

WBA Lフライ:亀田興毅×ランダエタ2戦、リアルタイム観戦記

現在名古屋に着いたところです。

さて、今日はTVを見ながら移動したのですが、弟の試合はあきらかにミスマッチでしたね。相手は開始早々大毅のホールドしながらのフックに早くも戦意喪失。その結果1R31秒で膝を付きましたので。

さて、本戦。WBA世界ライトフライ級タイトル戦です。1戦の判定もあったので、リアルタイムで書いて行こうと思います。

1R
序盤はアウトボックス気味。1分過ぎに亀田が相手がバッティング気味であることをアピール2度程あったのが見苦しい。1分半で単発のフックがランダエタの頬に。終盤は打ち合い気味になったが微妙。
WBCルール的にはランダエタ(9-10)でこれを指示するが、オフィシャルは亀田であろう(10-9)もしくはドロー。
10-9, 9-10, 9-10 (カイズ、オコナーズ、クリストドーロー 以下同じ)

2R
このラウンドも静かな立ち上がり。ランダエタのジャブに近づいての亀田のフック・ボディだが、序盤はわずかにランダエタ。亀田は中盤からストレートが単発で当たる。しかし動くものの手数が少ない。ランダエタの近いフックが弱い。亀田はこれで中盤若干の優勢か。終盤ランダエタと亀田相打ちもTVは亀田のパンチを取るが、イーブンか若干レイトヒットしたランダエタの方が相手に効いているだろう。
個人的にはジェネラルシップを取りランダエタ(9-10, 18-20)だがイーブンでもおかしくない。ただオフィシャルは亀田だろう(10-9, 20-18)
10-9(20-18), 10-9(19-19), 10-9(19-19)

3R
序盤からランダエタもこの試合はジャブが少ない。近づいたところで、小さいストレート・ジャブが良い亀田。ランダエタが大きなフックをふるうが空振り、その後のフックに力がないのは調整失敗気味か。近接した亀田のパンチが優勢だが、近づいて亀田も相手の小さなストレートを貰うのは不用意か。終盤はロングの肩関節の柔らかいランダエタのパンチが良い。
個人的には序盤・中盤を制した亀田(10-9, 28-29)だが、ただWBAということを考えると終盤のパンチの効果からランダエタをオフィシャルは取りそう(9-10, 29-28)
10-9(30-27), 9-10(28-29), 9-10(28-29)

4R
亀田は大きいパンチをふるうが、細かいランダエタのパンチが序盤を制する。とはいえ決定的なものはなし。中盤に入るとランダエタがは入ってきたところを回りこんでいいストレート。終盤は亀田のストレートが1発軽く入ったところで、近づくが、ランダエタもロングフックで応戦。亀田も返して終了。
個人的、公式もこのラウンドは亀田であろう(10-9 個人38-38, 公式予測39-37)
10-9(40-36), 9-10(37-39), 10-9(38-38)

5R
このラウンドはきっちりジャブをふるうランダエタだが近づいての亀田のパンチの処理が悪い。亀田がジャブをふるう局面もあるが、3連発程度で終了。中盤からロングのストレート、フックがランダエタを捕らえる局面が目立つ。しかし単発。ランダエタの距離感が終盤近づくが、亀田も打ち合わずボックス。終盤も亀田の左が当たる。
個人的、公式予測共亀田(10-9、個人48-47, 公式予測49-46)
10-9(50-45), 10-9(47-48), 10-9(48-47)

6R
序盤始めてジャブ、ワンツーを自ら放つ亀田。しかし続かない。合間に出る軽いパンチが亀田に当たる。亀田のジャブはグラブでカバーされるが、その後のボディ、ストレートがヒット。しかしここも勝負所ではないからか、フォローがない。終盤ランダエタがワンツー、ロングジャブを打つがヒットが軽い。しかし丹念にジャブを振るう。亀田はフックが当たる。パンチ自体は亀田が強打であるが、ランダエタがリングを使っている印象で、今回も判定が難しい。
個人、公式とも亀田と見る。(10-9 個人58-56, 公式予測59-55)
10-9(60-54), 10-10(57-58), 10-9(58-56)

7R
このラウンドはランダエタのジャブが軽くこつこつ当たる。亀田は大きい単発のみ。途中若干ラッシュ気味になるが、ランダエタが上手くガードし、最後に軽く1発のヒットのみで乗り切る。ある意味、六車-バスケス戦のような感じか。終盤も接近戦になるとランダエタボディーアッパーからフックが当たるが重くはない。12R制でこれが蓄積するのかは疑問。
とはいえ、ジェネラルシップを取って個人・公式共ランダエタと見る。(9-10 個人67-66、公式68-65)
10-9(70-63), 10-9(67-67), 10-9(68-65)

8R
亀田ジャブが目立つがランダエタ上手くガード。序盤はシングルのストレート・フックが1発ずつ目立ったくらい(亀田)。中盤近接してのボディアッパー・フック合戦があるが目立った攻防にはならず。頭で押し込んでストレートを連打するが、効果的ではない。終盤は攻防もあまりなく、ランダエタのジャブを打っているのは好感的に見える程度。
個人的にはWBCルール的になるので、中盤を除いて制したランダエタ(9-10、76-76)、ただ公式は亀田か(10-9、78-74)
10-9(80-72), 10-9(77-76), 10-9(78-74)

9R
序盤も間だった打ち合いはなく、これまでの典型的なランダエタジャブから来る展開。中盤接近するがパンチの交換のみという感じ。終盤ランダエタのジャブが目立つが亀田がひっついてのジャブを放つが的確にヒットせずランダエタのボディアッパーが目立つ。
個人・公式予測ともランダエタ(9-10、個人85-86 公式87-84)
しかしTBSは個人採点を出さないね;D
10-9(90-81), 10-9(87-85), 9-10(87-84)

10R
序盤亀田がフックを放つがヒットせず。その後ランダエタが軽いジャブを連続してヒットさせるのが上手い。中盤亀田は左を当て、フック連打はかわされたがボディ連打は数発ヒット。印象はいい。しかし挑発的な無意味な行動が問題。亀田はランダエタを終盤ロープにつめフック・ボディーの連打をするものの、アピール的な意味しかなく、その後のランダエタの軽いストレートをかわした様に見えずもらってしまうのがこれがまた亀田には印象が悪い。
TBSの贔屓中継音声がじゃま。
個人・公式ともジェネラルシップを取ってランダエタ(9-10、個人94-96、公式予測96-94)
10-9(100-90), 10-9(97-94), 10-9(97-93)

11R
序盤から亀田ランダエタを2回ロープに詰め、1回目はいいボディを放ったものの、2回目は単なるショーで残念。ランダエタのジャブのスピードが目に見えて落ち、亀田のフックが中盤当たる。終盤ランダエタはロングボディー中心にパンチを変えるが、亀田上手くロープに追い込みボディ・ボディフックを当てる。
個人・公式予測とも、亀田(10-9、個人104-105、公式予測106-103)
10-9(110-99), 10-9(107-103), 10-9(107-102)

12R
序盤から両者頭を付けるが余り効果的なパンチはなし。ランダエタの手数、亀田の強いパンチの繰り返し。中盤ランダエタが近接のジャブの手数が多くなる。亀田のパンチは時折連打が出るが遊びっぽいものが多い。終盤ようやく亀田がボディにパンチを放つが頭で勝ちあげながらフックを打とうとした際バッティングで減点1。これは大きいか。
個人・公式予測ともランダエタ(8-10 個人112ー115、公式予測114-113)
9-9(119-108), 8-10(115-113), 9-9(116-111)

ドロー(1-0)防衛か。

公式採点 115-113、116-111、119-108 亀田3-0。
119-108はないよ…。

--------------------
今回の試合はミリ差のラウンドが多かったので分かれるラウンドはあるとは思いますが、119-108ってのはWBA・協栄のセットと言え、なんとも言えません。ランダエタは明確に調整失敗でしょう。個人のものはあくまでも個人的見解ですし、若干亀田に厳しい目に付けたことは認めますが、他のブログを見ている限り、あの実況音声に騙されている人が多いなという印象です。

好試合では決して無く、凡戦ですね。結果は119-108を除けば許容できるものでしょうが、WBC王者との統一戦は、「何を用意」してくるんでしょうか。まあ、この119-108を見ただけで、海外のマッチメーカーからは嫌われそうな気がします。写真判定王者ってところでしょうかね。

それ以前にメインスポンサー・KYORAKUにまで撤退されて、有明も5割位の入り。そしてこの試合内容。まあまだ20歳と言えばそれまでなんですが、このスポンサーの状況で統一戦なんかできるのかと疑問ですね。

それともTBSが費用を払うのでしょうかね。

#21:20校了

:: 次のページ >>

11月 2017
<< <     
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Blog @ Wolfy on the road.

2008/7/15を以て、wolfy.usに移転しました

内容によって、Side A - Side Bに分けています。2006/5 -2008/7/15のエントリーがご覧いただけます。両方ご覧になりたい方は当所をご登録ください。

bjリーグ・バスケット関係は2007/8より移転(スピンオフ)しています。→>evess.net<まで

携帯用URLは>こちら

メールでのお問い合わせ、ご連絡は>ここ<に掲載しております。トラックバック希望、コメント不受理で掲載希望の場合も内容を上記アドレスまでお送りください。このメールアドレスへのメールについては個人情報の保護を行いますが、「非公開」と明示されない限り、当方にハンドル名およびメール内容の取扱等権利を全て委託したものとします。>取扱規程

なお、コメントにはメールアドレスが必要です。コメントからフォームによるメール機能が付加されましたが、現在はスキンを固定しているため機能は利用できません。サイト上にはメールアドレスは表示されません。

本BlogではTB・コメントは契約です。著作権の2次利用を除く使用権・編集権の一切をご提供いただき、 代償として個人情報の保護を行います。但し広告に類する行為(1/3以上が広告・誘引である)と当方が判断した場合は、 広告費用に対する債務、調査権の行使に同意したものと見なします。

推奨フォントは「メイリオKE Pゴシック」ないし「UIゴシック」です。Googleで探してみてください…

検索

過去ログ

いろいろ

このブログの配信

XML What is this?

powered by
b2evolution