カテゴリ: スポーツ(野球)

2008/06/11

Permalink 09:59:10, カテゴリ: スポーツ(野球)  

MLB:時差は勝敗に影響を与えるか

アメリカは本土だけで4つの時間帯があり、3時間の時差を持っている国。その中でプレーするということは、移動もその中で日常のようにあるということ。他地区での試合数は同地区より少ないとは言え、そこに有利・不利があるのか、ということについての学会発表がありました。

バーモント州のマーサ・ジェファーソン病院のクリトファー・ウインター博士の発表によると、前日の試合から3時間の移動を行ったチームは同時間帯にいたチームに対して、ホーム・アウェイに関係なく、移動を行ったチームが有意に不利であるとの結論を得たとのことです。

一方のチームが3時間の時差、他方が同時間帯の場合
・過去10年に161試合 移動チームの64勝97敗
 (特に2004年では11試合で 移動チームの1勝10敗)

一方のチームが時差移動、他チームが同時間帯の場合
・過去10年に5046試合中 移動チームが2425勝2621敗
 (勝率.481、P=0.003で有意差)
・移動チームのホーム・ロードに対しては有意差を認めず
・移動チームの3時間の時差経験は、1時間・2時間の場合より差が有意
 (P=0.036)
・西→東の移動をして、時差に対する優位を持ったチーム(勝率.530)は東→西に移動して同様になったチーム(勝率.509)より勝率で上回っていた。

興味のある方は本文(英語)をご覧ください。
http://www.medpagetoday.com/MeetingCoverage/APSS/tb/9777

2008/05/24

Permalink 20:18:38, カテゴリ: スポーツ(野球)  

B: 負の連鎖。

監督辞任後2連敗。
でも、選手のブログをちらちらと見ていると、なんと辞任発表の夜、痛飲している選手が結構いたようだ。

この辺りの感覚は最近他のスポーツを見るようになって、理解できなくなっている。
特にバスケットを見るようになってからの、大阪の外国籍選手を見ていると。

機内で見ていても100%ジュースを飲んで、ソーダ類に手を出さない。
スポーツ選手は「フルタイムアスリート」であるべき。

そういう姿勢の選手達を見ていると、彼ら全員の年俸より高い給与を貰っているそれらの「スポーツ」選手が、そんなレベルの精神構造しか持ち合わせていないことにあきれてしまう。

本質的なスポーツに対する真摯さがないのではないか。
そういう気さえしてしまう。

言い過ぎと言われるかも知れないけど、自分たちの習性を現代的に改めることのできないそういう姿勢が、負の連鎖を産んでいると言っていいんじゃないかと。

2008/05/23

Permalink 10:13:25, カテゴリ: スポーツ(野球)  

B: Mr. Collins, Kiss them goodbye.

一昨日、某チームのコリンズ監督が2コーチを引き連れて退任。
でも主要メディアは、「浜中・カブレラと長距離砲を獲得したのに」と大本営発表。

でもねぇ、このチーム。機動力が売りのチームなんでしたよね。
監督就任の時も走る・守るチームと言っていた。
でも実際には浜中と平野恵一をフロントサイドで勝手にトレードしてしまう。
その平野に逆転長打された試合で、自ら退任を発表する。
これ以上の皮肉はない訳ですよ。

なのに「誰に」気を遣うのか、
質問を一切受け付けず、なんて記事がまかり通る
だって、そういう「補強したのに」という記事書く新聞を誰が信じますか?
誰が話題作りにタレントとの熱愛話を好き好んででっち上げますか?
そんな人達をだれが信じることができるのでしょうか?

単純な話、このチームの弱体化は三輪田氏の自殺以降顕著で、
現場以外からチームの構成にあまりにも関与する「人達」が多すぎる。
まだ彼がいた間はFAで出る選手は活躍せず、トレードも残酷なまでにBに有利にな結果が出ていたけど、最近はどうかと思うようなものばかり。

いくらNPBが読売ー中曽根系の政治の道具の側面があるからと言って、それに追随して本業で利する、なんてのはあまりにもファン無視で。野球さえやってればいいのさ、じゃないでしょうに。

そう、ひさしぶりにチームのサイトを見に行ったら、せっかく球団公式サイトを盛り上げていた、昨年度までの神戸球場長を、大阪シティードームに出向させ、直接球団とは関係を無くさせて、人気コーナーを4月4日で打ち切った。

そういう野球に愛情のある人間を(運営本体に問題があるのをなんとかやり過ごして)頑張っていた人間を、そういう配置展開してしまうこの企業の姿勢。ファンに何を与えたいのかという態度。

それが感じられない。
野球以外のことがあまりにも多すぎる。
外野からですら、こんな声。

広島・ブラウン監督
「オリックスはいろいろ大変だと思う。いつも選手に言っていることだが、自分たちの野球に集中したい」と話した。

引用元:ニッカン
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20080522-363200.html

なのにその当事者だけが分かっていない。
野球じゃないことに精魂を傾けている。
選手にもコーチにも、ましてやファンにとっても不幸なことだと思う。

役割は果たしても(Playing a roll)、プレーをしないチーム運営。
後は吸収合併するのか、されるのか。
そのためにだけに、いるようなチームに成り下がってしまったように思う。

2年契約をしたために、自ら(不利な契約条件で)やめるというまで監督に続けさせるこのチームの姿勢とともに、あきれる他はない。

コリンズさんには、日本の監督業のことは、経歴から消してほしいと思う。
やらされていたのは野球の監督業じゃないから。

2008/01/25

過程省略、結果を求めることが招く物。

ある意味、今の日本で先に起こり、アメリカが今抱えている経済問題とヨーロッパの経済的活況の違い。7,000億円の詐欺があっても700億の黒字を出すフランスの銀行。

超短期取引に終始して見かけの取引量を上げている国と、コモンセンスのある国。
その中でもいざとなると超緊急的な大型経済対策を打つ国と、問題がないと言うためにルールを曲解する国と。

曲解しても誰も泣かないのであればいいんじゃないかと思うのだけど、逆だからね。
誰のために何をするのかという基本を見つめることが欠けている。

スポーツでも同じこと。
最近はバスケットを見ているけれど、サッカーもJリーグブームが代表ブームに変わったとは言え、今度のボスニア・ヘルツェゴビナ戦は12,000枚まだ売れ残っているんだそう。でも巨額のスポンサーで協会は大黒字。まだ現実が見えていないスポンサーもあるのだろうか。

ワールドカップに出るのが当たり前になると、せめて予選から楽しめばいいとばかりに過程を楽しむのを放棄する。そういう構造なんだろうか。過程がドラマなのに、オチの瞬間だけ見ればいいというザッピングぶり。これが(マスで見た)日本人がスポーツの本質を知らないという根幹の問題。

そして世界レベルになければ馬鹿にするけど、自分たちの「ふところ」=「選手たち」は自分の「経済状況」=「スポーツ観」そのものである、と考えて見ればどうだろうか。つまり「ふところを気にせずサラ金で借りたらいいや」ってのに、「世界に比べたらまだまだ」っていう見方は相似するんだろうと。

「チャンピオンズリーグと比べたら」「MLBと比べたら」… etc.,

身の丈を知って身の丈を高めるってことはないのかな。
そしてカーリングを忘れ、ハンドボールも、でしょうかね。

2008/01/07

Permalink 09:00:44, カテゴリ: スポーツ(野球)  

甲子園球場:改修進展状況。

今日は東京出張で、甲子園からバスで空港へ。
仕事初めなのにね。

球場の方を見やると、保護シートが取れている部分があったので近寄ってみる。

まずは三塁側。

実は球場自体、元々は現在のアルプスを除く外野部分から建築されて、アルプスは建築時点ではもっと低い高さしかなく、後に増築されているので、建造物としては別構造のようになっています。その都合、アルプス部分と(旧来の)内野指定席部分との違いが一目瞭然…というより、完全に「新しい壁」じゃないですか。

一塁側を見やると…

それとなく構造が分かる部分がたくさんあります。また外壁の内側に養生シートが張られていることからも想像できる部分があります。典型的なのが下の写真。

旧い外壁が壊された上、新たな外壁が作られていることがわかります。もうおわかりでしょう。「ビフォーアフター」状態な訳です。以前のなんで200億?っていうエントリーでの謎も答えが見えてきます。

要するに旧来の球場を壊す前に、内部で梁と床を作り直した上で、外壁を構築。要するに建築基準法による新築ではなく、改築に収まるような形で、ほぼフル改装。基礎にだけはあまり手を入れない(それほど高さがないので)ということですね。

少なくとも今年春に内野新築部分に入れば、中のコンコースの広さなどで驚くことになるのかも知れませんね。;D

--

一方従前お伝えした西宮球場跡には、ショッピングモールの鉄骨部分が…だけど、柱がこの太さでいいのか…って言う位細いんだけど…。

2007/11/27

Permalink 10:26:44, カテゴリ: スポーツ(野球)  

さようなら、某チーム。

以前記載した>この記事<。
現実のものとなる。
走れる野手を、故障持ちの中距離砲と交換っていっちゃあ失礼かもしらんけど、今の時代の野球を相変わらず飛ぶボールでぶっ潰してくれているNPBを含めて何がしたいのかさっぱりわからん。

もうスカウト陣も劣化したね、としか言えませんね。
浜中で興行収入…としか考えていないのか。
阿呆なオーナーが、パで唯一地域名を冠しないチームとなって一言言ったのが>スポニチ<。

もうね、Tしか野球でいらないってんなら、勝手にTのファームチームになればいいのよ。トップチームがTで、ファームがBとC。本当にこの2つの「ファームチーム」を合併すればいい。合併がいやだとかいいながら、そういう補強で喜ぶファンが多いのだから、本当に矛盾している。

という訳で、オリオンズとのプレーオフ敗退から35シーズン。楽しませてくれてありがとうございました。
小生にとってのプロ野球はこれにて終了でございます。

2007/11/12

Permalink 10:54:42, カテゴリ: スポーツ(野球)  

スポニチ、Tが「エビで鯛釣り」を「鯛で桜エビ釣り」に誤誘導。

最低な自己中心記事・故障持ちの名前だけの選手で、3割30盗塁や2桁勝利投手と取れると思っている根性が気に入らない。阿呆がたくさん喜ぶんだろう。

もう一方の阿呆なチームがこのトレードを画策するようなら、もう野球なんぞ辞めてしまえ。谷×鴨志田のようなトレードは(こちらにはFA対策という意味もあったが)金輪際辞めてくれ。本当にスカウトまで腐ってしまったから、やりかねん。

スポニチはbjリーグのスポンサーさえしてくれればいい。まともな記事も書けないのだから。

 阪神が浜中治外野手(29)をトレードでオリックスに放出する方針を固めた。浜中は11年目の今季、右翼で開幕スタメンを果たしながら打撃不振で4月下旬には定位置をはく奪。2度の2軍落ちなど、結局62試合で打率・193、6本塁打の成績に終わっていた。

 チームでは今季、桜井ら若手選手が台頭。CS第1ステージで敗退した岡田監督は「打力不足と先発投手が課題。補う点はハッキリしている」と補強方針を明言していた。球団では生え抜き選手の放出もやむなしという姿勢でトレード先を模索し、野手補強が懸案のオリックスを相手に絞り込んだ。今季は不振に終わったが、長打力を持つ浜中の打撃は他球団にとっては大きな魅力。さらに、DH制があるパ・リーグなら、手術歴のある右肩の不安も気にならない。協議中の交換要員は先発陣が手薄なことから実績ある川越、さらには野手の平野恵、後藤らが候補とみられる。

 FAでは広島・新井、中日・福留獲りに動く。覇権奪回へ、阪神の出血覚悟の補強は続く。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/11/12/07.html

2007/10/14

Permalink 01:59:17, カテゴリ: スポーツ(野球)  

D 7-0 T: 最初から空回った試合。

いやあ、なんともかんとも。
1回の表のTの2三振という淡泊な攻撃に比べ、1回裏Dは先頭荒木がセカンドゴロ…この処理がまずくエラー。下柳で一番やっちゃいけないプレーが最初に出て、更に直後に二盗。井端一ゴロで一死三塁で森野適時打→ウッズ本塁打で3-0。

下柳というだけで、これで終わった試合。しかもTの打線に工夫がない。D谷繁とT矢野の違い…2~3ストライクの組み立てにバリエーションがあった谷繁と、同じパターンの矢野。しかもいらついている下柳は制球難。力んでコントロールが定まらない。

しかも打つ方も投球数の増えない川上に最初にカットを見せ球数を稼いだのはなんと下柳(7球)、その後赤星も11球を稼ぐが、そんな工夫は奏功しつつあった6回表、ようやく球が前に飛び始め初安打。でも続かず…遅れたツケは「決め出し」の久保田。バントの1死のみで3ランを含む4失点。まあこの回の4点目で試合が完全に決まった感じ。

さらにだらだらとDは投手交代。いやな雰囲気のまま終了。Dの序盤の当たりの割に飛ぶところが良かったことを生かしたとも言えるし、きっちりチームとしてまとまっていた感じ。一方のTは…ばらばら。応援団までペットが中日倒せを言いたいのか「かっとばせ××」を言いたいのか…1回毎に入れ替わるパターンで球場の1/4位のTファンに声を出させず、ファンとチームもばらばらに。最後にようやくまとまって声が出た物の…。

当たり前にいつものことをしたチームが勝ち、何かをしようとしたチームが負けた。これは意識を完全に変えないと、sweepかな、という気が正直したのだけど。

岡田さんは丸坊主になって出てくるとか。
そういう点で落合さんは偉いよね。自分では実はたいしたことないことと思っているような気がするのだけど、ね。

2007/10/13

Permalink 17:39:02, カテゴリ: スポーツ(野球)  

Please don't ask me why...

Oh... don't ask me why :'(

2007/10/05

Permalink 23:17:57, カテゴリ: スポーツ(野球)  

日頃の行いが悪いと…

姉が連れて行けと珍しく言うので、予約したプレリザーブ…。
1口のみで…

あっさり当選。
ダイナースに頼んでる分、どうなるんだろうなぁ… XX(

:: 次のページ >>

5月 2017
<< <     
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blog @ Wolfy on the road.

2008/7/15を以て、wolfy.usに移転しました

内容によって、Side A - Side Bに分けています。2006/5 -2008/7/15のエントリーがご覧いただけます。両方ご覧になりたい方は当所をご登録ください。

bjリーグ・バスケット関係は2007/8より移転(スピンオフ)しています。→>evess.net<まで

携帯用URLは>こちら

メールでのお問い合わせ、ご連絡は>ここ<に掲載しております。トラックバック希望、コメント不受理で掲載希望の場合も内容を上記アドレスまでお送りください。このメールアドレスへのメールについては個人情報の保護を行いますが、「非公開」と明示されない限り、当方にハンドル名およびメール内容の取扱等権利を全て委託したものとします。>取扱規程

なお、コメントにはメールアドレスが必要です。コメントからフォームによるメール機能が付加されましたが、現在はスキンを固定しているため機能は利用できません。サイト上にはメールアドレスは表示されません。

本BlogではTB・コメントは契約です。著作権の2次利用を除く使用権・編集権の一切をご提供いただき、 代償として個人情報の保護を行います。但し広告に類する行為(1/3以上が広告・誘引である)と当方が判断した場合は、 広告費用に対する債務、調査権の行使に同意したものと見なします。

推奨フォントは「メイリオKE Pゴシック」ないし「UIゴシック」です。Googleで探してみてください…

検索

過去ログ

いろいろ

このブログの配信

XML What is this?

powered by
b2evolution