投稿の詳細: 企業の収益改善と、不況の共存してきた訳。

2007/09/28

Permalink 14:54:41, カテゴリ: 政治・経済  

企業の収益改善と、不況の共存してきた訳。

昨日付になるけども、日経Biz Plusに掲載されている、野村総合研究所のクー氏の「>『陰』と『陽』の経済学――日本は15年間どんな不況と戦ってきたのか」(2007/09/27)<は非常に興味深いコラムだと思う。

企業のバランスシート改善と、個々の生活実感上の景気への感覚のずれについて、所得面や格差問題からのアプローチは出尽くした感すらあるけども、このアプローチは少し違う。

企業のバランスシート改善しながら、資産のデフレがなぜ加速したかを明確に記しているように思う。つまり、ゼロ金利下で「借金を返し続ける」ことが資産デフレ・家計所得の減少に拍車をかけた、という論拠である。

世界のどの経済書、ビジネス書を見ても「金利がゼロでも企業は借金を返すべきだ」と書いた本は一冊もない。これは、「企業経営者があまりに無能で、ゼロ金利でもお金の使い方が見つけられない」ということに等しい。「企業は一般の人々より金儲けがうまいから、株主はお金を投資して自分たちの代わりにお金を稼いでもらおう」というのが企業の本質だからだ。

(snip)

 特に98年や2003年には、年間30兆から35兆円もの借金返済が行われた。これは日本の年間GDPの6-7%に相当する。

では「なぜ企業が借金返済をしたら景気が悪くなる」のだろうか?普通の国では、家計部門の貯蓄を証券会社や銀行が仲介して、企業部門が使うことでお金が回っている。例えば家計に1000円の所得があり、そのうち9割に当たる900円を自分で使い、残りの100円を貯金したと仮定しよう。使った900円はそれを受け取った人の所得となって経済の中で回っている。

次に、貯金した100円は銀行などの金融機関に入る。銀行はこのお金を企業に貸し、企業がその借りた100円を使う。そうすると、家計が使った900円と企業が銀行から借りて使った100円の合計1000円が次の人の手に渡る。1000円の所得に対して1000円の支出が生まれて、これで経済が回る。

(snip)

しかし、今の日本は金利をゼロにしてもお金を借りる人がいない状況だ。(snip)そうなると、個人が預けた100円は銀行に滞留してしまう。もともと1000円の所得があったのに、実際は900円しか使われていないわけだ。ということは、次の人たちの所得は1000円ではなくて、900円ということになる。

その人たちが900円のうちやはり9割の810円を自分で使い、残りの90円を貯金したとする。すると、810円は次の人の所得となるが、銀行に来た残りの90円は誰も借りる人がいないので、また銀行のなかで止まってしまう。このプロセスを繰り返していくと、1000円→900円→810円→730円…と瞬く間に所得が減って、経済はデフレスパイラルに陥ってしまう。

経済が悪化すると資産価値が更に下がり、その事実が更に企業を借金返済に駆り立てる。

つまりこのことは、もう一つの不況がこの国に起こる可能性があることを示唆している。それは「国債・公債の償還」に対する不況である。これを金利状況や景気動向を無視して単純に償還することが還って不況を招く可能性があるということだ。

逆に言えば、仮に債務超過であっても残高を増やさないことによって、借り主を増やす…要するに景気・金融情勢を調整できれば、必ずしも債務高は問題にならない…という考え方もできる。ただそれに頼るのはあまりにもリスクが大きいのだけど、そういう考え方もできなくはないということになる。

大事なのはこの国の産業実態であるということは理解に易い。
ただ、それをどうするかという議論があまりにも無く、日本の市場の特殊性ばかりに固執して世界市場を失うことがあってはいけないのだと思う。

そこで政府が何をするのか、というだけども、少なくとも事実上個人資産に相当する金額のキャピタルロスを産んだ政策のミスの主因である自民党が取ってこなかったことだけは指摘しておきたいと思うし、また精算もされていないという事実も提示しておきたいと思う。

この記事へのトラックバック アドレス

http://wolfys.net/htsrv/Illpay$50forad.php?tb_id=879

コメント, トラックバック:

この投稿への コメント/トラックバック はまだありません...

この投稿へのコメントは締め切られています。

4月 2017
<< <     
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Blog @ Wolfy -Side B-

2008/7/15を以て、wolfy.us -重い話-に移転しました

ここでは2006/5 -2008/7/15のエントリーがご覧いただけます。

携帯からご覧になる方は>こちら<(Side B 用URL - 画像なし)

メールでのお問い合わせ、ご連絡は>ここ<に掲載しております。トラックバック希望、コメント不受理で掲載希望の場合も内容を上記アドレスまでお送りください。このメールアドレスへのメールについては個人情報の保護を行いますが、「非公開」と明示されない限り、当方にハンドル名およびメール内容の取扱等権利を全て委託したものとします。>取扱規程

本BlogではTB・コメントは契約です。著作権の2次利用を除く使用権・編集権の一切をご提供いただき、代償として個人情報の保護を行います。但し広告に類する行為(1/3以上が広告・誘引である)と当方が判断した場合は、広告費用に対する債務、調査権の行使に同意したものと見なします。

サイドバーの月別の過去ログ件数表示に誤りがあります。「続き」をクリックしてください。正しいものが表示されます。

推奨フォントは「メイリオKE Pゴシック」ないし「UIゴシック」です。Googleで探してみてください…

検索

カテゴリ

いろいろ

このブログの配信

XML What is this?

powered by
b2evolution